PC型VRゴーグル 人気おすすめ10選!特徴や価格帯も徹底解説

vrゴーグル pc

ゴーグル一つで普段体験できない世界をよりリアルに体験することができるVRですが、どのようなVRゴーグルを購入すれば良いかわからない方も多いはず。

そこでこの記事ではPC型の人気おすすめVRゴーグルを紹介していきます。

PC型VRゴーグルの特徴や価格帯についても解説していくので、PC型VRゴーグルを購入しようとしている方はぜひ参考にしてみてください。

人気おすすめのPC型VRゴーグルのみを知りたい方はこちらをクリック!

まずはPC型VRゴーグルについて知ろう!

ここではPC型VRゴーグルの基本情報について解説していきます。

以下の項目に沿って解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

  • PC型VRゴーグルの特徴?
  • PC型VRゴーグルの価格帯
  • PC型VRゴーグルはこんな方におすすめ!

PC型VRゴーグルの特徴?

vrゴーグルの特徴出典:amazon.co.jp

PC型VRゴーグルのメリットといえば、他のタイプのVRゴーグルと比べて色んな性能が高いことです。

例えば、VRゲーム、VR動画などをプレイ、鑑賞する際の解像度が高いこと、ルームスケールVRが出来るものが多いこと、フルトラッキングでVR出来るものがあること等です。

また、デメリットもあります。

他のタイプのVRゴーグル(スマホ型VRゴーグルなど)と比べて接続がややこしい、価格が比較的高い、PCの性能がそこそこ必要、などです。

PC型VRゴーグルの価格帯

価格

PC型VRゴーグルは他のVRゴーグルより値段が高めです。

とはいえ、PC型VRゴーグルも種類が多くその価格帯もピンからキリまであります。

ここではその価格の差異で何がどう変わるのかを見ていきましょう。

価格が上がるほど主に、解像度、視野角、トラッキング性能などの基本的な部分の性能が比例して上がっていきます。

他にもハンドトラッキングやアイトラッキングができるようになったりなど、可能なことが増える傾向にあります。

初めてPC型VRゴーグルを購入する方で、特に理由がないならOculusRiftSが価格も安めで、解像度などの基本性能も高めで外部センサーの設置なども必要ないのでおすすめです。

PC型VRゴーグルはこんな方におすすめ!

おすすめポイント

屋内でしかVRを使用しない方や、PCの性能も良いしお金に余裕もある、とにかく最先端のVR技術、コンテンツに触れたい、楽しみたい方。

最新技術を追っていきたい、そんなガジェットオタクな人。

ゲームの世界に実際に入り込んでゲーム内のキャラと触れ合ったり敵を倒してみたり、そんな子供の頃からの夢を叶えたい人にもおすすめです。

また、スマホ型VRゴーグルに飽きてそれよりさらに高品質なVR体験をしてみたい方やVR機器の中でもプレイ人口が多いのでマルチゲームを楽しみたい人などにもおすすめです。

PC型VRゴーグル人気おすすめ10選!

OculusRiftS


OculusRiftSの仕様・製品情報

メーカー Oculus
重さ 499 g
解像度
付属品 ゴーグル、コントローラー

OculusRiftSのおすすめポイント3つ

  • 高性能
  • コストパフォーマンスが高い
  • 接続が楽

OculusRiftSのレビューと評価

本体のみでのトラッキング性能がかなり高いです。

外部センサーが無いために、わざわざ取付作業やそれに伴う接続作業などに時間を割かれることなく、簡単にVR体験が出来ます。

安かろう悪かろう、といったことなくトップレベルの性能でこの価格でこの製品を出せるのは驚きです。

OculusRiftの後継機の様な立ち位置ですが、Riftからの変更点で大きいのは眼鏡をかけたままでも違和感なくVR体験ができるようになったこと、センサーが完全に不要になったことでセットアップが手軽になったことです。

操作性に関しても公式からアップデートが繰り返されていて改善されているのもこの製品に力を入れているのが伝わって好印象です。

こんな方におすすめ
コストパフォーマンスが高く手軽にVR体験をしたい方。

OculusRift


OculusRiftの仕様・製品情報

メーカー Oculus
重さ
解像度
付属品 ゴーグル、コントローラー

OculusRiftのおすすめポイント3つ

  • 値段が安い
  • リフレッシュレートがOculusRiftSよりも高く、重量もこちらの方が軽い。
  • コントローラーに関して評価が高く、没入感が高い。

OculusRiftのレビューと評価

この価格でVR体験ができるのはとても良いです。

別途購入が必要ですが、外部センサーを1つ増やせば360度VR世界を見渡すことができます。

昔からあるため数多くのVRゲームに対応していることも魅力の一つです。

コントローラーに関しての評価が高いことが有名で、例えば、VR空間内にある物を掴むという動作が「実際にに自分が手でそれを掴んでいる」様な感覚になります。

また、ディスプレイの網目感もHTCVIVEと比べて少ないです。

こんな方におすすめ
安く済ませたい方。長時間VR体験をしたい方や、操作性を重視したい方におすすめです。

HTCVIVE


HTCVIVEの仕様・製品情報

メーカー HTC
重さ
解像度 2160×1200
付属品 ゴーグル、コントローラー、ベースステーション

HTCVIVEのおすすめポイント3つ

  • ルームスケールVR可能
  • 周辺機器が必要になりますがフルトラッキングが可能です。
  • トラッキング性能が高い。

HTCVIVEのレビューと評価

最初から外部センサーが付属しているため、接続は少し難しいですがルームスケールでのVR体験が可能です。

今まで夢見たゲームの世界に実際に入り込んでゲームをプレイできるという最高の体験ができます。

別売りの周辺機器が必要になりますがフルトラッキングでのVR体験が可能、無線化することでコードレスでのVR体験も可能というのも魅力。

フルトラッキングになることでよりVR空間内におけるリアリティが増し、無線化することでプレイ中にコードが絡まることなどを心配せずにVR体験ができます。

このようにやれることは他VRゴーグルと比べ多いですが、周辺機器があることが前提なため、少し使い方は上級者向けかもしれません。

こんな方におすすめ
VR空間内における現実の動きを正確に、より多くの情報を反映させてVRをプレイしたい方。VR、ゲーム内を自由に歩き回りたい方におすすめです。

Dell Visor with Controllers VRP100


Dell Visor with Controllers VRP100の仕様・製品情報

メーカー Dell
重さ 590 g
解像度 1,440×1,440
付属品 ゴーグル、コントローラー

Dell Visor with Controllers VRP100のおすすめポイント3つ

  • 外部センサー不要。
  • 装着、着脱が容易。
  • PC性能をあまり気にしなくていい。

Dell Visor with Controllers VRP100のレビューと評価

PC型VRゴーグルといえばPCの性能がそれなりに高くないと満足のいくVR体験ができないイメージがあります。

こちらの製品はWindowsMR対応VRゴーグルのためPC性能にあまり気を使わなくてもVR体験ができることが魅力です。

外部センサーがない代わりにVRゴーグル本体に各種センサーがありそれらでトラッキングをとっているため外部センサー取付作業などがいらず接続も比較的簡単です。

着脱に関して、一言でいうとPSVRと似たようなものになります。

ヘッドバンドにあるダイヤルで頭の締め付け具合を個人に合わせて調節できます。

また、VRプレイ中に「ゴーグルを外してちょっと周りを見たいな」と思ったときはVRゴーグルだけを上に跳ね上げることが可能なので使用感も抜群です。

こんな方におすすめ
PC性能を気にせずVR体験をしたい方。装着感を重視したい方におすすめです。

HTCVIVEPro


HTCVIVEProの仕様・製品情報

メーカー HTC
重さ
解像度 2,880×1,600
付属品 ゴーグル、コントローラー、ベースステーション

HTCVIVEProのおすすめポイント3つ

  • 解像度の高さ。
  • トラッキング性能がトップレベル。
  • ルームスケールVRできる範囲がかなり広い。

HTCVIVEProのレビューと評価

解像度、リフレッシュレートともにOculusRiftSよりも高いのでグラフィックがとても綺麗で、ゲーム内の文字が目を細めることなく読めるほどです。

知識が必要になりますがハンドトラッキングにも対応しており、よりVR空間内でのリアリティが増しています。

コントローラや外部センサーを一新していてトラッキング性能が高くなっています。

VRプレイ中の同期ズレが気になっていた方におすすめです。

こんな方におすすめ
広い環境でVRをプレイしたい方。トラッキング性能にこだわりたい方や、お金を気にせず最先端のVR体験をしたい方におすすめです。

WindowsMixedReality


WindowsMixedRealityの仕様・製品情報

メーカー 日本エイサー
重さ 440g
解像度 2,880×1,440
付属品 ゴーグル、モーションコントローラー×2、保証書

WindowsMixedRealityのおすすめポイント3つ

  • 外部センサーなしでVR体験をしたい方。
  • ゲーミングPCなどの高性能PCは持っていないがPCVRをしたい方。
  • 取り合えずVR体験をしたい方。

WindowsMixedRealityのレビューと評価

WindowsMR製品の特長として、PC性能が高くなくてもVR体験が可能という点です。

PC型VRゴーグルを満足に使うためにPCのパーツを購入、取り換えなどの手順を踏まなくともVR体験できる可能性が高いです。

外部センサーいらずなのでセットアップまでが簡単です。

センサーの置き場、接続を考慮しなくていい点、PC性能をあまり気にしなくていい点、値段も比較的安いためPC型VRゴーグルの入門としてはいいでしょう。

こんな方におすすめ
PCに対する必要最低スペックが他PCVR機器と比べて、比較的低いのでPCを新調せずいますぐVR体験をしたい方におすすめです。PCの性能を上げればSteamVRなどのVRゲーム等をより快適に体験することができます。

Pimax5KPlusVR


Pimax5KPlusVRの仕様・製品情報

メーカー Pimax
重さ 472 g
解像度 2560×1440
付属品 ゴーグル

Pimax5KPlusVRのおすすめポイント3つ

  • 現状トップレベルの解像度。
  • 有効視野角もトップレベル。
  • ルームスケールVRが可能。

Pimax5KPlusVRのレビューと評価

人間の水平視野角が約200度に対してこの製品の視野角は220度なので現実と同じレベルの見え方がVR空間内でも反映されることになります。

それに合わせて解像度はHTCVIVEProを上回ります。

同じVRゲームでもこの製品でプレイするのと他VRゴーグルでプレイするのとでは満足度が全然違うはずです。

このようにグラフィック面に関しては申し分ないですが、トラッキングを行うにあたり使用する外部センサーがHTCVIVE製品のセンサーを使うことを前提にしていたり、そのグラフィック性能を引き出すためにPC性能もハイレベルでないと満足にプレイできない可能性があるなど、使い方は難しい部類です。

こんな方におすすめ
解像度、視野角ともに高スペック、ルームスケールVRも可能という高スペックぶりです。VR空間内でより広い世界を見たい方や、とにかく解像度にこだわりたい方におすすです。

HTC VIVE Cosmos


HTC VIVE Cosmosの仕様・製品情報

メーカー HTC
重さ
解像度 2880×1700
付属品 ゴーグル、コントローラー

HTC VIVE Cosmosのおすすめポイント3つ

  • 高解像度。
  • 外部センサー不要。
  • HTCVIVEProより安い。

HTC VIVE Cosmosのレビューと評価

HTCVIVEProの後継機にあたり、それにふさわしく解像度がProよりも高くなっています。

HTCVIVE機初の外部センサー不要製品になっています。

外部センサー不要となっていますが、2020年にはこれまでのトラッキング方式も使えるようになる外部トラッキングモッドと呼ばれる周辺機器も発売予定です。

これによりユーザーはより正確なトラッキングをとるか手軽にVR体験をするかの選択ができます。

また、ハンドトラッキング機能も追加されているので没入感の高いVR体験を行うことも可能なのが魅力です。

これだけの機能をそろえていながらHTCVIVEProよりも価格が安いというのは購入時の指標の一つになるのではないでしょうか。

こんな方におすすめ
HTCVIVEProレベルのVR機器が欲しい方や、後々外部センサーありでVR体験をしたい方におすすめです。

HTC VIVE PRO Eye


HTC VIVE PRO Eyeの仕様・製品情報

メーカー HTC
重さ
解像度 2880 x 1600
付属品 ゴーグル

HTC VIVE PRO Eyeのおすすめポイント3つ

  • アイトラッキング可能。
  • VR機の最新型
  • 今までのVR機のすべての機能

HTC VIVE PRO Eyeのレビューと評価

HTCVIVEProの正統後継機で明確な違いはアイトラッキングが可能になった点です。

これにより注視するだけで何かを選択するなどの振舞いが出来、VR空間内における「行動できる幅」が広がりました。

ルームスケールVR、ハンドトラッキング、高解像度といったこれまでのVRゴーグルにあったほぼ全ての機能やスペックの高さが売りです。

この製品もHTCVIVE関連製品と同じくフルトラッキングVRが可能です。

強いてあげるなら外部センサーでトラッキングするかしないかの選択権がユーザー側にないのが欠点です。

こんな方におすすめ
現状最新のPC型VRゴーグルで最先端のVR体験をしたい方。アイトラッキングできることに強い魅力を感じる方におすすめです。

mouse G-Tune GTCVRBK1


mouse G-Tune GTCVRBK1の仕様・製品情報

メーカー マウスコンピューター
重さ 499 g
解像度 1920×1080
付属品 ゴーグル、ヘッドバンド、ケーブル固定バンド、クリーニングクロス、ファーストステップガイド

mouse G-Tune GTCVRBK1のおすすめポイント3つ

  • 格安。
  • スマホ型VRゴーグルの次のステップとして。
  • コレクション用に。

mouse G-Tune GTCVRBK1のレビューと評価

約一万五千円とかなり格安です。
VRマニアとして色んなVRゴーグルを集めたい、他VRゴーグルと比較してみたいと思っている方にはおすすです。

大半のPC型VRゴーグルの接続に必要なUSBポートが3.0なのに対してこちらの製品は2.0なので「自分のPCにUSB3.0ポートがない」という方にもお勧めできます。

欠点として3DoFなためVR空間内を歩き回るということが不可能で座位でのプレイが前提になります。

他、専用コントローラーというものが無いため自前でキーボードやゲームコントローラーを用意する必要があるということもデメリットです。

こんな方におすすめ
PC型VRゴーグルというものがどのようなものなのが確かめてみたい方や、スマホ型VRゴーグルよりさらに上のVR体験をしてみたい方などにおすすです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

人気おすすめのPC型VRゴーグルや特徴、価格帯について解説していきました。

おすすめのVRゴーグルでは、商品の詳細情報やどのような方におすすめであるのかも解説したので、ぜひこの記事を参考に自分にあったPC型VRゴーグルを探してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です