NIKKE×Re:ゼロ

【2021年度最新版】ゲーミングリストレストのおすすめ9選

長時間ゲームをしていると、手首や腕がしびれてきたり、疲れてきたりして、集中力を失うような経験を筆者は経験したことがあります。
リストレストを使えば、疲れや痛みの解消をするだけでなく、集中力を保つことができるのでおすすめです。
ここから、リストレストの使い方や選び方など順を追って解説していきます。

ゲーミングリストレストの基本情報

ここではゲーミングリストレストの基本情報について、以下にそって解説していきます。

ゲーミングリストレストの基本情報
  • ゲーミングリストレストとは?
  • ゲーミングリストレストはこんな方におすすめ!
  • ゲーミングリストレストの価格帯
[/div]

ゲーミングリストレストとは?

ゲーミングリストレストとは、キーボードやマウスの手前に置き、手首や腕に余計な力が入ることを防ぐように設計されております。ひとたび使用してみれば、長時間使用したとしても楽に作業を持続できます。
後述しますが、リストレストにはウレタン素材のものやジェル素材のものもあります。具体的には、キーボードの横に長い大きさのリストレストや、マウスパッドと兼用の大きさのリストレストもあります。使用用途に照らして選んでみてください。

ゲーミングリストレストはこんな方におすすめ!

ゲームプレイや長時間のタイミング作業を続けていると、手首や腕を同じ形で維持することになるため、痛みやしびれ、疲れを伴って作業を集中することができなくなってきます。
特にゲームプレイでは集中力の欠如によって、勝敗に大きく影響してくるため、疲れなどのマイナス要素は取り除いておく必要があります。
場合によっては、腱鞘炎などの重篤な病気を引き起こすこともあるのです。
ゲーミングリストレストはそういった理由の中で商品化され、支持を受けています。

ゲーミングリストレストの価格帯

リストレストにはフルサイズキーボード用とマウス用のものがあります。フルサイズキーボードタイプですと2,000円からの価格のものをおすすめします。

最近では、ウッド調のリストレストも開発されており、5,000円ほどの価格です。
マウスパッドタイプのものもあり、100円均一でも販売していますが、弾力の少ないタイプと耐久性のない素材のものがありますのでおすすめしません。

1,000円程の価格のものをお探しください。

ゲーミングリストレストの種類

ゲーミングリストレストの種類を2つ解説します。

ゲーミングリストレストの種類2つ
  • キーボード用
  • マウス用

キーボード用

キーボード用のリストレストの形はキーボードの横の長さに合わせたロングタイプです。タイプするキーボードの手前に置き、手をのせて作業します。タイピング操作やゲームプレイなど、キーボード上であらゆる作業を行うのに便利です。
その効果は、手首がキーボードとリストレストの高さ分、平行となり打ちやすさが一段と楽となります。

マウス用

マウスをメインでパソコンを操作していると疲れてきます。例えば、ゲーミングの場合ですが、その場合にも、リストレストがあれば、手首が下がった状態にならないので負担が軽減し、マウス操作が快適になります。
マウス用リストレストはマウスパッドと一体になった商品も販売されており、eスポーツやゲーマーの方々におすすめです。

ジェルタイプのリストレストの特徴

ジェルタイプのリストレストの特徴を3つ解説します。

ジェルタイプリストレストの特徴3つ
  • 手首にフィットする弾力感
  • 汚れても水洗いが可能
  • 触り心地がよい

手首にフィットする弾力感

リストレスト製品の中にジェル素材を使用して作られているので、リストレストの上に手首をおいても、手首の形にジャストフィットするようにリストレストが変形します。弾力のあるジェル素材シリコンが手首や腕をホールドして支えてくれます。

汚れても水洗いが可能

内蔵しているジェルを覆う表面の素材には、ポリウレタンが使用されており、汚れが付着してもすぐに水洗い可能なので、いつでも清潔に使用できます。

触り心地がよい

ジェル素材の使用のため、手や腕を置いた時のゴツゴツした感じが全くなく、もちもちとした触り心地やふわふわした弾力が新鮮さを生み、癒しも生みだします。

冷却ジェルを内蔵したリストレストも販売されております。冷却ジェルそのものはひんやりした感触のため、快適にゲームプレイが可能となり、長時間のタイピングでも熱を持たず、ストレスを抱えることは小さくなります。

低反発タイプのリストレストの特徴

低反発タイプのリストレストの特徴を2つ解説します。

低反発タイプのリストレストの特徴2つ
    • 低価格
    • 滑りにくい

低価格

ジェル素材タイプのリストレストに比べて、流通量も多く身近な素材となってきています。そのために、安価で取引きされてきておりリストレストもお安く販売されてきています。
キーボードタイプでは1,000円~2,000円で販売されており、マウスタイプでも500円~1,500円ほどで 手に入れられるようになっています。
ひと昔に比べるととても安価になったと感じます。

滑りにくい

ジェル素材のリストレストは粘性のある触感で、手首の動きに合わせてジェルが変形して、手にフィット感を生みます。ゆっくり沈み込む感触とそのフィット感が滑りにくくしております。
一方で、その素材表面がペタペタとしており、肌表面に吸い付くような感覚に襲われます。
結果、ずっとそのポジションを維持し、腕や肩への負担や疲れを低減しています。

ゲーミングリストレストを使用するメリット

ゲーミングリストレストを使用するメリットを2つ解説します。

ゲーミングリストレストのメリット2つ
      • 肩や腕の疲労を緩和する
      • 長時間のeスポーツでも快適にプレイできる

肩や腕の疲労を緩和する

リストレストを使用するメリットの一つが肩や腕の疲労を大きく緩和できるところです。
リストレストを使うことで手首の高さを一定に保つことで、疲労軽減や痛みの緩和につながります。また、背筋を伸ばす姿勢になり、長時間の使用でも疲れにくくなることで、結果、パソコン作業のパフォーマンスをあげることになります。

長時間のeスポーツでも快適にプレイできる

リストレストを使用するメリットの2つ目が長時間のeスポーツでの快適さ、です。
手首への負担がひどくなってくると腱鞘炎となり、eスポーツのプレイに支障をきたします。
パームレストとも呼ばれるリストレストがあると、腱鞘炎の予防になるというだけでなく、マウス操作とキーボードを打つことがとても楽になります。

ゲーミングリストレストのおすすめメーカー一覧

ゲーミングリストレストのおすすめメーカー3つと特徴や評価を解説します。

ゲーミングリストレストのおすすめメーカー3つ
      • Logicool
      • ELECOM
      • Razer

Logicool

Lojicool社はスイスに本社を置くゲーミングデバイスを数多く販売提供しています。マウスやキーボードをはじめ、など周辺機器の品質も非常に高く、eスポーツのプロゲーマーもよく愛用しています。すべての人々へおすすめできるメーカーです。

ELECOM

Elecom社は大阪市に本社を置くコンピュータ周辺機器メーカーです。マウスやキーボードを始め、無線LAN、ハードディスクなど周辺機器の品質も非常に高く、業界トップシェアを誇っています。

Razer

Razer社はアメリカに本社を置いている世界有数のゲーミングデバイスメーカーです。先ほど記述のLojicool社と世界シェアを常に争っています。eスポーツの世界でも愛用するプロゲーマーも数多くおり、ブラックとグリーンのツートーンのイメージ色が強いメーカーです。
最近は、ゲーマー用のヘッドセットに個性的な製品を送り込み、注目されています。

ゲーミングリストレストの選び方

ゲーミングリストレストの選び方を以下の2つのポイントから解説します。

ゲーミングリストレストの選び方2つ
      • 素材
      • 大きさ

素材

ゲーミング用のリストレストを開発するには、長時間の使用にどのように対応するかを考えておかなくてはなりません。人の手は体温を持っており、体温によってリストレストが熱くなり、集中力を切らせるようなことがないように内蔵する素材もジェルタイプが最も適しているようです。
しかし、高価な素材ですので、主流の低反発素材を間に入れ込むなど単価への配慮もなされているようです。

大きさ

ゲーミング用のリストレストを使用するなら、キーボード用のフルサイズに対応しておかなければなりません。マウス用のリストレストを使用するのにも、フィット感を重視してサイズ感を大きくしておく必要があります。しびれや疲れがこないように、大きなリストレストを選択しましょう。

ジェル素材のゲーミングリストレスト人気おすすめ3選!

ジェル素材のゲーミングリストレストのおすすめ3選を紹介します。

HyperXリストレストHX‐WR

最初に紹介するおすすめの低反発素材のゲーミングリストレストは、「HyperXリストレストHX‐WR」です。

HyperXリストレストHX‐WR


HyperXリストレストHX‐WRの仕様・製品情報

対応モデル フルサイズキーボード
サイズ 45.7 x 9.9 x 2.3 cm
材質表面 布(内部)低反発クールジェル素材
材質裏面 ラバー
重量 317.5 g

HyperXリストレストHX‐WRのおすすめポイント3つ

      • クールジェル低反発クッション使用
      • 天然ゴム製の底面は、滑りにくく安定した状態を保ちます
      • 摩擦に強いステッチ加工が施された丈夫な構造

HyperXリストレストHX‐WRのレビューと評価

実際にHyperXリストレストHX‐WRを使用した方のレビューを次に紹介します。
・冷感なので、夏場でも長時間使えて良い
・普段FPSゲームを1日5時間するが、キーボードを操作する左手はこれに乗っかっているので全く痛みません
・さらっとした高級感のあるクッションカバー

フルサイズキーボードにぴったり合うのですが、狭い机には大きすぎるといった難点もあります。HyperXリストレストHX‐WRを購入するにあたっては、場所を考えておく必要があります。

ライターからの一言

夏場の暑い時期での長時間のゲームプレイには、ジェル素材のひんやりとした感触はありがたいことです。ストレスを感じるような場面であっても、癒される要素を持っているHyperXリストレストHX‐WRがよく売れています。
もう一つ大事な点があります。フルサイズのリストレストは片手マウス用に比べて、全体的に手を置き、場所を限定しないため、自分の好きな位置に固定できます。

KensingtonGELWAVEリストレストK62397JP

次に紹介するおすすめのジェル素材のゲーミングリストレストは、「KensingtonGELWAVEリストレストK62397JP」です。


Kensington GEL Waveリストレスト(ブルー) K62397JPの仕様・製品情報

対応モデル フルサイズキーボード
サイズ 10 x 48 x 3 cm
材質表面 TPU(内部)ポリウレタンジェル素材
材質裏面 ラバー
重量 735g

Kensington GEL Waveリストレスト(ブルー) K62397JPのおすすめポイント3つ

      • 程よい弾力のジェルが優しく手首にフィットし作業中の疲労を軽減
      • 汚れを落としやすいGEL素材のため、お手入れも水洗いで簡単にお掃除可能
      • リストレスト中央部の溝により通気性を向上し、快適に長時間の使用が可能

Kensington GEL Waveリストレスト(ブルー) K62397JPのレビューと評価

実際にKensington GEL Waveリストレスト(ブルー) K62397JPを使用した方のレビューを次に紹介します。
・感触と肌触りは駄菓子屋で販売のゴムボールのような感覚です。一日中パソコンで仕事をしていると、コレがある腕の疲れが楽。
・購入から2年半ほど経ちましたが、まだまだ使える感じで耐久性が良い
・裏面がゴム素材で加えて本体のシリコンの重さで机の上で滑らない

シリコンジェル素材なので、汗をかいたときのべたつき感が出てくる難点もあります。Kensington GEL Waveリストレスト(ブルー) K62397JPを購入するにあたっては、べたつきの対策を考えておく必要があります。

ライターからの一言

夏場の暑い時期での長時間のゲームプレイでは、ジェル素材のひんやりとした感触は先ほどのHX-WRと同様で、ありがたいことです。
Kensington GEL Waveリストレスト(ブルー) K62397JPは見た目にも高さがあり、腕を置いた時の接触面が大きいです。
ひんやりとした感覚をより感じると同時に、べたつき感もあるので、さらっとした触感がお好きな方は購入を控えたほうがいいかと感じます。
フルサイズのキーボードリストレストと片手マウス用も購入して、両手全体をジェル感覚に浸れるような使い方もできます。

エレコム dimp gel MP-DG01WH

次に紹介するおすすめのジェル素材のゲーミングリストレストは、「エレコム dimp gel MP-DG01WH」です。

エレコム dimp gel MP-DG01WH


エレコム dimp gel MP-DG01WHの仕様・製品情報

対応モデル マウスパッド
サイズ 21 x 22 x 2.2 cm
材質表面 ポリウレタン合成皮革(内部)合成ゴム
材質裏面 ポリウレタン
重量 226 g

エレコム dimp gel MP-DG01WHのおすすめポイント3つ

      • 手首に寄り添うクセになるやわらかな触感で、手首にかかる負担を軽減するリストレストが付いたマウスパッド
      • 表面には手触りの良い高級合皮を使用し、汚れても水や洗剤・アルコールで拭き取ることができ清潔に使用
      • リストレスト部には、クセになるやわらかな触感の高性能EXGEL(R)を採用

エレコム dimp gel MP-DG01WHのレビューと評価

実際にエレコム dimp gel MP-DG01WHを使用した方のレビューを次に紹介します。
・触り心地がすごく良い上に、裏面が机にくっつくので、ズレたりせずに固定できます
・手首を少し高く保てることが手に合っているようで、長い作業時間では手が疲れず快適です
・真っ白なうえ、プニプニの触感がくせになる、スタイリッシュで可愛いい

MP-DG01WHは開封直後にゴム特有の匂いはしてくるのですが、日にちが経ってくれば、徐々にその匂いも取れてくるでしょう。購入するにあたっては、特有のゴム臭に敏感な方は購入を控えた方よいでしょう。

ライターからの一言

エレコム dimp gel MP-DG01WHはキーボード用のフルサイズのリストレストではなくて、片手マウスパッド用のリストレストです。実際は、ジェル素材ではないのですが、ふわふわの感触がジェル素材と同じ感覚であると筆者は判断しています。
エレコム dimp gel MP-DG01WHはそれでも、リストレストとしての機能が搭載されています。
それは長時間使用でも手の疲れを感じさせないことです。
ゲームプレイ中でストレスを感じるような場面であっても、プニプニとした感覚やふわふわした感触は、癒されることは間違いないのです。
筆者はおすすめポイントです。

低反発素材のゲーミングリストレストおすすめ3選

低反発素材のゲーミングリストレストのおすすめ3選を紹介します。

サンワダイレクト200-MPD022

最初に紹介するおすすめの低反発素材のゲーミングリストレストは、「サンワダイレクト200-MPD022」です。

サンワダイレクト200-MPD022


サンワダイレクト200-MPD022の仕様・製品情報

対応モデル フルサイズキーボード
サイズ 72 x 35 x 3cm
材質表面 ポリエステル(内部)メモリーフォーム
材質裏面 ルーバー
重量 780 g

サンワダイレクト200-MPD022のおすすめポイント3つ

      • 柔らかいポリエステル素材の超大型マウスパッドです
      • 低反発ウレタンを内蔵した、大きく柔らかいリストレストが、マウス・キーボード使用時の手首や肘の傷み、肩の疲れを和らげます
      • 裏面は滑り止め加工が施されているので、激しい操作でも本製品が滑ることはありません

サンワダイレクト200-MPD022のレビューと評価

実際にサンワダイレクト200-MPD022を使用した方のレビューを次に紹介します。
・デスク全体をカバーできる寸法で使いやすい
・商品は、期待を裏切ることなく、手首の負担も軽減減され、使い心地は最高です
・さらっとした高級感のあるクッションカバー

キーボードとマウスすっぽり覆うパッドですが、狭い机には大きすぎるといった弱点もあります。サンワダイレクト200-MPD022を購入するにあたっては、大型のリストレストを置く作業スペースを用意する必要があります。

ライターからの一言

夏場の暑い時期での長時間のゲームプレイやタイピングには、さらっとしたクッションカバー素材の感触は、癒される要素を持っています。
机全体を覆うフルサイズのリストレストは、両手を置き、場所を限定しないため、自分の好きな位置に固定できます。裏面の滑り止め効果も巨大であるため、全くずれ込んだりしません。安心して使えるリストレストです。

FILCO MWR/12M-AS

次に紹介するおすすめの低反発素材のゲーミングリストレストは、「FILCO MWR/12M-AS」です。

FILCO MWR/12M-AS


FILCO MWR/12M-ASの仕様・製品情報

対応モデル フルサイズキーボード
サイズ 80 x 3.65 x 1.2 cm 、Mサイズ
材質表面 ウルトラスエード素材
材質裏面 マイクロセルポリマー
重量 90 g

FILCO MWR/12M-ASのおすすめポイント3つ

      • 究極の手ざわり×究極の使い心地 ~ウルトラスエード(R)×マイクロセルポリマー~ 手や肌が直接触れる上面素材には、上質のスエードを思わせる柔らかで肌触りの良い「Ultrasuede(R)」を使用
      • ベース部分と底部にはそれぞれ特性が異なるマイクロセルポリマーシートを採用
      • FILCO Perfect Grip Sheetと同一の滑り止め加工素材を使用

FILCO MWR/12M-ASのレビューと評価

実際にFILCO MWR/12M-ASを使用した方のレビューを次に紹介します。
・ウルトラスエードはなめらかな感触でとても良い。撫でるように触るとさらさらしているが、手を乗せるとほどよいしっとり感がある。
・ウルトラスエードを採用したパームレストはこれしかないという点で貴重であり、サイズと厚さのバリエーションが揃っているのが評価できる
・17mmという薄さはマウスとキーボード間で移動するときに段差を感じます
・裏面に繋がる間のスポンジの硬さも、硬すぎず柔らかすぎず、良好な触り心地です。

FILCO MWR/12M-ASは、ウルトラスエード素材で触り心地で勝負するリストレストです。
手首への負担がぐっと軽減するといった基本の役割も担っており、軽さと含めて、持ち運び用にもおすすめします。

ライターからの一言

FILCO MWR/12M-ASは、使用している素材が好評です。
ジェル素材のひんやりとした感触という例にもあるように、FILCO MWR/12M-ASも新しい素材からのアピールができる商品です。
軽量でストレスを感じず、癒しの要素を持っているFILCO MWR/12M-ASは筆者も注目します。

Logicool(ロジクール) ‎MX10PR

次に紹介するおすすめの低反発素材のゲーミングリストレストは、「Logicool(ロジクール) ‎MX10PR」です。


Logicool(ロジクール) ‎MX10PRの仕様・製品情報

対応モデル フルサイズキーボード
サイズ 42 x 6.4 x 0.8cm
材質表面 布(内部)低反発素材
材質裏面 ラバー
重量 180 g

Logicool(ロジクール) ‎MX10PRのおすすめポイント3つ

      • 手首をしっかりサポートするデザインで手をリラックスした姿勢に保ち、何時間でも快適に入力作業ができます
      • 柔らかくてサポート力のある低反発フォームは、快適で高い耐久性があります
      • 滑らかで快適な手触り。タイピング時には滑りにくい仕様になっており、長時間の作業でも手首をやさしくサポートします

Logicool(ロジクール) ‎MX10PRのレビューと評価

実際にLogicool(ロジクール) ‎MX10PRを使用した方のレビューを次に紹介します。
・MX10PR は、8mm と低く平らな形状なので圧迫感がありません
・長時間ドラッグアンドドロップで移動して整理する作業をしても手首が快適です
・最初の印象は、薄いけど、使ってみると適度な厚みが邪魔せず、丁度良い

Logicool(ロジクール) ‎MX10PRはレビューでの目立っている評価があります。8㎜という薄さの割にデスクワークに丁度いいといったコメントが多数あります。

ライターからの一言

Logicool(ロジクール) ‎MX10PRは、手首が痛くならなかったというリストレストを使用する上で、基本の役割であるコメントも多数あり、ロジクールの技術の高さを思い知ります。おすすめです。

プレゼントにも最適!おしゃれなゲーミングリストレストおすすめ3選

プレゼントにも最適なおしゃれなゲーミングリストレストのおすすめ3選を紹介します。

サンワサプライ TOK-GEL27W

最初に紹介するおすすめのおしゃれなゲーミングリストレストは、「サンワサプライ TOK-GEL27W」です。


サンワサプライ TOK-GEL27Wの仕様・製品情報

対応モデル マウスパッド
サイズ 15.3×14.5×3.5 cm
材質表面 ポリウレタン(内部)シリコンジェル素材
材質裏面 ポリウレタン
重量 160 g

サンワサプライ TOK-GEL27Wのおすすめポイント3つ

      • 持ち運びに特化した小型のリストレストで、持ち運んで使うといった使い方ができます
      • 汗や汚れが付いても簡単に水洗いできるPU表面
      • 裏面は滑りにくく使用中もデスクにしっかりと貼り付きます。粘着が弱くなったら水洗いで回復します

サンワサプライ TOK-GEL27Wのレビューと評価

サンワサプライ TOK-GEL27Wを使用した方のレビューが全くありませんので、商品の説明をおこないます。
・サンワサプライ TOK-GEL27Wは、やわらかジェルで腕や手首の疲れを軽減するリストレストです
・汗や汚れが付いても簡単に水洗いできるPU表面です
・裏面は滑りにくく使用中もデスクにしっかりと貼り付きます。
<使用上のご注意>
※使用感には個人差があります。合わないと思われましたら速やかに使用を中止して下さい。
※洗剤や洗濯機でのクリーニングはおやめください。
※製品の性質上、臭気を感じることがあります。

ライターからの一言

サンワサプライ TOK-GEL27Wは、手首を置いた時に沈み込んでくれるので、手首がしっかり固定され肘の痛みから解放されます。手首が痛くなるのを避けるように肘を挙げていたせいで生じていた肩こりも軽減します。サンワサプライ TOK-GEL27Wのおかげで、疲労を感じることなく働き続けることができるようになります。一度、買って試してみてください。

CHURACY CH-196

次に紹介するおすすめのおしゃれなゲーミングリストレストは、「CHURACY CH-196」です。


CHURACY CH-196の仕様・製品情報

対応モデル フルサイズキーボード
サイズ 43 x 7 x 1.7 cm
材質表面 特殊フィルム(内部)医療用シリコン素材
材質裏面 特殊フィルム
重量 420 g

CHURACY CH-196のおすすめポイント3つ

      • 豊胸手術など医療用にも使われる高品質シリコンを使い、
        ストレスを極限まで抑えたリストレスト
      • 手の重さをシリコン全体に分散して、手首の負担を吸収
      • 特殊フィルムをコーティングし、サラリとした肌触り

CHURACY CH-196のレビューと評価

実際にCHURACY CH-196を使用した方のレビューを次に紹介します。
・1日8〜12時間ほどPC作業をするのですが、リストレットに置いている手首の圧迫感は
ほとんどなく、長時間の連続作業でも快適です。
・絶妙な柔らかさで、ただ単に、CHURACY CH-196を触っているだけでも癒しの効果が出てきます。
フルサイズキーボード用に販売はされていますが、マウス用にはまだ販売されておりません。今、手に入れられるものはキーボード用なので、在庫があるうちに購入してください。

ライターからの一言

CHURACY CH-196は医療用ということで、むき出しのシリコンがそのまま入っている感じです。可愛さを求めるリストリストをお好みの方にはおすすめしませんが、シリコン素材の良さをご存じの方にはおすすめします。
他の低反発素材でできたリストレストとは、圧倒的に手首などへの負担が軽くなります。

FILCO FGWR/M

次に紹介するおすすめのおしゃれなゲーミングリストレストは、「FILCO FGWR/M」です。


FILCO FGWR/Mの仕様・製品情報

対応モデル フルサイズキーボード
サイズ 36.0 x 8.1 x 2.0 cm
材質表面 北海道産天然木素材
材質裏面 ウレタンフォーム
重量 220 g

FILCO FGWR/Mのおすすめポイント3つ

      • 表面の仕上げには、高品質無公害オイル塗料の「オスモカラー」を採用
      • 手触りよく仕上げた表面は適度な硬さがあり、手の沈み込みはなし
      • 底部のクッション材に微細かつ均一なセル構造をした高機能ウレタンフォームを採用

FILCO FGWR/Mのレビューと評価

実際にFILCO FGWR/Mを使用した方のレビューを次に紹介します。
・一般的なクッション素材と違い沈み込みがないが、その分しっかり固定されて打鍵できる
・木製は手のひらを包み込むような柔らかさは一切ないが、適度な硬さで支えてくれる
・ウレタン素材などは汗をかけばべとついてしまっていたが、木製はドライで快適

木製のリストレストもフルサイズキーボードと相性がいいため、木の硬さが適度なやわらかさを生み、タイピングの打鍵感を良くしています。

ライターからの一言

レビューでの使用感でも絶賛している方が多く、筆者も一見すれば、硬さによる手首の疲れを想像します。実際の使用の中で、想像を逆転してくる素材のすばらしさを筆者は感じております。
木の表面加工にもオイルフィニッシュを選び、こだわりを感じます。
一度、そのこだわりを体験するためにも購入を考えてみてください。

ライターあとがき

筆者も今回、皆様と一緒に勉強をしてきました。
各メーカーの素材選びと、作りへのこだわりは、皆様が判断する時に大事な要素となっています。
リストレストが本来目的としている手首や腕の痛みの緩和は、お選びいただく要素となります。そこに新しい素材を採用するなど、目新しさも見受けられます。ご自分に合ったリストレストの選定をしてください。
何か一つ、購入へのお手伝いとなれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です