FF14の推奨スペックを早見表で分かりやすく解説!ゲーミングPCおすすめ5選も紹介

ff14 スペック

FF14漆黒のヴィランズは、人気シリーズ「ファイナルファンタジー」の第14作目になります。
こだわりぬかれた世界観と美しいグラフィックに加え、オンラインでさまざまなプレイヤーと遊べることから、人気の1作です。

また、近々発売される拡張パッケージの「暁月のフィナーレ」の効果もあり、FF14自体の注目も高まってきています。

今回の記事では、FF14の漆黒のヴィランズの「推奨スペック・必要最低スペック」を紹介します。
これからFF14を始めたい方、今遊んでいる環境をより良くしたい方は参考にしてください。

FF14 漆黒のヴィランズの推奨PCスペック早見表

パーツ 推奨スペック 備考
CPU Intel® Core™i7 3GHz 以上
グラボ NVIDIA® Geforce® GTX970 以上
AMD Radeon™ RX 480 以上
SSD 60GB以上 全体容量ではなく、空き容量で!
メモリ 8GB以上

FF14 漆黒のヴィランズの必要最低PCスペック早見表

パーツ 必要最低スペック 備考
CPU Intel® Core™i5 2.4GHz 以上
グラボ NVIDIA® Geforce® GTX750以上
AMD Radeon™ R7 260X 以上
SSD 60GB以上 全体容量ではなく、空き容量で!
メモリ 4GB以上

FF14 漆黒のヴィランズの推奨動作環境

ここではFF14の推奨動作環境について詳しく解説していきます。

早見表だけではよくわからないという方はこちらをチェックしてください。

FF14推奨動作環境
  • OS
  • CPU
  • メモリ
  • ストレージ
  • グラボ(GPU,グラフィックボード)
  • 電源
  • マザーボード

OS

OSとはオペレーティングシステムの略で、PCを動かすために必要なシステムです。
現在使われているOSはWindows OSとMAC OSの2つが一般的ですが、正直どちらのOSを選んでも構いません。

他のゲームであれば、Windows OSしか動作保証されていない!なんてことがよくあります。
しかしFF14 漆黒のヴィランズは、公式がMAC OSの必要最低スペックに関しても明記してくれています。よって、Windows OSであっても、MAC OSであっても必要最低スペックを満たしていれば問題なく遊べるでしょう。

また今回は、ゲーム以外の面(フリーソフトとの相性、選択肢の広さ)からWindows OSをおすすめします。OSで迷っている方、OSにこだわりの無い方は参考にしてください。

CPU

CPUとは、PCの「頭脳」と言われるほど大切なパーツです。現在使われているCPUは、Intel社製とAMD社製の2つがあります。ですがCPUに関してもゲームに必要となるベンチマークスコア(CPUのパワー)が満たせていれば、正直どちらでも構いません。

とはいえ、Intel社製のCPUは公式が推奨・必要最低スペックを明記していますが、AMD社製のCPUに関する記載は見つからなかったです。そのため、Intel社製のCPUは早見表を参考にしてください。加えて、AMD社製のCPUはドスパラ内のレベル別のベンチマークスコア指標を参考にベンチマークスコアが「5,000以上」のモデルを選ぶと良いでしょう。

Intel社製のCPUは、「Intel Core3/5/7/9」それぞれにシリーズがあり、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。逆にAMD社製のCPUには有名な「Ryzenシリーズ」があり、高性能かつコスパの良さが魅力です。

安心、安全を重視するなら「Intel社製」、コスパの良さを重視するなら「AMD社製」でしょう。

メモリ

メモリは一般的に「PCの作業スペース」と例えられるように、PCの作業能力を左右します。
メモリの容量が大きければ、それだけ高い作業能力を有しており、より複雑な処理にも対応してくれます。逆にメモリの容量が小さいと、ちょっとしたことですぐに重くなり、最悪の場合「カクカク」が目立ってまともに遊べない…なんてことも…

公式サイトによると、FF14 漆黒のヴィランズの推奨メモリは「8GB以上」です。しかし、予算に余裕がある場合やゲームをサクサク遊びたい場合には「16GB以上」を目安にPCを選びましょう。

ストレージ

ストレージとは、写真、ゲーム、ソフトといったデータを保存するための「倉庫」のようなものです。この倉庫の大きさが大きくないと、すぐに容量がいっぱいになり新たなデータを保存できなくなります。

公式サイトによるとFF14 漆黒のヴィランズに必要なストレージ容量は「最低でも60GB以上」です。だからといって空き容量がピッタリ60GBあれば良いかというと、そうでもありません。

特に、空き容量が少ない状態でPCを使用し続けるとデータが破損するなどのトラブルが起きやすくなります。加えて、新たなデータを保存する場合も容量が無ければ保存もできません。

よって、急にデータが破損してしまうなどのトラブルを防ぐためにも、空き容量は「120GB以上」あった方が安心できるでしょう。

グラボ(GPU,グラフィックボード)

グラボ(GPU)とはグラフィックボードの略で、映像専門の処理を担当してくれるパーツです。
PCによっては、グラボがCPUに内蔵されているタイプもあります。しかしCPU内蔵のグラボは、独立しているグラボと比べて性能が低いという欠点もあります。

これからPCを買うという方は、できるだけグラボが独立しているタイプのPCを選びましょう。具体的な製品選びは、公式サイトのグラボ(GPU)の推奨スペックあるいは必要最低スペックを参考にしてください。

Windows

  • 推奨スペック:NVIDIA® Geforce® GTX970 以上、AMD Radeon™ RX 480 以上
  • 必要最低スペック:NVIDIA® Geforce® GTX750以上、AMD Radeon™ R7 260X 以上

MAC

  • 必要最低スペック⇨AMD Radeon™ R9 M295X 以上

電源/マザーボード

まず電源は、PCを動かす上で必要なエネルギーを供給してくれます。とはいえPCが必要とする最低限だけしか供給できない電源を使ってしまうと、消費電力に負けてしまったり電源の寿命が縮んだりしてしまいます。そのため、必要最低限の供給にならないようにPCの消費電力の1.5倍から2倍くらいを目安に電源を選びましょう。

次にマザーボードは、「電源/CPU/メモリ」などを接続する「PCの土台」となる基盤のことをさします。接続部分ということもあり、後からメモリやGPUなどカスタマイズすることも可能です。ゲームで遊んでいて「もう少しメモリの容量を増やしたい!」と思ったときは思い出してください。

ただし、マザーボードによってはメモリやGPUとの相性が悪かったり、そもそもサイズが合わなかったりする場合があります。少しでも不安に思う場合は、手を出さない方が良いかと…
トラブルが発生したり壊れたりしてからでは取り返しがつきませんから…

FF14はPC版がおすすめ◎

FF14 漆黒のヴィランズはPC版で遊ぶことで「よりサクサクに」「より高画質に」ゲームが楽しめます。具体的には、PC版だとFPS(フレームレート)は120以上、かつ画質もフルHD以上のWQHD解像度や4K解像度で遊ぶことができます。
※この場合の「FPS」とは、1秒間に切り替えられる画面の数で、値が大きいほど映像反映の際のラグやブレが軽減されます。

またPC版であれば、チャットをそのままキーボードで入力したり、遊びながら同時進行で攻略情報を調べたりできます。

そのため、FF14 漆黒のヴィランズは「PC版」で遊ぶことをおすすめします。
FF14を、よりサクサクと快適に遊びたい方、より高画質で楽しみたい方は参考にしてください。

参考:
https://pcgamebto.com/ff14/#rtoc-3

FF14 漆黒のヴィランズにおすすめのゲーミングPC5選

FF14におすすめのゲーミングPCを5選紹介していきます。

GALLERIA XA7R-R37 ファイナルファンタジーXIV 推奨ゲーミングPC

最初に紹介するFF14におすすめのPCは、「GALLERIA XA7R-R37」です。

GALLERIA XA7R-R37の仕様・製品情報

CPU インテル Core i7-11700
グラボ NVIDIA GeForce RTX 3070 8GB GDDR6
SSD Intel 1TB NVMe
メモリ 16GB DDR4 SDRAM
マザーボード インテル H570 チップセットATXマザーボード
電源 750W 静音電源

GALLERIA XA7R-R37のおすすめポイント3つ

  • FF14推奨モデルのゲーミングPC
  • ベンチマーク12,000越えのCPUを採用
  • 処理面で重くなりづらい16GBのメモリ容量

GALLERIA XA7R-R37のレビューと評価・評判

ゲーミングPC選びで失敗したくない人向けのFF14推奨モデル!

GALLERIA XA7R-R37は、ゲーミングPC選びで失敗したくない人向けのFF14推奨モデルです。またドスパラ内でもゲーミングPC選びの指標となる「ベンチマークスコア」において、本製品は5段階中一番上の「レベル5」に位置しています。スコア自体も12,000越えで、FF14をはじめとした幅広いゲームで活躍してくれるでしょう。

そのため、PC選びで迷っている人は、とりあえずコレにしておけば間違いないと言えますね。

ドスパラ内では、GALLERIA XA7R-R37以上にハイスペックなゲーミングPCは存在します。しかしFF14で遊ぶ場合、それらの製品は高性能すぎてオーバースペックになりかねません。価格が高くオーバースペックで高性能をフル活用できなければ宝の持ち腐れになってしまいますね。

GALLERIA XA7C-R36T ゲーミングPC

次に紹介するFF14におすすめのPCは、「GALLERIA XA7C-R36T」です。

GALLERIA XA7C-R36Tの仕様・製品情報

CPU インテル Core i7-11700
グラボ NVIDIA GeForce RTX 3060 Ti 8GB
SSD Intel 1TB NVMe
メモリ 16GB DDR4 SDRAM
マザーボード インテル Z590 チップセットATXマザーボード
電源 650W 静音電源

GALLERIA XA7C-R36Tのおすすめポイント3つ

  • 価格も性能も高すぎず低すぎず
  • 安心できるIntel社製CPU
  • 容量を気にしなくても良い大きいストレージ容量

GALLERIA XA7C-R36Tのレビューと評価・評判

性能面と価格面のバランスが良く幅広いユーザー向け

GALLERIA XA7C-R36Tは、価格もスペックも「ちょうど良い」を実現したゲーミングPCです。
FF14をガッツリやり込みたい人からFF14をゲーミングPCで始めたい人まで幅広いユーザーにおすすめの製品ですね。

PCによくある話ですが、スペックが高くなると価格も比例して高くなってしまいライトユーザーには手が出せなくなってしまいます。しかし、GALLERIA XA7C-R36Tは、高性能でありながらも価格を抑えており、比較的手が出しやすい製品です。
FF14用のPC選びで苦戦している人は、ぜひとも参考にしてください。

GALLERIA RM5R-G60 ゲーミングPC

次に紹介するFF14におすすめのPCは、「GALLERIA RM5R-G60」です。

GALLERIA RM5R-G60の仕様・製品情報

CPU AMD Ryzen 5 3500
グラボ NVIDIA GeForce GTX 1660 6GB GDDR5
SSD 500GB NVMe
メモリ 16GB DDR4 SDRAM
マザーボード AMD A520チップセット マイクロATXマザーボード
電源 550W 静音電源

GALLERIA RM5R-G60のおすすめポイント3つ

  • 必要スペックを満たした低価格ゲーミングPC
  • 価格が安いから高性能モニターやマウスにお金が使える
  • 低価格が魅力のAMD社製CPUを採用

GALLERIA RM5R-G60のレビューと評価・評判

基準を満たしたうえで、とにかく安くゲーミングPCを買いたい人向け

GALLERIA RM5R-G60は、FF14に必要なスペックを満たしたうえで、できるだけ安く買えるゲーミングPCです。PCの本体代が高額にならない分、モニター、マウス、ヘッドセッドなどの周辺機器に使えるお金を確保できますね。

PC本体以外のゲーム環境もあわせて充実させたい人におすすめのゲーミングPCです。
余ったお金でゲーミング仕様のモニターやマウスを買うと、よりFF14を楽しめるかと。でしょう。

とはいえ、ゲーミングPCの中でスペックを比較すると性能はやや低めです。通常のプレイでは気にならないかと思いますが、同時に大人数が集まるタイミングなどで処理の重さが出てくるかもしれません。しかし、処理の重さが目立つときには、画質を下げることで改善する場合があります。一度確認してみてください。

GALLERIA XL7R-R36 ゲーミングノートPC

次に紹介するFF14におすすめのPCは、「GALLERIA XL7R-R36」です。

GALLERIA XL7R-R36の仕様・製品情報

CPU AMD Ryzen 7 4800H
グラボ NVIDIA GeForce RTX 3060 6GB + AMD Radeon グラフィックス
SSD 512GB NVMe
メモリ 16GB DDR4 SO-DIMM
マザーボード モバイル AMD チップセット搭載マザーボード
電源 ACアダプター (180W)

GALLERIA XL7R-R36のおすすめポイント3つ

  • 比較的手の出しやすい価格帯
  • 届いたらすぐ使えるノートPCという選択肢
  • バッテリー駆動時間⇨5.5時間

GALLERIA XL7R-R36のレビューと評価・評判

ゲーミングPCのモニターをセットするのに不安がある人向け

GALLERIA XL7R-R36は、一般的な家電量販店などで売られているノートPCくらいの金額で買えるゲーミングノートPCです。ゲーミング要素がありつつも「持ち運びやすい」といったノートPCとしての良さもあります。また、ゲーミングPCにありがちなモニター類の面倒なセッティングの必要もありません。

そのため、ゲーミングPCが欲しいけどモニター選びやセッティングに不安のある方におすすめの製品です。その他、ノートPCのメリットでもある「省スペース」「持ち運び可能」などを活かし、あなたの好きな場所でFF14を遊んでください。

GALLERIA UL7C-R36 ゲーミングノートPC

次に紹介するFF14におすすめのPCは、「GALLERIA UL7C-R36」です。

GALLERIA UL7C-R36の仕様・製品情報

CPU インテル Core i7-11800H
グラボ NVIDIA GeForce RTX 3060 6GB + インテル UHDグラフィックス
SSD 500GB NVMe
メモリ 16GB DDR4 SO-DIMM
マザーボード モバイル インテル HM570チップセット搭載マザーボード
電源 ACアダプター (230W)

GALLERIA UL7C-R36のおすすめポイント3つ

  • 相性トラブルが少ないIntel社製のCPU搭載
  • ベンチマーク8,500以上の実力
  • バッテリー駆動⇨9.6時間

GALLERIA UL7C-R36のレビューと評価・評判

ノートでもゲーミングPCに負けないスペックを求める人向け

GALLERIA UL7C-R36は、ゲーミングノートPCでありながら他のゲーミングPCにも引けを取らないハイスペックな製品です。本製品はドスパラ内のベンチマーク指標で、5段階の中で上から2番目の「レベル4」に位置しています。

そのため、ノートPCの「手軽さ」とゲーミングPCの「ハイスペック」の両方を求める人におすすめしたい製品です。

また、使用環境により多少変わるもののバッテリーが9.6時間も持つといった点から、外出先でもFF14を楽しむこともできます。隙間時間を使ってFF14をサクッと遊んじゃいましょう。

まとめ

FF14で遊ぶために必要なPCのスペックから、PC版でプレイするメリットを紹介しました。基本的には、早見表を参考にPC選びをしていただければ問題ないかと思います。

また、今手元にあるPCが必要スペックを満たしていないからといって焦る必要はありません。空き容量さえあれば多少スペックが足らないPCでも、グラフィック設定を下げることで改善できる可能性があります。

そのため、まずは今のあなたのPCで遊べるか確かめてみましょう。
買い直しやグレードアップは、不満が出てからでも遅くはありませんから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です