ハニーセレクト2リビドーおすすめPC5選!推奨/必要スペックも紹介

2020年に人気アダルトゲーム『ハニーセレクト』の続編である『ハニーセレクト2リビドー』が発売されました。
前作と比較して更にグラフィックが強化されており、『ハニーセレクト』の売りのひとつであるキャラクターメイキングシステムも進化しているので、前作よりもゲームへの没入感やクオリティが上がりました。
今回は予算を抑えたい方からより美麗なグラフィックでプレイしたい方へ向けたゲーミングPCの解説を行います。

ハニーセレクト2 リビドーの推奨PCスペック早見表

パーツ 必要最低スペック 備考
CPU Intel Corei5 4000 以上(intel製CPU推奨) 『ハニーセレクト2リビドー』ではintel製CPUが推奨されています。
現行PCではCorei5-11400以上のCPU搭載モデルを購入すればスペック要件を満たせます。
ただし、VRでプレイ場合はどのゲームでも高いスペックを要求されるのでCorei7以上のCPUを選択するようにしましょう。
Ryzenでも動作するようですが、AMD製のCPUは推奨されていないため今回はintel製CPUを中心に解説していきます。
グラボ VRAM4GB以上 3Dゲームらしくかなりの性能のグラボ性能が要求されます。
GTX1650のようなローエンドモデルでは快適に遊ぶことは難しいです。
ノートPCでのプレイもほぼ不可能と考えた方が良いでしょう。
最低でもGTX1660やRTX2060以上、mod導入や4K導入を検討している方はRTX3070やRTX3080が必要となるでしょう。
SSD 20GB以上の空き ストレージに関しては20GB以上の容量を消費するので、最低でも256GBのストレージを用意しましょう。
他にPCの使用用途がある方は512GB以上のストレージを選択するようにしましょう。
『ハニーセレクト2リビドー』はストレージの消費容量も多いことから、HDDではなくSSDへインストールすることでより快適にプレイする事が可能です。
メモリ 実装8GB以上 推奨スペックには8GBのメモリが要求されています。
しかし、ゲーム設定を高めたり他のソフトなどを起動している場合メモリ不足に陥る可能性が高いので16GB以上のメモリを搭載したモデルを選択するようにしましょう。
メモリ容量を増やせば増やすほど、メモリ消費量が増えたとしても快適にPCを動作させることが可能です。

ハニーセレクト2 リビドーの必要最低PCスペック早見表

パーツ 必要最低スペック 備考
CPU Intel Corei3- 4000 以上 CPUの最低スペックではCorei3-4000が要求されています。
現行のゲーミングPCはほとんどのモデルでCorei5以上が搭載されているのでどのゲーミングPCを購入してもスペック条件を満たす事が可能です。
予算を抑えたい方はCorei5-11400がおすすめです。
しかし高解像度でプレイする場合はもうワンランク上のCPUとグラボをセットで用意したほうが良いでしょう。
グラボ VRAM2GB以上 グラボの最低スペックではVRAM2GB以上が要求されています。
しかしグラボのスペックが低い場合はゲームの設定を下げる必要があり、快適にプレイすることは難しいでしょう。
予算を抑える必要があるがどうしてもプレイしたい場合はGTX1650以上のグラボ搭載PCであれば最低限プレイすることが可能でしょう。
ただし、フレームレートが安定しない恐れがあるので不安な方はGTX1660搭載モデルを選択するようにしましょう。
SSD 20GB以上の空き容量 ストレージに関しては最低動作環境でも20GB以上の空き容量となっています。
最低限256GB以上のSSDを用意しておけば問題ないでしょう。
PCの利用用途によって、より大きい容量のストレージ容量を選択するようにしましょう。
予算を抑えたい方でも極力HDDではなくデータの読み込み速度が早いSSDを選択するようにしましょう。
メモリ 実装4GB以上 現行で販売されているゲーミングPCはどのモデルでも最低限8GBのメモリ容量が搭載されているので問題ありません。
しかし、メモリ容量は多ければ多いほどより多くの作業を同時に行うことが可能です。
予算に問題が無ければ16GBのメモリ容量をおすすめします。
3Dゲーム自体メモリは多く消費するので、メモリ容量が8GBしかない場合メモリ容量が不足して動作が重くなる可能性があります。

ハニーセレクト2 リビドーの推奨動作環境

ここではハニーセレクト2 リビドーの推奨動作環境について詳しく解説していきます。

早見表だけではよくわからないという方はこちらをチェックしてください。

ハニーセレクト2 リビドーの推奨動作環境
  • OS
  • CPU
  • メモリ
  • ストレージ
  • グラボ(GPU,グラフィックボード)
  • 電源/マザーボード

OS

OSは『オペレーティングシステム』の略で、PCを動かすためのシステムです。
OSが無いとPCを動かすことはできません。
代表的なOSは主にWindowsとMacOSの2種類です。
Windowsはほとんどのゲームやソフトに対応しています。
MacOSはApple製PCに搭載されています。
しかし、MacOSはほとんどのゲームに対応しておらずビジネスやゲームをしない方向けのPCとなっています。
PCを購入する際は基本的にWindowsPCを購入するのがおすすめです。

CPU

CPUは主にPCの演算処理能力に関わる重要なパーツです。
CPUが無いとPCは動作しません。
主にintel製とAMD製の2種類があります。
『ハニーセレクト2リビドー』ではCorei5-4000以上が推奨されています。
VRで遊ぶつもりが無い方はCorei5-11400である程度の設定では遊べるでしょう。
しかし、4K解像度やVRで遊ぶ方はよりハイスペックなCPUを選択するのがベスト。
Corei7-11700以上のCPUを選択することで、ゲーム設定を高めても快適に遊ぶことができるでしょう。

メモリ

メモリはPCの処理能力に関わる重要なパーツです。
机の広さに例えられる事が多いです。
メモリ容量(机の広さ)が多ければ多いほど、より多くの作業を同時に行うことが可能です。
『ハニーセレクト2リビドー』では8GB以上のメモリ容量が推奨されています。
しかし、最近ではより多くのメモリ容量が求められるソフトなども増えてきています。
8GBではゲーム起動中に他の作業をしようとした場合など、メモリ容量が不足する可能性が高いです。
基本的にゲーミングPCを購入するのであればメモリ容量が16GB以上のモデルを選択するようにしましょう。

ストレージ

ストレージはPCのOSやソフトなどあらゆるデータが保存されている記憶媒体です。
主にHDDとSSDの2種類があり、HDDは大容量で安価、SSDはHDDと比較して高価ですがデータの読み書き速度が速いというメリットがあります。
最近ではSSDも以前と比べて価格が下がっており、ゲーミングPCにはほとんどのモデルでSSDが使用されています。
OSなどのシステムやソフトをSSDにインストールすることで起動速度が向上するので、500GB以上のSSDを搭載したPCを購入することをおすすめします。

グラボ(GPU,グラフィックボード)

グラボとはグラフィックボードの略で、PCの描画性能を担うパーツです。
ゲームや動画編集などの重い作業をする際に必須のパーツとなります。
GPUと呼ばれることもあります。
重いゲームをする場合は、より性能の高いグラボを搭載しなければ動作が安定せず快適に遊ぶことができません。
『ハニーセレクト2リビドー』でのおすすめグラボは、VRプレイや4K解像度にしない場合はRTX3060、最高画質&modやVRで遊ぶ場合はRTX3070やRTX3080搭載PCを選択すると快適に遊べます。

電源/マザーボード

電源はPCのスペックによって様々な電力容量のものがあります。
電源容量が多いほど、高いスペックのPCでも安定して動作するメリットがあります。
基本的にゲーミングPCを購入した場合はスペックに適合した電源ユニットが搭載されているので特に気にする必要はないでしょう。
マザーボードはPCのCPUやメモリなど各パーツを接続するための、PCの心臓部とも言えるパーツです。
マザーボードによってメモリの挿せる数が異なったりする特徴があります。
市販のPCを購入する場合は、パーツの構成を変更することも可能なので特に意識する必要はないでしょう。

VRプレイにおすすめのグラボとは?

3DゲームをVRでプレイすると、通常のプレイよりも更に没入感を高める事が可能です。
VRプレイをするためには性能の高いグラボが必要となってきます。
画質にこだわりがない方は、ミドルハイエンドのRTX3060を選択すると予算を抑える事が可能です。
より高画質かつmodを導入する場合は、更に高いスペックを要求されるのでRTX3070やRTX3080が必要になってきます。
ただし、RTX3080搭載PCは約30万円前後します。
VR機器を合わせると35~40万円前後かかるので、ご自身の用途にあったグラボを選択するようにしましょう。

ハニーセレクト2 リビドーにおすすめのゲーミングPC5選

ハニーセレクト2 リビドーにおすすめのゲーミングPCを5選紹介していきます。

GALLERIA RM5C-R36

最初に紹介するハニーセレクト2 リビドーにおすすめのPCは、「GALLERIA RM5C-R36」です。

GALLERIA RM5C-R36の仕様・製品情報

CPU インテル Core i5-11400 (2.60GHz-4.40GHz/6コア/12スレッド)
グラボ NVIDIA GeForce RTX 3060 12GB GDDR6 (HDMI x1,DisplayPort x3)
SSD 500GB NVMe SSD
メモリ 16GB DDR4 SDRAM(PC4-25600/8GBx2/2チャネル)
マザーボード インテル B560 チップセット マイクロATXマザーボード
電源 650W 静音電源 (80PLUS BRONZE)

GALLERIA RM5C-R36のおすすめポイント3つ

  • ゲームプレイに必要なスペックが詰まったモデル
  • ゲームだけでなく様々な用途で使用できる
  • 重いゲームタイトルでも最低限遊べるスペック

GALLERIA RM5C-R36のレビューと評価・評判

フルHD解像度でプレイする場合はコレ!

GALLERIA RM5C-R36はCorei5-11400とRTX3060が搭載されたモデルです。
『ハニーセレクト2リビドー』の要求スペックを上回るスペックなので、通常プレイであればある程度遊ぶことができます。
要求スペックの高い3Dゲームを遊べるので、ゲーム以外の用途でも高い水準で使用することができる万能なモデルとなっています。
弱点としては、ゲーム設定を上げた場合CPUのパワー不足となる可能性が高いです。
ゲーム設定をカスタムしたりmodを導入する場合はCPUをCorei7にグレードアップすることをおすすめします。

GALLERIA XA7C-R36

次に紹介するハニーセレクト2 リビドーにおすすめのPCは、「GALLERIA XA7C-R36」です。

GALLERIA XA7C-R36の仕様・製品情報

CPU インテル Core i7-11700 (2.50GHz-4.90GHz/8コア/16スレッド)
グラボ NVIDIA GeForce RTX 3060 12GB GDDR6 (HDMI x1,DisplayPort x3)
SSD Intel 1TB NVMe SSD (660pシリーズ, M.2,読込速度 1800MB/s,書込速度 1800MB/s,QLC)
メモリ 16GB DDR4 SDRAM(PC4-25600/8GBx2/2チャネル)
マザーボード インテル H570 チップセットATXマザーボード
電源 650W 静音電源 (80PLUS BRONZE)

GALLERIA XA7C-R36のおすすめポイント3つ

  • 20万円を切る価格であらゆるゲームが快適に遊べるスペック
  • 様々な用途を高い水準でこなせる
  • mod導入におすすめ

GALLERIA XA7C-R36のレビューと評価・評判

mod導入を検討するならコレ!

GALLERIA XA7C-R36はCorei7-11700とRTX3060が搭載されたゲーミングPCです。
Corei7搭載なのである程度パワーが必要となる作業でも快適にこなせるでしょう。
またmodと呼ばれるツールを使用する場合は高いスペックを求められるため、mod導入を検討している方で価格を抑えたい方へおすすめのモデル。
SSDも1TBなので、動画編集などの作業をしない限り容量不足になる可能性も低いでしょう。

GALLERIA XA7C-R36T

次に紹介するハニーセレクト2 リビドーにおすすめのPCは、「GALLERIA XA7C-R36T」です。

GALLERIA XA7C-R36Tの仕様・製品情報

CPU インテル Core i7-11700 (2.50GHz-4.90GHz/8コア/16スレッド)
グラボ NVIDIA GeForce RTX 3060 Ti 8GB (HDMI x1,DisplayPort x3)
SSD Intel 1TB NVMe SSD (660pシリーズ, M.2,読込速度 1800MB/s,書込速度 1800MB/s,QLC)
メモリ 16GB DDR4 SDRAM(PC4-25600/8GBx2/2チャネル)
マザーボード インテル H570 チップセットATXマザーボード
電源 650W 静音電源 (80PLUS BRONZE)

GALLERIA XA7C-R36Tのおすすめポイント3つ

  • 3Dゲームでなければ4K解像度でのプレイも視野に入るスペック
  • あらゆる用途を高い水準でこなせる
  • 通常プレイで高クオリティの設定にしたい方向け

GALLERIA XA7C-R36Tのレビューと評価・評判

画質設定を高めたい方はコレ!

GALLERIA XA7C-R36TはCorei7-11700とRTX3060Tiが搭載されたゲーミングPCです。
通常プレイだけでなくmod導入の場合でも快適に遊べるでしょう。
スペック的には3Dゲーム以外のゲームタイトルで4K解像度のゲームプレイも視野に入るスペックとなっています。
ただし、3Dゲームで4K解像度のプレイをする場合はRTX3060Tiでもパワー不足となるでしょう。
逆にそれ以外の用途ではあらゆる作業でも高い水準でこなせるので非常におすすめのモデルです。

GALLERIA XA7C-R37

次に紹介するハニーセレクト2 リビドーにおすすめのPCは、「GALLERIA XA7C-R37」です。

GALLERIA XA7C-R37の仕様・製品情報

CPU インテル Core i7-11700 (2.50GHz-4.90GHz/8コア/16スレッド)
グラボ NVIDIA GeForce RTX 3070 8GB GDDR6 (HDMI x1,DisplayPort x3)
SSD Intel 1TB NVMe SSD (660pシリーズ, M.2,読込速度 1800MB/s,書込速度 1800MB/s,QLC)
メモリ 16GB DDR4 SDRAM(PC4-25600/8GBx2/2チャネル)
マザーボード インテル H570 チップセットATXマザーボード
電源 750W 静音電源 (80PLUS GOLD)

GALLERIA XA7C-R37のおすすめポイント3つ

  • 通常プレイで4K解像度プレイをするならコレ!
  • ほとんどの用途を快適にこなせるモデル
  • スペックに妥協したくない方向け

GALLERIA XA7C-R37のレビューと評価・評判

4K解像度&mod導入するならコレ!

GALLERIA XA7C-R37はCorei7-11700とRTX3070が搭載されたゲーミングPCです。
通常プレイで4K解像度、mod導入するのであればGALLERIA XA7C-R37が最高の選択肢となるでしょう。
他の重いゲームタイトルでも快適に遊ぶことができます。
また、VRプレイでも高い画質で遊ぶことが可能なスペックとなっています。
何でもこなせるPCが必要な方におすすめのモデルとなっています。

GALLERIA ZA9C-R38

次に紹介するハニーセレクト2 リビドーにおすすめのPCは、「GALLERIA ZA9C-R38」です。

GALLERIA ZA9C-R38の仕様・製品情報

CPU インテル Core i9-10850K (3.60GHz-5.20GHz/10コア/20スレッド)
グラボ NVIDIAGeForce RTX 3080 10GB
SSD Intel 1TB NVMe SSD (660pシリーズ, M.2,読込速度 1800MB/s,書込速度 1800MB/s,QLC)
メモリ 16GB DDR4 SDRAM(PC4-23400/8GBx2/2チャネル)
マザーボード インテル Z590 チップセット ATXマザーボード
電源 750W 静音電源 (80PLUS GOLD)

GALLERIA ZA9C-R38のおすすめポイント3つ

  • VR最高画質+mod導入したい方向け!
  • あらゆる用途で最高の性能を発揮
  • スペックに一切妥協しない最高モデル

GALLERIA ZA9C-R38のレビューと評価・評判

3Dゲームを最高設定&4K解像度でプレイできる!

GALLERIA ZA9C-R38はCorei9-10850KとRTX3080を搭載した最高スペックのモデルです。
価格が30万円を切る価格でほとんどのゲームを4K解像度で遊べるスペックなので、あらゆる作業を快適にこなすことができます。
VR+最高画質でmod導入にも耐えうるスペックなので、性能に一切妥協したくない方に向けたモデルとなっています。
上位モデルに第11世代Corei9搭載モデルなどもありますが、CPUはこれ以上性能が上がっても特に意味はないでしょう。
構成内容を変更してCPUクーラーを空冷から水冷へ変更するのがおすすめ。

ハニーセレクト2 リビドーにおすすめのVRはコレ!

HTC VIVEPRO2

ハニーセレクト2 リビドーにおすすめのVRは、「HTC VIVEPRO2」です。

HTC VIVEPRO2の仕様・製品情報

解像度 片眼 2448 × 2448 ピクセル (両眼 4896 x 2448 ピクセル)
リフレッシュレート 90/120 Hz
視野角 最高 120°

HTC VIVEPRO2のおすすめポイント3つ

  • 『ハニーセレクト2リビドー』推奨モデルの最新版
  • 高い解像度と音質
  • VR機器を多数取り扱う信頼できるメーカー製

HTC VIVEPRO2のレビューと評価・評判

VR機器の定番モデル!高解像度で没入感を高めてくれるモデル

HTC VIVEPRO2はHTCが販売しているVR機器です。
高い解像度とHi-Res認証ヘッドセットにより、ゲームプレイでの没入感を高めてくれるでしょう。
しかし、使用するPCの性能が低いと画質設定を下げなければプレイすることが難しいです。
特に『ハニーセレクト2リビドー』でVRプレイ+最高画質にするにはRTX3080などのハイエンドなグラボが必要となってきます。
PCやVR機器を合わせると約40万円前後かかるのがVRプレイ最大のデメリットでしょう。

まとめ

今回は『ハニーセレクト2リビドー』でおすすめのPCを幅広くご紹介しました。
3Dゲームは、画質設定にこだわるか否かで必要スペックが大きく変わります。
通常プレイから4K解像度+VRでプレイする場合までの必要スペックも詳しく解説しました。
PC選びに困っている方は是非参考にして頂ければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です