ノートパソコンにおすすめの外付けグラボ人気10選!快適なプレイを楽しもう

ノートパソコン グラボ 外付け

ゲームをパソコンで行う方には既存のパソコンのグラフィック性能をあげたいと考えている方もいると思います。

そんな時におすすめなのが外付けのグラフィックボードです。

そこでこの記事ではパソコンの中でも持ち運びが便利なノートパソコンにおすすめの外付けグラフィックボードを紹介していきます。

選び方や価格帯についても解説していくので、外付けのグラフィックボードを購入しようとしている方はぜひ参考にしてみてください。

また、以下の記事ではグラボ搭載のノートパソコンを紹介しています。

外付けグラボでなく、もともとグラボが搭載されたノートパソコンが欲しい方はぜひ以下の記事もチェックしてみてください。

グラボ搭載ノートパソコン

グラボ搭載ノートパソコンの選び方と価格帯を徹底解説!人気おすすめ10選も紹介

2019年7月1日
おすすめの外付けグラボのみを知りたい方はこちらをクリック!

ノートパソコンに増設する外付けグラフィックボードって何?

ノートパソコンに増設するグラボについて、以下の項目に沿って解説していきます。

初めて購入する方はぜひ参考にしてみてください。

  • 外付けグラフィックボード(GPUボックス)とは?
  • 外付けグラフィックボード(GPUボックス)の価格帯を解説!
  • 外付けグラフィックボード(GPUボックス)はこんな方におすすめ!

外付けグラフィックボード(GPUボックス)とは?

外付けグラボ

外付けグラフィックボードとは、外付けのHDD等のようにグラフィックボードを外部デバイスとしてPCに取り付けるものを指します。

グラフィックボード内蔵PCと同じように高性能なグラフィック性能を発揮出来るようにする装置になります。

軽量なノートPCにも接続できる為、必要な時にだけグラフィック性能を向上させる事が出来る等の高い拡張性が得られる点がメリットです。

外付けグラフィックボード(GPUボックス)の価格帯を解説!

価格

外付けグラフィックボードの価格帯は¥30,000程度から、高価格になると¥200,000、¥300,000程度の商品も存在します。

低価格のものはグラフィックボードが別売り(GPUボックスのみ)の商品がほとんどで、また高価格のものは単体で高価なグラフィックボードが搭載されている商品がほどんとです。

外付けグラフィックボード(GPUボックス)はこんな方におすすめ!

おすすめ

外付けグラフィックボードは先述の通り高い拡張性がメリットです。

内蔵ではグラフィックボードの増設が難しいノートPCなどのグラフィック性能を向上させるなどの用途が必要な方におすすめです。

ノートPCへの増設であれば、グラフィック性能が必要な時にだけ外付けグラフィックボードを接続して使用し、携帯時などは取り外す等のシーンに応じた使い分けが可能です。

外付けグラフィックボードの選び方を解説!

外付けグラフィックボード出典:amazon.co.jp

ノートパソコンに増設する外付けグラフィックボードを購入する際は以下の選び方を参考にしてみてください!

  • 搭載グラフィックボードで選ぼう!
  • 接続端子で選ぼう!
  • 使用用途で選ぼう!
  • メーカーで選ぼう!
  • 価格で選ぼう!
  • デザインで選ぼう!

搭載グラフィックボードで選ぼう!

グラボ搭載出典:amazon.co.jp

グラフィックボードを外付けで接続したいと考えている方のほとんどは、ゲームや動画処理等に求められる高いグラフィック性能を、お持ちのPCで実現したいと考えているかと思います。

その用途に合わせて必要な性能のグラフィックボードが搭載された商品を購入することで、高いコストパフォーマンスの得られる良い買い物が出来ます。

接続端子で選ぼう!

グラフィックボード 接続端子

外付けGPUボックスは、Thunderbolt3という高速インターフェース規格が搭載されているパソコンで使用が可能になっています。

Thunderbolt3はUSB-C端子の一種です。

USB-C端子があるからといって、Thunderbolt3が搭載されているとは限らないため、購入前には必ずThunderbolt3が搭載されていることを確認する必要があります。

使用用途で選ぼう!

グラフィックボード 使用用途

ゲーム用途ではRADEON,GeForceなどのゲーミング用グラフィックボードを使い、例えば動画編集にはQuadroを使用すると良いでしょう。

Quadroは編集のほかにも画像編集・3DCGのモデリング・医療イメージング・建築設計など、幅広いクリエイターに使われている業務用向けのGPUです。

それぞれグラフィックボードによって得意分野があるため、購入には注意が必要です。

メーカーで選ぼう!

グラフィックボード メーカー出典:amazon.co.jp

AKiTiO、RAZER、SONNET,OWCなど周辺機器メーカーから、グラフィックボードメーカーのGIGABYTE、DELL、ASUSTeKが外付けGPUボックス(グラフィックボード非搭載)を発売しています。

また外付けGPUボックス(グラフィックボード搭載)の製品は、前述したGIGABYTE、DELL、ASUSTeKが販売をしています。

どちらかといえばグラフィックボード搭載製品は、GIGABYTEに強みがあるようです。

価格で選ぼう!

価格帯

外付けグラフィックボードは、商品の価格差が非常に大きい商品で、その価格は3万円程度から30万円まで、選択肢は多岐にわたっています。

グラフィックボードが内蔵されている商品の場合はそのグラフィックボード自体が高価である為、価格差が大きくなりやすくなっているのです。

またGPUボックスは中身が入っておらず、自分でグラフィックボードを増設するタイプは5万円前後からあります。

既にグラフィックボードを持っており、それを外付けにして使いたい場合はグラフィックボード同梱無しの低価格モデルを、新たにグラフィックボードを導入したい場合はグラフィックボード同梱の高価格なモデルを、といったように用途に応じて価格帯を決めるとよいでしょう。

価格帯こだわってグラボを選びたい方は以下の記事もチェック!

グラフィックボード 安い おすすめ

コスパ最強の安いグラボ人気おすすめ10選!気にしておきたい性能や注意点も解説

2019年6月18日

デザインで選ぼう!

デザイン出典:amazon.co.jp

外付けグラフィックボードはゲーミングデバイスメーカーが多く製造・販売しているので、ゲーミングデバイスらしいデザインの商品が多くなっている傾向にあります。

小さなゲーミングデスクトップのような可愛らしいデザインの商品が揃っているため、性能の条件をクリアした物の中からデザインを重視して選択するのも良いのではないでしょうか?

この記事と合わせて読みたい関連記事が気になる方はこちらをクリック!

外付けグラフィックボード(GPUボックス)の増設方法とは?

グラフィックボード搭載モデルは、Thunderbolt3(USB-C)端子に、eGPU(外付けグラフィックボード)を接続すれば、後は自動で認識してくれることが多いです。

また非搭載モデルの場合は、箱を開け、箱に自分の気に入ったグラフィックボードを接続し、電源ケーブルを刺せば完成です。

その後、搭載モデルと同様にThunderbolt3(USB-C)端子に接続すれば認識され、使用可能になります。

ドスパラでおすすめのグラフィックボードランキングベスト3!

1位 RAZER Core X Chroma

RAZER Core X Chromaの仕様・製品情報

サイズ 168×374×230mm
接続 Thunderbolt3
メモリ種類 取り付けるグラフィックボードによる
メモリ容量 取り付けるグラフィックボードによる
メモリクロック 取り付けるグラフィックボードによる
コアクロック 取り付けるグラフィックボードによる

RAZER Core X Chromaのおすすめポイント3つ

  • 内部電源700W
  • ノートパソコンへの電源供給100W
  • USB3.1 Type-A×4 ギガビットイーサネット×1

RAZER Core X Chromaのレビューと評価

PCI-Express x16用外付けグラフィックボード非搭載型外付けグラフィックになります。

内部電源容量は700Wと十分な電力量があり、接続するノートパソコンに電源供給100Wもあるため、ノートパソコン、グラフィックともに電力が足りなくなる恐れが低く設計されています。

またUSB3.1ポートとインターネット接続をする部分があるため、グラフィック単体としても十分な性能があると言えます。

前述した外付けグラフィクボードよりもサイズも小さめになっています。

こんな方におすすめ
比較的小ぶりな外付けグラフィックボードボックスが欲しい人、自由にグラフィックボードを変えたい人におすすめ!

2位 THUNDERBOLT3 eGFX enclosure (VGAケース)

THUNDERBOLT3 eGFX enclosure (VGAケース)の仕様・製品情報

サイズ 400×172×242mm
接続 THUNDERBOLT3
メモリ種類 取り付けるグラフィックボードによる
メモリ容量 取り付けるグラフィックボードによる
メモリクロック 取り付けるグラフィックボードによる
コアクロック 取り付けるグラフィックボードによる

THUNDERBOLT3 eGFX enclosure (VGAケース)のおすすめポイント3つ

  • 極めて安価な非搭載型GPUボックス
  • グラフィックカード二枚搭載可能
  • 容量は375W。十分な電力量

THUNDERBOLT3 eGFX enclosure (VGAケース)のレビューと評価

極めて安価なグラフィックカード非搭載型GPUボックスになります。

スロットが二つあるため、グラフィックカードが二枚搭載可能。

極めて電力を要するグラフィックカードを刺さないのであれば、十分な375Wの電力量がある電源を搭載しています。

windows10 64bitでしか使用できないのが残念ですが、この価格でこのスペックは魅力的と言えます。

こんな方におすすめ
windows10 64bitユーザーで、グラフィックカードを二枚運用したいノートパソコンユーザーにおすすめ!

3位 ASUS ROG-XG-STATION-2 (VGAケース)

ASUS ROG-XG-STATION-2 (VGAケース)の仕様・製品情報

サイズ 158×456×278mm
接続 Thunderbolt 3
メモリ種類 取り付けるグラフィックボードによる
メモリ容量 取り付けるグラフィックボードによる
メモリクロック 取り付けるグラフィックボードによる
コアクロック 取り付けるグラフィックボードによる

ASUS ROG-XG-STATION-2 (VGAケース)のおすすめポイント3つ

  • ハイエンドビデオカードも動かせる600Wの電源を搭載
  • マウスやキーボードを接続できるUSB 3.0ポートを4ポート搭載
  • 三連ファンなどの大きめグラフィックボード搭載可能

ASUS ROG-XG-STATION-2 (VGAケース)のレビューと評価

高速なThunderbolt 3でノートPCに接続することが可能なグラフィックボード非搭載型GPUボックスになります。

マウスやキーボードを接続できるUSB 3.0ポートを4ポート搭載しているため、ボックス側でもさまざまな拡張が可能。

有線でネットワーク接続したい人向けに1000BASE-T対応の有線LANポートも搭載されています。

またハイエンドビデオカードも動かせる600Wの電源を搭載しているため、電源容量を気にする必要がありません。

こんな方におすすめ
ハイエンドグラフィックボードをノートパソコンで使いゲーミングなどをしたい人におすすめ!

ノートパソコンに増設する外付けグラボ人気おすすめ10選!

ここではノートパソコンにおすすめの外付けグラボ人気10選を紹介していきます。

商品のレビューや評価なども紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

AKiTiO Node Lite Thunderbolt 3対応


AKiTiO Node Lite Thunderbolt 3対応の仕様・製品情報

サイズ 23.3 x 7.6 x 14.9 cm
重さ 2.87 Kg
GPUブランド AMU-T3NL-T3DIY-AKTJ
容量

AKiTiO Node Lite Thunderbolt 3対応のおすすめポイント3つ

  • グラフィックボード別売
  • ドッキングステーションとして使用可能
  • Windows・Mac両対応

AKiTiO Node Lite Thunderbolt 3対応のレビューと評価

ノートPC、小型PCのグラフィックス向上を用途とした外付けグラフィックボード。

Thunderbolt 3ポート2口とDisolayPort1口を搭載し、ドッキングステーションとして使用できます。

Windows・Mac両対応となっており、また対応機器も公式にアナウンスされているので、自分の環境に対応しているかを確認して購入すると良いでしょう。

こんな方におすすめ
ノートPCのグラフィック性能を向上させたい方

Gigabyte GV-N1070G1 GAMING-8GD REV2.0 GeForce GTX 1070 G1


Gigabyte GV-N1070G1 GAMING-8GD REV2.0 GeForce GTX 1070 G1の仕様・製品情報

サイズ 16.2 x 9.6 x 21.2 cm
重さ 2 Kg
GPUブランド NVIDIA GeForce GTX 1070
容量 8 GB

Gigabyte GV-N1070G1 GAMING-8GD REV2.0 GeForce GTX 1070 G1のおすすめポイント3つ

  • GeForce GTX 1070搭載
  • USB 3.0 3ポート搭載
  • 洗練されたデザイン

Gigabyte GV-N1070G1 GAMING-8GD REV2.0 GeForce GTX 1070 G1のレビューと評価

GIGAIBTEより販売されている外付けのグラフィックボード。

NVIDIA GTX 1070を同梱した商品としてはリーズナブルです。

USB3.0ポートを3口搭載し、外部デバイスの接続が可能。

金属のシンプルな筐体に側面はメッシュ構造と言ったシンプルなデザインもポイントです。

内蔵されているグラフィックボードのデザインを生かせます。

こんな方におすすめ
グラフィックボードから新しく用意したい方

ASUSTeK XG STATION 外付けグラフィックカード ドック


ASUSTeK XG STATION 外付けグラフィックカード ドックの仕様・製品情報

サイズ 15.7 x 27.7 x 45.7 cm
重さ 3.88 Kg
GPUブランド Geforce, Radeon
容量

ASUSTeK XG STATION 外付けグラフィックカード ドックのおすすめポイント3つ

  • ASUS ROGシリーズ商品
  • Aura Sync対応
  • 優れたゲーミングデザイン</li

ASUSTeK XG STATION 外付けグラフィックカード ドックのレビューと評価

ASUSより販売されている外付けグラフィックボード。

グラフィックボード自体は別売の商品です。

ゲーミングブランドであるROGシリーズの商品で、デザインもROGシリーズのゲーミングPCを小型化したような可愛らしいデザインです。

Aura Syncにも対応。デザイン性を重視したい場合におすすめのグラボです。

こんな方におすすめ
デザインを重視して選びたい方

Sonnet egfx Breakaway Puck Radeon RX 560 / 570 570 GPU-RX570-TB3


Sonnet egfx Breakaway Puck Radeon RX 560 / 570 570 GPU-RX570-TB3の仕様・製品情報

サイズ 15.2 x 13 x 5.1 cm
重さ 1.88 Kg
GPUブランド
容量

Sonnet egfx Breakaway Puck Radeon RX 560 / 570 570 GPU-RX570-TB3のおすすめポイント3つ

  • AMD Radeon RX 570搭載
  • 豊富な外部映像出力端子
  • コンパクトな筐体サイズ

Sonnet egfx Breakaway Puck Radeon RX 560 / 570 570 GPU-RX570-TB3のレビューと評価

AMD Radeon RX 570搭載のハイパフォーマンスな外付けグラフィックボード。

Thunderbolt3端子×1、HDMI端子×1、DisplayPort端子×3と豊富な出力端子を備え、拡張性に優れます。

嬉しいのはコンパクトな筐体サイズ。

場所を選ばず省スペースで高いパフォーマンスを得られます。

こんな方におすすめ
小型の機器を求める方

AKiTiO Node Thunderbolt 3対応 グラフィックボード専用 外付け拡張ボックス


AKiTiO Node Thunderbolt 3対応 グラフィックボード専用 外付け拡張ボックスの仕様・製品情報

サイズ 42.8 x 14.5 x 22.7 cm
重さ 4.7 Kg
GPUブランド
容量

AKiTiO Node Thunderbolt 3対応 グラフィックボード専用 外付け拡張ボックスのおすすめポイント3つ

  • シンプルなデザインの外付けグラフィックボード
  • 312mm×107mmまでのグラフィックボードに対応
  • 8ピン×2までの補助電源に対応

AKiTiO Node Thunderbolt 3対応 グラフィックボード専用 外付け拡張ボックスのレビューと評価

シルバーの配色を基調としたシンプルな外付けグラフィックボード。

デザインの主張が激しくないので、インテリアを邪魔しません。

317mm×107mmまでのグラフィックボードを搭載可能です。

400W SFX電源に加え、補助電源コネクタ(8ピン×2まで)に対応。

より多くの種類のグラフィックボードをカバーできます。

こんな方におすすめ
全ての方におすすめ!

Dell ALIENWARE ゲーミングノートパソコン用 グラフィックボード外部拡張外付けボックス


Dell ALIENWARE ゲーミングノートパソコン用 グラフィックボード外部拡張外付けボックスの仕様・製品情報

サイズ 41 x 18.5 x 17.3 cm
重さ 5.34 Kg
GPUブランド Alienware Graphics Amplifier
容量

Dell ALIENWARE ゲーミングノートパソコン用 グラフィックボード外部拡張外付けボックスのおすすめポイント3つ

  • ゲーミングブランドAlienware製
  • 専用ケーブルで接続
  • AlienFX対応

Dell ALIENWARE ゲーミングノートパソコン用 グラフィックボード外部拡張外付けボックスのレビューと評価

DELLのゲーミングブランドAienwareから販売されている外付けグラフォックボード。

グラフィックボードは別売です。

Thunderbolt3ではなく、専用のケーブルを用いて接続します。

AlienFXに対応。

点灯するヘッドロゴのLEDカラーを変更したり、ゲームの動きに合わせると言ったカスタマイズが可能です。

こんな方におすすめ
Alienwareのデザイン性を重視したい方

Sonnet Technologies GPU-350W-TB3Z eGFX BreakawayBox


Sonnet Technologies GPU-350W-TB3Z eGFX BreakawayBoxの仕様・製品情報

サイズ 21 x 37 x 25 cm
重さ 3.2 Kg
GPUブランド
容量

Sonnet Technologies GPU-350W-TB3Z eGFX BreakawayBoxのおすすめポイント3つ

  • Windows・Mac対応
  • Thunderbolt3対応
  • フルレングス、シングルユニットのグラフィックボードに対応

Sonnet Technologies GPU-350W-TB3Z eGFX BreakawayBoxのレビューと評価

シンプルなブラック筐体の外付けグラフィックボード。

Windows・Mac両対応となっています。

PCとはThunderbolt3で接続。

Thunderbollt3はUSB Type−Cの差込口に対応していますが、「TypeC搭載=Thunderbolt対応」ではないので、導入の際は自身の環境がThundeerbolt3に対応しているか確認するようにしましょう。

こんな方におすすめ
全ての方全ての方

【国内正規品】 OWC Mercury Helios FX(OWC マーキュリー ヘリオス FX)eGPU


【国内正規品】 OWC Mercury Helios FX(OWC マーキュリー ヘリオス FX)eGPUの仕様・製品情報

サイズ 43 x 29 x 27.5 cm
重さ 3.22 kg
GPUブランド
容量

【国内正規品】 OWC Mercury Helios FX(OWC マーキュリー ヘリオス FX)eGPUのおすすめポイント3つ

  • 堅牢な電源を搭載し、PC充電が可能
  • 多くのグラフィックボードをサポート
  • メッシュ構造で優れたエアフロー

【国内正規品】 OWC Mercury Helios FX(OWC マーキュリー ヘリオス FX)eGPUのレビューと評価

ノートPCのグラフィック性能を高め、パワフルな作業を可能にできる商品。

電源を搭載し、ノートPCの充電も可能です。

AMD及びNVIDIA の多くのグラフィックボードをサポートしています。

メッシュ構造を全面、側面、背面に採用しエアフローに優れ、高価なグラフィックボードを熱から守ります。

こんな方におすすめ
大型のグラフィックボードを搭載したい方

Sonnet Technologies GPU-650WOC-TB3 eGFX BreakawayBox 650


Sonnet Technologies GPU-650WOC-TB3 eGFX BreakawayBox 650の仕様・製品情報

サイズ 45 x 30 x 31 cm
重さ 3.4 Kg
GPUブランド
容量

Sonnet Technologies GPU-650WOC-TB3 eGFX BreakawayBox 650のおすすめポイント3つ

  • 幅広い種類のグラフィックボードに対応
  • Mac互換性あり
  • 650W電源搭載

Sonnet Technologies GPU-650WOC-TB3 eGFX BreakawayBox 650のレビューと評価

スタンダードな外付けグラフィックボード。

最大312mm×160mmのグラフィックボードに対応。多くのモデルを増設用として生かせます。

Macへの互換性もあり、全てのAMD製グラフィックボードをサポート。

650Wの電源を備え、ノートパソコンに最大87Wの電力供給が可能です。

こんな方におすすめ
全ての方

SAPPHIRE GEARBOX TW/JP (EXT. GRAPHICS SOLUTION BOX)


SAPPHIRE GEARBOX TW/JP (EXT. GRAPHICS SOLUTION BOX)の仕様・製品情報

サイズ 36.6 x 28.8 x 26.2 cm
重さ 4.8 Kg
GPUブランド
容量

SAPPHIRE GEARBOX TW/JP (EXT. GRAPHICS SOLUTION BOX)のおすすめポイント3つ

  • Mac用外付けグラフィックボード
  • 500Wの内蔵電源
  • シンプルな筐体デザイン

SAPPHIRE GEARBOX TW/JP (EXT. GRAPHICS SOLUTION BOX)のレビューと評価

SAPPHIREより販売、Mac用の外付けグラフィックボードです。

500Wの内蔵電源を備え、シングル/ダブルスロット幅、フルレングス長までのグラフィックボードに対応します。

シルバーを基調とした筐体デザインで、Macの洗練されたデザインによく馴染みます。

こんな方におすすめ
Macのグラフィック性能を向上させたい方

合わせて読みたい!

フルタワーPCケース

【2020年最新】かっこいいフルタワーPCケースはこれだ!人気おすすめ10選と選び方も解説

2019年8月23日
電源ユニット

【2020年決定版】電源ユニットの選び方と人気おすすめ9選!価格帯についても解説

2020年7月7日
CPUクーラー

【2020年最新】CPUクーラー最強おすすめ10選を紹介!価格帯から選び方まで徹底解説

2020年5月15日
cpuグリス

CPUグリス最強おすすめ10選!価格帯やタイプについて徹底解説

2020年3月15日

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ノートパソコンにおすすめの外付けグラフィックボードを10選紹介していきました。

外付けグラフィックボードの基本情報について解説したので、初めて購入する方でも外付けグラフィックボードについて理解できたと思います。

また、外付けグラフィックボードの選び方なども解説したので、ぜひこの記事を参考に自分にぴったりな外付けグラフィックボードを見つけてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です