モバイルバッテリーの飛行機持ち込みは可能!持ち込みの制約や注意点、おすすめモバイルバッテリーを徹底解説

モバイルバッテリー 飛行機

結論から言うとモバイルバッテリーは飛行機への持ち込みが可能です。

しかし、いくつか注意点や制約があります。

そこでこの記事ではモバイルバッテリーを飛行機に持ち組む際の注意点や制約、また機内に持ち込めるおすすめのモバイルばテリーなどを紹介していきます。

海外旅行におすすめの大容量バッテリーも紹介するので、モバイルバッテリーの飛行機持ち込みについて知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

モバイルバッテリーの種類による制約

モバイルバッテリーには以下の2つの種類があります。

それぞれによって持ち込みや預け入れに関する制約が異なっているため、ここでは2つの種類の機内持ち込みについて解説していきます。

  • 電池タイプ
  • 充電タイプ

電池タイプ

電池タイプ

乾電池やニッケル水素電池、ニカド電池で充電をするタイプのモバイルバッテリー。

電池がなくなってしまうと新しい乾電池を購入しなければならないため、正直旅行には不向きです。

しかし、電池タイプに使用される乾電池やニッケル水素電池は飛行機への持ち込み、預け入れどちらも可能であるため、旅行に便利な部分もあります。

充電タイプ

モバイルバッテリー出典:amazon.co.jp

繰り返しの使用におすすめな充電タイプはリチウムイオン電池を使用します。

リチウムイオン電池は預け入れが不可能で、機内への持ち込みも制限があります。

その制限は航空会社によって異なり、基準となる要素はモバイルバッテリーの容量になります。

次では航空会社別にモバイルバッテリーの持ち込み可能容量について解説していくので、利用しようとしている航空会社の項目をチェックしてみてください。

航空会社のモバイルバッテリーの容量に関する制約

先日した通り、バッテリータイプのモバイルバッテリーの機内持ち込みは可能ですが、航空会社によって持ち込み可能なモバイルバッテリーの容量が異なります。

そこでここでは航空会社ごとに持ち込み可能なモバイルバッテリー(リチウムイオン電池)の容量についてを解説していきます。

国内線

機内でのバッテリー使用

まずは以下の国内線の容量制限について表にまとめました。

  • ANA(全日本空輸)
  • JAL(日本航空)
  • ソラシドエア
  • スターフライヤー
  • AIRDO
  • バニラエア
  • ピーチ
  • ジェットスタージャパン
  • スカイマーク

補足説明もあるため、気になる航空会社の補足説明もチェックしてみてください。

航空会社 容量制限
ANA(全日本空輸) 160Wh以下
JAL(日本航空) 160Wh以下
ソラシドエア 160Wh以下
スターフライヤー 160Wh以下
AIRDO 160Wh以下
バニラエア 160Wh以下
ピーチ 160Wh以下
ジェットスタージャパン 160Wh以下
スカイマーク 160Wh以下

ANA(全日本空輸)

モバイルバッテリーの機内持ち込み可能な個数については以下を参照してください。

容量 個数(一人当たり) 機内持ち込み 預け入れ
100Wh以下 制限なし ×
航空会社 2個以下 ×

参考:ana.co.jp

JAL(日本航空)

モバイルバッテリーのリチウムイオン電池が2g〜8gかつ、容量が100Wh〜160Whの場合は2個まで機内持ち込みが可能です。
※国際線も同様。

参考:jal.co.jp

ソラシドエア

パソコンやゲーム機など、リチウム電池内臓の製品を機内に持ち込む場合は完全に電源を切る必要があります。

参考:solaseedair.jp

スターフライヤー

パソコンやゲーム機など、リチウム電池内臓の製品を機内に持ち込む場合は完全に電源を切る必要があります。

参考:starflyer.jp

AIRDO

リチウムイオン電池の取り外しが可能で、電池を機内持ち込みにする場合は預け入れが可能です。

参考:airdo.jp

バニラエア

預け入れの際は電池が外し、電池は機内に持ち込みにする必要があります。

参考:vanilla-air.com

ピーチ

容量が100Wh〜160Whの場合は2個まで機内持ち込みが可能です。

参考:flypeach.com

ジェットスタージャパン

容量が100Wh〜160Whの場合は2個まで機内持ち込みが可能です。

参考:jetstar.com

スカイマーク

容量が100Wh〜160Whの場合は2個まで機内持ち込みが可能です。

参考:skymark.co.jp

国際線

国際線

次に国際線です。

  • 大韓航空
  • チャイナエアライン
  • シンガポール空港
  • エアアジア
  • ジェットスター
  • ユナイテッド航空
  • ハワイアン航空
  • エールフランス

ここでも上記のそれぞれの航空会社の補足説明を解説しているので、そちらも参考にしてみてください。

航空会社 容量制限
大韓航空 160Wh以下
チャイナエアライン 160Wh以下
シンガポール空港 160Wh以下
エアアジア 160Wh以下
ジェットスター 160Wh以下
ユナイテッド航空 160Wh以下
ハワイアン航空 160Wh以下
エールフランス 160Wh以下

大韓航空

容量が100Wh〜160Whであれば2個まで機内持ち込みが可能です。

参考:koreanair.com

チャイナエアライン

容量が101Wh〜160Whの場合は航空会社の許可が必要です。

参考:china-airlines.com

シンガポール空港

容量が100Wh〜160Whであれば2個まで持ち込み可能です。

参考:singaporeair.com

エアアジア

1人2つまで持ち込み可能です。

参考:airasia.com

ジェットスター

個人利用に限り、1人20個まで持ち込みが可能です。

参考:jetstar.com

ユナイテッド航空

容量が100Wh〜160Whであれば2個まで持ち込み可能です。

参考:united.com

ハワイアン航空

容量が100Wh〜160Whであれば2個まで持ち込み可能です。

また、持ち込みの際はコインや鍵、アクセサリーなどの金属から遠ざけて保管する必要があります。

参考:hawaiianair-jp.custhelp.com

エールフランス

容量が100Wh〜160Whであれば2個まで持ち込み可能です。

参考:airfrance.co.jp

モバイルバッテリーを預けてしまうとどうなる?

疑問

モバイルバッテリーを預け入れ荷物の中に入れてしまうと、保安検査で持ち込みを禁止されてしまいます。

時間ギリギリで預け入れ荷物の手続きをを行うと、出発時間に遅れてしまうということもあるため、モバイルバッテリーはあらかじめ機内持ち込み用の手荷物に入れておくようにしましょう。

機内でのモバイルバッテリーの使用は可能?

国内線出典:amazon.co.jp

機内への持ち込みが可能なモバイルバッテリーであれば機内でのモバイルバッテリーの使用は可能です。

また、飛行機によってはコンセントがついている飛行機もあるため、スマホなどを充電したい方はコンセントから充電することをおすすめします。

機内に持ち込めるモバイルバッテリー人気おすすめベスト3!

ここでは機内に持ち込めるモバイルバッテリー人気ベスト3を、3位〜1位の順番で紹介していきます。

またモバイルバッテリーの多くはWhではなく、mAhで表記されています。

ここでは機内に持ち込めるモバイルバッテリーであることを前提に紹介していきますが、Amazonで自分に合ったモバイルバッテリーを探したいという方や現在自分が持っているモバイルバッテリーが飛行機に持込むことができるか調べたい方は以下を参考にしてみてください。

  • 100Wh:27027mAh
  • 160Wh:43243mAh

    3位:Anker PowerCore Fusion 5000


    Anker PowerCore Fusion 5000の仕様・製品情報

    サイズ 7 x 7.2 x 3.1 cm
    重さ 191 g
    容量 5000mAh
    対応機器 iPhone、iPad、Android
    展開色 ブラック、ホワイト、レッド

    Anker PowerCore Fusion 5000のおすすめポイント3つ

    • 1台で2役こなす!
    • 急速充電!
    • 18ヶ月の保証付き!

    Anker PowerCore Fusion 5000のレビューと評価

    安くて性能の高い製品で有名なAnkerから販売されているモバイルバッテリーです。

    容量は5,000mAhと、突発して多いというわけではないのですが、iPhone8で約2回、Xperia XZs、Galaxy S8で1回の充電をすることが可能です。

    また、この1台でUSB対応急速充電器とモバイルバッテリーの2つの機能を持っており、旅行にはもってこいと言えるでしょう。

    互換性も高く、さまざまな機器に使用することが可能です。

    こんな方におすすめ
    出張や旅行が多い方におすすめ!

    2位:モバイルバッテリー 25000mAh


    モバイルバッテリー 25000mAhの仕様・製品情報

    サイズ 18 x 11 x 3 cm
    重さ 422 g
    容量 25,000mAh
    対応機器 iPhone、iPad 、Android、カメラ、ゲーム機など
    展開色 ブラック

    モバイルバッテリー 25000mAhのおすすめポイント3つ

    • 大容量モデル!
    • 2つの入力ポートと3つの出力ポート!
    • LEDランプ搭載!

    モバイルバッテリー 25000mAhのレビューと評価

    25,000mAhと、大容量タイプのコスパ最強のモバイルバッテリーです。

    USB出力ポートが3つあるため、一気に複数のデバイスに電力を供給することができます。

    またバッテリーの残量を数字で確認することができ、バッテリー本体の充電のタイミングも非常にわかりやすいです。

    さらに2年間の保証期間がついているのもうれしいポイントです。

    こんな方におすすめ
    安くて大容量のモバイルバッテリーが欲しい方におすすめ!

    1位:Anker PowerCore 10000


    Anker PowerCore 10000の仕様・製品情報

    サイズ 6 x 9.2 x 2.2 cm
    重さ 181 g
    容量 10,000mAh
    対応機器 iPhone、Android
    展開色 ブラック、ブルー、ホワイト、レッド

    Anker PowerCore 10000のおすすめポイント3つ

    • 世界最小&最軽量クラス!
    • 急速充電!
    • 高い保護システムで安全に使える!

    Anker PowerCore 10000のレビューと評価

    こちらもAnkerから販売されているモバイルバッテリーです。

    10,000mAhと、こちらも大容量タイプで、iPhone 11 / 11 Proに約2回、iPhone XS / Xに約3回、Galaxy S10に2回以上、iPad Pro (2018, 11インチ)に約1回、その他ほとんどのスマートフォンに複数回の充電ができます。

    さらにフルスピード充電技術を採用しており、通常のモバイルバッテリーよりも早い充電が可能です。

    また軽量タイプでサイズも小さいため、荷物が多くなる旅行におすすめのモバイルバッテリーとなっております。

    18ヶ月の保証もついております。

    こんな方におすすめ
    小さくて軽量、大容量タイプのモバイルバッテリーが欲しい方におすすめ!

    海外旅行には大容量モバイルバッテリーがおすすめ!

    海外旅行は機内で過ごす時間が長くなることもあり、携帯を使うことも多くなるでしょう。

    そこで役に立つのが大容量モバイルバッテリー。

    ここでは海外旅行におすすめの大容量モバイルバッテリーを紹介します。

    Anker PowerCore 20100


    Anker PowerCore 20100の仕様・製品情報

    サイズ 16.6 x 5.8 x 2.2 cm
    重さ 354 g
    容量 20,100mAh
    対応機器 iPhone、Android
    展開色 ブラック、ブルー、ホワイト

    Anker PowerCore 20100のおすすめポイント3つ

    • 大容量モバイルバッテリー!
    • 高級感あるマット仕上げ!
    • 18ヶ月の保証付き!

    Anker PowerCore 20100のレビューと評価

    こちらもAnkerから販売されているモバイルバッテリーで、海外旅行にうれしい20,100mAhの大容量となっております。

    iPhone 11 Proに約4回以上、Galaxy S9に約5回、iPad Pro (2018, 11インチ)に約2回の充電が可能です。

    コンパクトサイズ、軽量モデルとなっているため、やはり持ち運びに便利で、海外旅行におすすめです。

    またデザインはマット仕上げになっており、高級感あふれる仕上がりになっております。

    18ヶ月の保証期間付きと、購入後も安心です。

    こんな方におすすめ
    よく海外旅行に出かける方におすすめ!

    合わせて読みたい!

    中華タブレット

    【2020年最新】中華タブレット人気おすすめランキング10!ハイスペックモデルから普段使いまで

    2019年7月21日
    中華スマホ

    2020年最新中華スマホ人気おすすめ10選!危険性についても解説

    2019年10月21日
    中華ノートPC

    2020年最新人気おすすめ中華ノートPC10選!ハイスペックノートPCも紹介

    2019年10月21日
    中華スマートウォッチ

    中華スマートウォッチ人気おすすめ5選!重要度の高い機能性を徹底解説

    2019年10月16日

    まとめ

    いかがでしたでしょうか?

    モバイルバッテリーの飛行機持ち込みの制約や注意点を航空会社別に解説していきました。

    国内線、国際線両方の航空会社ごとに解説したので、参考になったと思います。

    また、機内に持ち込めるおすすめのモバイルバッテリーも紹介したので、ぜひこの記事を参考に、自分に合ったモバイルバッテリーを見つけてみてください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です