NIKKE×Re:ゼロ

ハニーセレクト2リビドーにおすすめのPCとVR4選!推奨/必要スペックやゲームの詳細も紹介

※本ページはプロモーション(広告)が含まれています。

ハニーセレクト2リビドーは、複雑なグラフィックスやVRが楽しめる最新作の美少女ゲームです。
しかし、この情報量が多いこのゲームを快適にプレイするためには、ゲームに合わせた適切なスペックを持ったPCを選ぶ必要があります。
今回の記事では、ハニーセレクト2リビドーにおすすめのPCを紹介し、それぞれのPCのスペックやおすすめのVRも合わせて解説しているので、ゲームをプレイする時の参考にしてくださいね。

ハニーセレクト2リビドーの基本情報

ここではハニーセレクト2リビドーの基本情報について、以下にそって解説していきます。

ハニーセレクト2リビドーの基本情報
  • ハニーセレクト2リビドーとは?
  • ハニーセレクト2リビドーはこんな方におすすめ!
  • ハニーセレクト2リビドーの価格

ハニーセレクト2リビドーとは?

ハニーセレクト2 リビドーは、ILLUSION社が手がけたイラストが美しいアダルトゲームです。
自分好みの女性キャラクターをカスタマイズして、様々なシチュエーションでセクシーなイベントを楽しむことができます。
リビドーとは性的な欲望のことを意味する言葉であり、このゲームでしか味わえない3DキャラメイクHコミュニケーションで欲望を満たしてくれますね。
キャラクターの服装やヘアスタイル、正確などを自由にカスタマイズすることができ、VRにも対応しているため、臨場感あふれるエッチな体験ができるという特徴があります。
ただし、18歳未満のプレイヤーには適していないので注意してくださいね。

ハニーセレクト2リビドーはこんな方におすすめ!

ハニーセレクト2 リビドーは、アダルトな成人向けのコンテンツとなっています。
そのため、18歳以上であることは必須ですが、リアルで自分好みの性的体験を追求したい方におすすめです。
また、キャラクターを好きなようにカスタマイズできるため、オリジナルのシーンで楽しみたいという方にも向いています。
VR機器にも対応しているため、より臨場感あふれるエッチな体験がしたいという方におすすめです!

ハニーセレクト2リビドーにおすすめのゲーミングPCの価格

ハニーセレクト2リビドーを快適にプレイするためには、高性能なグラフィックスと高い処理能力を持ったゲーミングPCが必要です。
そのようなハイスペックなゲーミングPCの場合、約10万円~30万円の価格のパソコンであれば、ハニーセレクト2リビドーをプレイするのに十分なスペックが搭載されているといえます。
また、SSDを搭載したPCを選ぶことで、ゲームの読み込み時間が短縮され、よりスムーズでストレスフリーに遊ぶことができるでしょう。

ハニーセレクト2 リビドーの推奨PCスペック早見表

パーツ 必要最低スペック 備考
CPU Intel Corei5 4000 以上(intel製CPU推奨) 『ハニーセレクト2リビドー』ではintel製CPUが推奨されています。
現行PCではCorei5-11400以上のCPU搭載モデルを購入すればスペック要件を満たせます。
ただし、VRでプレイ場合はどのゲームでも高いスペックを要求されるのでCorei7以上のCPUを選択するようにしましょう。
Ryzenでも動作するようですが、AMD製のCPUは推奨されていないため今回はintel製CPUを中心に解説していきます。
グラボ VRAM4GB以上 3Dゲームらしくかなりの性能のグラボ性能が要求されます。
GTX1650のようなローエンドモデルでは快適に遊ぶことは難しいです。
ノートPCでのプレイもほぼ不可能と考えた方が良いでしょう。
最低でもGTX1660やRTX2060以上、mod導入や4K導入を検討している方はRTX3070やRTX3080が必要となるでしょう。
SSD 20GB以上の空き ストレージに関しては20GB以上の容量を消費するので、最低でも256GBのストレージを用意しましょう。
他にPCの使用用途がある方は512GB以上のストレージを選択するようにしましょう。
『ハニーセレクト2リビドー』はストレージの消費容量も多いことから、HDDではなくSSDへインストールすることでより快適にプレイする事が可能です。
メモリ 実装8GB以上 推奨スペックには8GBのメモリが要求されています。
しかし、ゲーム設定を高めたり他のソフトなどを起動している場合メモリ不足に陥る可能性が高いので16GB以上のメモリを搭載したモデルを選択するようにしましょう。
メモリ容量を増やせば増やすほど、メモリ消費量が増えたとしても快適にPCを動作させることが可能です。

ハニーセレクト2 リビドーの必要最低PCスペック早見表

パーツ 必要最低スペック 備考
CPU Intel Corei3- 4000 以上 CPUの最低スペックではCorei3-4000が要求されています。
現行のゲーミングPCはほとんどのモデルでCorei5以上が搭載されているのでどのゲーミングPCを購入してもスペック条件を満たす事が可能です。
予算を抑えたい方はCorei5-11400がおすすめです。
しかし高解像度でプレイする場合はもうワンランク上のCPUとグラボをセットで用意したほうが良いでしょう。
グラボ VRAM2GB以上 グラボの最低スペックではVRAM2GB以上が要求されています。
しかしグラボのスペックが低い場合はゲームの設定を下げる必要があり、快適にプレイすることは難しいでしょう。
予算を抑える必要があるがどうしてもプレイしたい場合はGTX1650以上のグラボ搭載PCであれば最低限プレイすることが可能でしょう。
ただし、フレームレートが安定しない恐れがあるので不安な方はGTX1660搭載モデルを選択するようにしましょう。
SSD 20GB以上の空き容量 ストレージに関しては最低動作環境でも20GB以上の空き容量となっています。
最低限256GB以上のSSDを用意しておけば問題ないでしょう。
PCの利用用途によって、より大きい容量のストレージ容量を選択するようにしましょう。
予算を抑えたい方でも極力HDDではなくデータの読み込み速度が早いSSDを選択するようにしましょう。
メモリ 実装4GB以上 現行で販売されているゲーミングPCはどのモデルでも最低限8GBのメモリ容量が搭載されているので問題ありません。
しかし、メモリ容量は多ければ多いほどより多くの作業を同時に行うことが可能です。
予算に問題が無ければ16GBのメモリ容量をおすすめします。
3Dゲーム自体メモリは多く消費するので、メモリ容量が8GBしかない場合メモリ容量が不足して動作が重くなる可能性があります。

ハニーセレクト2 リビドーの推奨動作環境

ここではハニーセレクト2 リビドーの推奨動作環境について詳しく解説していきます。

早見表だけではよくわからないという方はこちらをチェックしてください。

ハニーセレクト2 リビドーの推奨動作環境
  • OS
  • CPU
  • メモリ
  • ストレージ
  • グラボ(GPU,グラフィックボード)
  • 電源/マザーボード

OS

OSは『オペレーティングシステム』の略で、PCを動かすためのシステムです。
OSが無いとPCを動かすことはできません。
代表的なOSは主にWindowsとMacOSの2種類です。
Windowsはほとんどのゲームやソフトに対応しています。
MacOSはApple製PCに搭載されています。
しかし、MacOSはほとんどのゲームに対応しておらずビジネスやゲームをしない方向けのPCとなっています。
PCを購入する際は基本的にWindowsPCを購入するのがおすすめです。

CPU

CPUは主にPCの演算処理能力に関わる重要なパーツです。
CPUが無いとPCは動作しません。
主にintel製とAMD製の2種類があります。
『ハニーセレクト2リビドー』ではCorei5-4000以上が推奨されています。
VRで遊ぶつもりが無い方はCorei5-11400である程度の設定では遊べるでしょう。
しかし、4K解像度やVRで遊ぶ方はよりハイスペックなCPUを選択するのがベスト。
Corei7-11700以上のCPUを選択することで、ゲーム設定を高めても快適に遊ぶことができるでしょう。

メモリ

メモリはPCの処理能力に関わる重要なパーツです。
机の広さに例えられる事が多いです。
メモリ容量(机の広さ)が多ければ多いほど、より多くの作業を同時に行うことが可能です。
『ハニーセレクト2リビドー』では8GB以上のメモリ容量が推奨されています。
しかし、最近ではより多くのメモリ容量が求められるソフトなども増えてきています。
8GBではゲーム起動中に他の作業をしようとした場合など、メモリ容量が不足する可能性が高いです。
基本的にゲーミングPCを購入するのであればメモリ容量が16GB以上のモデルを選択するようにしましょう。

ストレージ

ストレージはPCのOSやソフトなどあらゆるデータが保存されている記憶媒体です。
主にHDDとSSDの2種類があり、HDDは大容量で安価、SSDはHDDと比較して高価ですがデータの読み書き速度が速いというメリットがあります。
最近ではSSDも以前と比べて価格が下がっており、ゲーミングPCにはほとんどのモデルでSSDが使用されています。
OSなどのシステムやソフトをSSDにインストールすることで起動速度が向上するので、500GB以上のSSDを搭載したPCを購入することをおすすめします。

グラボ(GPU,グラフィックボード)

グラボとはグラフィックボードの略で、PCの描画性能を担うパーツです。
ゲームや動画編集などの重い作業をする際に必須のパーツとなります。
GPUと呼ばれることもあります。
重いゲームをする場合は、より性能の高いグラボを搭載しなければ動作が安定せず快適に遊ぶことができません。
『ハニーセレクト2リビドー』でのおすすめグラボは、VRプレイや4K解像度にしない場合はRTX3060、最高画質&modやVRで遊ぶ場合はRTX3070やRTX3080搭載PCを選択すると快適に遊べます。

電源/マザーボード

電源はPCのスペックによって様々な電力容量のものがあります。
電源容量が多いほど、高いスペックのPCでも安定して動作するメリットがあります。
基本的にゲーミングPCを購入した場合はスペックに適合した電源ユニットが搭載されているので特に気にする必要はないでしょう。
マザーボードはPCのCPUやメモリなど各パーツを接続するための、PCの心臓部とも言えるパーツです。
マザーボードによってメモリの挿せる数が異なったりする特徴があります。
市販のPCを購入する場合は、パーツの構成を変更することも可能なので特に意識する必要はないでしょう。

VRプレイにおすすめのグラボとは?

3DゲームをVRでプレイすると、通常のプレイよりも更に没入感を高める事が可能です。
VRプレイをするためには性能の高いグラボが必要となってきます。
画質にこだわりがない方は、ミドルハイエンドのRTX3060を選択すると予算を抑える事が可能です。
より高画質かつmodを導入する場合は、更に高いスペックを要求されるのでRTX3070やRTX3080が必要になってきます。
ただし、RTX3080搭載PCは約30万円前後します。
VR機器を合わせると35~40万円前後かかるので、ご自身の用途にあったグラボを選択するようにしましょう。

ハニーセレクト2 リビドーにおすすめのゲーミングPC2選!

ハニーセレクト2 リビドーにおすすめのPC2選を紹介します。

GALLERIA RA7C-R46T

最初に紹介するおすすめのPCは、「GALLERIA RA7C-R46T」です。

GALLERIA RA7C-R46Tの仕様・製品情報

サイズ 220×440×480mm
質量 約14kg
メーカー ドスパラ

GALLERIA RA7C-R46Tのおすすめポイント3つ

  • ドスパラの売れ筋ランキングNo.1
  • CPUとGPUのバランスが良い
  • 4K解像度に対応可能

GALLERIA RA7C-R46Tのレビューと評価

前世代と比較して、CPU性能が向上しており、動画編集やマルチタスクなど負荷がかかる作業もさくさくとこなせるハイクラスのハニーセレクト2 リビドーにおすすめのPCです。
4K解像度にも対応できる性能であるため、綺麗な画像を楽しみたい方にもおすすめとなっています。

ライターからの一言
CPUがハイスペックなハニーセレクト2 リビドーにおすすめのPCです。

【ASTROMEDA SIRIUS】ゲーミングPC アストロメダv002-1

2番目に紹介するおすすめのPCは、「【ASTROMEDA SIRIUS】ゲーミングPC アストロメダv002-1」です。


【ASTROMEDA SIRIUS】ゲーミングPC アストロメダv002-1の仕様・製品情報

サイズ ‎39.5 x 21 x 45 cm
質量 12.3kg
メーカー ‎Astromeda

【ASTROMEDA SIRIUS】ゲーミングPC アストロメダv002-1のおすすめポイント3つ

  • 性能・コスパのバランスがばっちり
  • LEDイルミネーションが目を引く
  • PCパーツ製造メーカーと直接取引で安い

【ASTROMEDA SIRIUS】ゲーミングPC アストロメダv002-1のレビューと評価

デザイン性がぐんと上がり、つい磨きたくなるような外観のハニーセレクト2 リビドーにおすすめのPCです。
CPUクーラー、ファン、メモリ、ケース全てにライトが付いており、ゲームの空間に浸りながらプレイしたい方にぴったりな製品ですね。
2666MHz以上のRGBメモリも搭載しており、性能面も安心できます。

ライターからの一言
光輝いている、ハニーセレクト2 リビドーにおすすめのPCです。

ハニーセレクト2 リビドーがプレイできるおすすめVR2選

ハニーセレクト2 リビドーのおすすめVR2選を紹介します。

Lenovo スタンドアローンVRヘッドセット Mirage Solo with Daydream

最初に紹介するおすすめのVRは、「Lenovo スタンドアローンVRヘッドセット Mirage Solo with Daydream」です。


Lenovo スタンドアローンVRヘッドセット Mirage Solo with Daydreamの仕様・製品情報

サイズ ‎26.95 x 20.4 x 17.99 cm
質量 645 g
メーカー Lenovo

Lenovo スタンドアローンVRヘッドセット Mirage Solo with Daydreamのおすすめポイント3つ

  • スタンドアロン(単独動作)で使えるのでコードが邪魔にならない
  • 手だけでなく体の動きにも反応する
  • 110度という広い視野角で没入感がある

Lenovo スタンドアローンVRヘッドセット Mirage Solo with Daydreamのレビューと評価

Googleから発売されている高画質のVRプラットフォームを採用しており、リアルにゲーム世界を感じることができるハニーセレクト2 リビドーにおすすめのVRです。
PCと接続したり、外部センサーを設置したりする必要が無く、ケーブルレスなので周りを気にせずにゲームに夢中になれます。

ライターからの一言
ケーブルレスなハニーセレクト2 リビドーにおすすめのVRです。

PICO 4 128G VR ヘッドセット

2番目に紹介するおすすめのVRは、「PICO 4 128G VR ヘッドセット」です。


PICO 4 128G VR ヘッドセットの仕様・製品情報

サイズ ‎42.9 x 24.9 x 18.4 cm
質量 3.13 kg
メーカー PICO

PICO 4 128G VR ヘッドセットのおすすめポイント3つ

  • 絶妙なバランスで首が疲れにくい
  • 2年間の延長保証がついている
  • 片目につき2K以上の解像度で綺麗な映像

PICO 4 128G VR ヘッドセットのレビューと評価

4K+という最新のスーパーハイビジョンスクリーンを搭載しており、よりリアルな映像でゲームを楽しむことができるハニーセレクト2 リビドーにおすすめのVRです。
首に負担がかからないような特殊なバランス設計になっており、頭や首が疲れずに長時間遊ぶことができます。

ライターからの一言
高画質なハニーセレクト2 リビドーにおすすめのVRです。

ライターあとがき

今回の記事では、ハニーセレクト2リビドーにおすすめのPC3選と、おすすめのVRについて紹介しました。
ハニーセレクト2リビドーはVRを使用してリアルな体験ができるため、パソコン側も高いスペックが求められるゲームです。
プレイを楽しむために、自分に合わせた最適なゲーミングパソコンを見つけてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です