【2020年最新】かっこいいフルタワーPCケースはこれだ!人気おすすめ10選と選び方も解説

フルタワーPCケース

ハイエンドなPCを組むために欠かせないのがフルタワーPCケース。

しかしさまざまなメーカーから色々な種類のフルタワーケースが販売されており、どのような製品を選べば良いかわからなくなってしまいますよね。

そこでこの記事ではフルタワーPCケースの選び方や2020年最新のおすすめフルタワーPCケースを紹介していきます。

価格帯についても解説していくので、フルタワーPCケースを購入しようとしている方はぜひこの記事を参考にしてみてください。

おすすめのフルタワーケースのみを知りたい方はこちらをクリック!

フルタワーPCケースの基本情報

ここではフルタワーPCケースの基本情報について、以下の項目に沿って解説していきます。

フルタワーPCケースを初めて購入する方はぜひ参考にしてみてください。

  • フルタワーサイズの特徴
  • フルタワーPCケースの価格帯
  • フルタワーPCケースはこんな方におすすめ!

フルタワーサイズの特徴

フルタワーPCケース出典:amazon.co.jp
PCケースはその大きさの違いによって大きく3種類に分けられます。

拡張性が高く、カスタマイズの幅が広いフルタワー型、拡張性を犠牲にする代わりにコンパクトなサイズを実現するミニタワー型、その2種の中間的な立ち位置であるミドルタワー型です。

本記事で紹介するフルタワー型のPCケースは何より高いカスタマイズ性が特徴です。

PCパーツは高性能になればなるほど大きいサイズになる傾向があり、小さいケースでは搭載ができないパーツも多く存在します。

高い拡張性によって無限に近い選択肢から自由にパソコンを自作できるのが、フルタワーケースの魅力と言えるでしょう。

フルタワーPCケースの価格帯

価格

フルタワーケースの価格帯ですが、安価なもので2,000〜3,000円程度、高価なものになると50,000〜と非常に幅広くなっています。

高価なものになればなるほど発光などのデザイン性が増していったり、拡張性や細かい機能が搭載されていく傾向にあります。

PCケースは自作PCの方向性をある程度決定する重要なパーツですので、自分の作りたいPCに見合う性能を持った上でコストパフォーマンスの高いものを検討すると良いでしょう。

フルタワーPCケースはこんな方におすすめ!

おすすめポイント

上記の通り、高い拡張性を生かしたハイエンドなPCを自作したいと考えている方におすすめのPCケースがフルタワーケースです。

拡張性によるサイズの肥大化、つまりはPCの置き場所への制約が生まれることなどがデメリットとして挙げられるケースでもあるので、自室に大きなケースを置く空間的余裕無い場合はミドルタワーやミニタワーも視野に入れてケース選びを行うと良いでしょう。

フルタワーPCケースの選び方

ここではフルタワーPCケースの選び方を解説していきます。

フルタワーPCケースを購入する際は以下の選び方を参考にしてみてください。

  • 設計志向で選ぼう!
  • 付随機能の有無で選ぼう!
  • デザインで選ぼう!

設計志向で選ぼう!

設計志向で選ぶ

PCケースはその商品ごとにコンセプトが異なっている場合があります。

例えばメッシュ構造を多用する事で高いエアフローを確保する冷却機能重視のものや、内部に防音用のラバー等が装備されている静音重視のモデルなど、重視されている機能が商品によって異なるのです。

自分がどういった用途のPCを作りたいのか、そのためにはどういった傾向のパーツが搭載されるのかを検討した上で、コンセプトに合ったケースを選びましょう。

付随機能の有無で選ぼう!

フルタワーPCケース 選び方出典:amazon.co.jp

PCケースにはパーツを固定して外部から守るという基本的な機能がありますが、プラスアルファの付随機能が搭載されている場合があります。

例えば最初から大型の冷却ファンが搭載されていたり、SSD組み込み用の2.5インチベイが用意されている、等が挙げられます。

その他にもカスタマイズ性を高める機能など機種ごとに細かい違いがある部分なので、しっかりと確認しながら商品を選びましょう。

デザインで選ぼう!

フルタワーケース デザイン出典:amazon.co.jp

PCケースはPC本体の見た目そのものであり、もっともデザインによる個性が出やすいパーツです。

中でもフルタワーケースはデザインの幅が広く、豊富な種類の見た目のケースが販売されています。

好きな見た目のPCが自室にあるだけでテンションが上がりますし、PC自体への愛着も増すものです。

実は性能と同じくらい重要なのがデザインです。

妥協せず好みのものを選びましょう。

この記事と合わせて読みたい関連記事が気になる方はこちらをクリック!

2020年最新フルタワーPCケース人気おすすめ10選!

ここでは2020年最新の人気おすすめフルタワーケースを10選紹介していきます。

さまざまなタイプにフルタワーPCケースを紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

Fractal Design Define R5 Black Pearl PCケース


Fractal Design Define R5 Black Pearl PCケースのおすすめポイント3つ

  • シンプルなフロントデザイン
  • 14cmの大型ファン搭載
  • 3色のカラーバリエーション

Fractal Design Define R5 Black Pearl PCケースのレビューと評価

フラットな全面部分から落ち着いた雰囲気が漂うPCケース。

フロントやサイドパネル部分に吸音材を装備しており、静音性を高める事ができる点もポイントです。

14cmの大型ファンを搭載しており、冷却性能も高くなっています。

ブラックの他にホワイト・シルバーのカラーバリエーションもあり、標準的な機能を備えた万能ケースと言えるでしょう。

こんな方におすすめ
オールラウンド!さまざまな方におすすめ!

Thermaltake VIEW 71 TG フルタワー型PCケース


Thermaltake VIEW 71 TG フルタワー型PCケースのおすすめポイント3つ

  • ガラスパネルによる高いデザイン性
  • 取り外し可能なドライブベイ
  • グラボ垂直配置用のブラケット

Thermaltake VIEW 71 TG フルタワー型PCケースのレビューと評価

4面に強化ガラスパネルを備え、内部パーツのデザイン性を生かせるPCケース。

大型のグラフィックボードが干渉しない様に、ドライブベイは取り外し可能になっています。

グラフィックボードの垂直配置を助けるブラケットも用意されており、デザイン性の高いグラフィックボードの見せ方の幅が更に広がります。

こんな方におすすめ
かっこよさを重視したい方におすすめ!

COUGAR フルタワーPCケース PANZER MAX E-ATXまで対応


COUGAR フルタワーPCケース PANZER MAX E-ATXまで対応のおすすめポイント3つ

  • 豊富なフォームファクタに対応
  • 豊富な空冷・水冷をサポート
  • 取り外し可能なメッシュパネル

COUGAR フルタワーPCケース PANZER MAX E-ATXまで対応のレビューと評価

正方形に近いミリタリースタイルのPCケース。

Mini-ITX, MicroATX, ATX, CEB, L-ATX, E-ATXのフォームファクタに対応しており、思い通りの自作PC作りに貢献してくれます。

豊富な空冷・水冷をサポートするマウントスペースが確保されており、冷却に困ってパーツの選択肢を絞る必要がありません。

全面・天板のメッシュパネルはワンタッチで着脱可能。

ケースを開閉せずに簡単なメンテナンスが行えます。

こんな方におすすめ
より高い拡張性を求める方におすすめ!

Corsair Graphite 780T Black version E-ATX規格対応


Corsair Graphite 780T Black version E-ATX規格対応のおすすめポイント3つ

  • E−ATXに対応したプレミアムフルタワーPCケース
  • ファンコントロールスイッチで回転数調節
  • 360mmラジエーターを2個サポート

Corsair Graphite 780T Black version E-ATX規格対応のレビューと評価

CorsairのフルタワーPCケース。

E−ATXのフォームファクタに対応します。

フロントに14cmのLEDファンを2基、リア部分に1基を標準搭載。ファンの回転数を3段階に調節可能なファンコントロールスイッチも搭載されています。

CPUクーラーに関しては360mmラジエーターを2基サポート。

充実の冷却設備を搭載できます。

こんな方におすすめ
冷却機能を重視したい方におすすめ!

Deepcool GAMER STORM QUADSTELLAR フルタワー型


Deepcool GAMER STORM QUADSTELLAR フルタワー型のおすすめポイント3つ

  • 圧倒的な個性を放つデザイン
  • E-ATX、ATX、microATX、Mini-ITXフォームファクタに対応
  • 360mmまでのラジエータをサポート

Deepcool GAMER STORM QUADSTELLAR フルタワー型のレビューと評価

奇抜なデザインで異彩を放つ、個性的なPCケース。

6角形を4つ繋ぎ合わせた様なデザインで、サイズもかなり大型のケースになります。

ケースが大型なので拡張性は高く、E-ATX、ATX、microATX、Mini-ITXフォームファクタに対応します。

CPUクーラーも360mmまでのラジエーターをサポート。

高い拡張性で理想の自作PCを実現できます。

こんな方におすすめ
目立つデザインのPCケースを求める方におすすめ!

Cooler Master Cosmos C700M フルタワー型PCケース


Cooler Master Cosmos C700M フルタワー型PCケースのおすすめポイント3つ

  • 曲面を多用した筐体デザイン
  • 内部パーツのデザインを生かせる強化ガラスパネル
  • グラフィックボードを自由な角度で固定可能

Cooler Master Cosmos C700M フルタワー型PCケースのレビューと評価

引き続き筐体デザインが特徴的なPCケースのご紹介。

全体的に曲線、曲面を多用したデザインとなっており、ケースに搭載されているRGBライトも相まって近未来感を演出しています。

側面には強化ガラスパネルを搭載。内部パーツのデザインを見た目に反映させる事ができます。

グラフィックボードを自由な角度で設置する機能も搭載されており、お気に入りのパーツを見て楽しめるPCケースと言えるでしょう。

こんな方におすすめ
内部パーツのデザインを生かしたい方におすすめ!

Thermaltake TT Premium The Tower 900 フルタワーPCケース


Thermaltake TT Premium The Tower 900 フルタワーPCケースのおすすめポイント3つ

  • ショーケースの様な独特なデザイン
  • ケース本体をDIY可能
  • デュアルループ水冷システムを構築可能

Thermaltake TT Premium The Tower 900 フルタワーPCケースのレビューと評価

こちらもかなり異質なPCケースの紹介です。

全面および側面を強化ガラスで覆ったショーケースのようなデザインで、内部構造を見せる事に特化したデザインをしています。

更にこのPCケースは本体をDIYする事ができ、より自由自在に自分が求める機能を搭載したPCケースにして使う事が可能です。

冷却システムに関しても両側面に560mmの水冷ラジエータを備えるデュアルループ水冷システムを構築する事が可能で、高い冷却性能を確保できます。

こんな方におすすめ
内部パーツのデザインを重視したい方におすすめ!

Thermaltake 設立20周年記念モデル LEVEL 20 GT RGB Plus


Thermaltake 設立20周年記念モデル LEVEL 20 GT RGB Plusのおすすめポイント3つ

  • Thermaltake20周年記念モデル
  • 5mm厚の強化ガラスパネルを4面に搭載
  • カスタマイズ可能なRBGファン

Thermaltake 設立20周年記念モデル LEVEL 20 GT RGB Plusのレビューと評価

PCケースでお馴染みのThermaltake。
その20周年記念に制作されたシリーズ「LEVEl 20」シリーズの商品です。

5mm厚の強化ガラスパネルを4面に搭載した、内部パーツデザインを生かす設計になっています。

カスタマイズ可能なRBGファンをフロントに2基、リアに1基搭載。

スタンダードながらデザイン性は高く、拡張性にも優れた王道を行くフルタワーケースです。

こんな方におすすめ
BTO初心者におすすめ!

Cooler Master Trooper SE フルタワー型PCケース


Cooler Master Trooper SE フルタワー型PCケースのおすすめポイント3つ

  • 強化ガラスを備えたスタンダードなデザイン
  • 2.5インチドライブに対応するホットスワップベイ
  • LEDインジゲーターを備えたファンコントローラー

Cooler Master Trooper SE フルタワー型PCケースのレビューと評価

こちらは背面に強化ガラスを備えたスタンダードなデザインのPCケース。

2.5インチベイに対応したホットスワップベイを搭載し、SSDの組み込みをスムーズに行えます。

インターフェースはケース上部に集中しています。

LEDインジゲーターを備えたファンコントローラーが用意されており、より自由度の高い設計が行えます。

こんな方におすすめ
高い拡張性を求める方におすすめ!

Sharkoon ELITE SHARKシリーズ SSI-EEB対応ハイエンドゲーミングフルタワー前面強化ガラスモデル


Sharkoon ELITE SHARKシリーズ SSI-EEB対応ハイエンドゲーミングフルタワー前面強化ガラスモデルのおすすめポイント3つ

  • ストリップ・強化パネルによる洗練されたデザイン
  • 高い拡張性・エアフロー
  • SSI−EEBまでのマザーボードを搭載可能

Sharkoon ELITE SHARKシリーズ SSI-EEB対応ハイエンドゲーミングフルタワー前面強化ガラスモデルのレビューと評価

Sharkoonより販売のPCケース。

全面に2本のストリップを備え、更にそれを引き立たせる全面の強化パネルによって遊び心がありながら洗練された印象のデザインとなっています。

フルタワーらしく高い拡張性を備え、マザーボードはSSI−EEBまでを搭載可能。

最大7基のファンが搭載可能となっており、エアフローもしっかり確保する事が可能です。

こんな方におすすめ
初めてのBTOにおすすめ!

合わせて読みたい!

グラフィックボード 安い おすすめ

コスパ最強の安いグラボ人気おすすめ10選!気にしておきたい性能や注意点も解説

2019年6月18日
cpuグリス

CPUグリス最強おすすめ10選!価格帯やタイプについて徹底解説

2020年3月15日
HDD ノートパソコン

HDDノートパソコン人気おすすめ10選!SSD両搭載ノートPCも紹介

2020年1月24日
ssd ノートパソコン

SSD搭載ノートパソコン人気おすすめ10選!HDD両搭載もおすすめ

2020年1月24日

まとめ

いかがでしたでしょうか?

2020年最新の人気おすすめフルタワーPCケースや選び方を紹介しました。

価格帯について解説もしたので、どのような価格のフルタワーケースを購入すれば良いのか、理解できたと思います。

そのため、ぜひこの記事を参考に自分にぴったりなフルタワーケースを見つけてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です