NIKKE×Re:ゼロ

フォートナイトの推奨・必要PCスペックを解説!おすすめPC6選も紹介

フォートナイト スペック

全世界で大人気ゲームであるフォートナイトをプレイするにあたって、必要最低限のパソコンスペックおよび推奨環境を紹介します。

素早く推奨環境が確認できるように、OS・CPU・グラボ・SSD・メモリなどの細かい項目で早見表を作成し、使用しているPCがフォートナイトに対応しているのかすぐに分かるようにしています。

また、【ドスパラ】と【TSUKUMO】で購入可能なおすすめのPC6選を紹介し、何故そのPCがおすすめなのか解説を行います。

この記事を書いた人
R
R

FPSゲーム(特にAPEX)を嗜んでおり、年間で1000時間ほどやっています。
趣味が高じてゲーム関係の事を調べたりするのが好きなのでその知識を生かして、2020年末からライティングの業務を始めました。
現在は美容関係の仕事を7年ほどしていますが、前職はIT関係の仕事をしていたのでガジェット関係の知識も幅広く収集しています。

フォートナイトの推奨PCスペック早見表

パーツ 必要最低スペック 備考
CPU Core i5 3.5 GHz 公式が発表している推奨CPUです。
グラボ Nvidia GTX 660またはAMD Radeon HD 7870相当のDX11対応GPU 公式が発表している推奨グラフィックボードです。
SSD 250GB~500GB以上の容量があるSSD フォートナイト以外にも色々なゲームを利用する場合は500GB以上を推奨します。
メモリ 8GB RAM 公式が発表している推奨メモリです。

フォートナイト の必要最低PCスペック早見表

パーツ 必要最低スペック 備考
CPU Core i3-3225 3.3GHz 公式が発表している必要最低CPUです。
グラボ PCではIntel HD 4000; Intel Iris Pro 5200 ・Macでは同等のAMD製GPU 現在フォートナイトはMacでのNvidiaグラフィックボードのサポートを終了してしまっています。Macの場合はMetal(API)のサポートをしているかという事前の確認が必要です。
SSD 250GBの容量があるSSD フォートナイト自体が軽いので、250GBでも充分に足ります。
メモリ 4GB RAM 公式が発表している必要最低メモリです。

フォートナイトの推奨動作環境

ここまでフォートナイトをPCでプレイする際に必要なスペックや推奨されるスペックを紹介してきました。

ここでは推奨スペックについてより詳しく解説していきます。初めてPCを購入しようとしている方はぜひ参考にしてみてください。

フォートナイト の推奨動作環境
  • OS
  • CPU
  • メモリ
  • ストレージ
  • グラボ(GPU,グラフィックボード)
  • 電源
  • マザーボード

OS

OSとは、コンピューターを動かすために必要となる基本ソフトウェアのことです。
ここではフォートナイトをプレイするのに必要なOSのスペックについてWindowsとMac、Androidにわけて解説していきます。

Windows

フォートナイトに必要とされている推奨OSは、【Windows 7/8/10 64-bit】となっています。

Windows7/8は【1GHz以上のプロセッサ】・【64ビッド版では2GBのメモリ】・【64ビット版では20GBの空き容量のあるディスク領域】・【DirectX9以上に対応したグラフィックデバイス】がシステム要件として必要となっています。

Windows10は【1GHz以上のプロセッサまたはSoC】・【64ビット版では2GBのメモリ】・【64ビット版では20GBの空き容量のあるディスク領域】・【DirectX9以上に対応したグラフィックデバイス】・【1024×600以上のディスプレイ】がシステム要件として必要となっています。

現在発売されているパソコンのほとんどがWindows8(8.1)かWindows10がインストールされているので、ゲームだけではなく色々なソフトの推奨動作環境がWindows7/8/10となっています。

また、パソコンには32ビット版と64ビット版がありますが、ゲーミングPCのような高い処理能力を求められる機体の場合は基本的に64ビット版が推奨されています。
(現在店舗で置かれているPCのほとんどが64ビット版となっています)

Windows7はOSのサポートが2020年1月14日で終了・Windows8も2023年1月10日にサポートが終了してしまうのでこれからゲーミングPCの購入を考えている方はWindows10がインストールされている物の購入をおすすめします。

MacOS

続いてMacOSについてです。
フォートナイトに必要とされている推奨MacOSは【macOS バージョン 10.14.6以降】となっています。

現在のMacの最新OSは【macOS Big Sur(11.2.1)】で、その前が【macOS Catalina(10.15.7)】、さらにその前が推奨基準MacOS【macOS Mojave(10.14.6)】となっています。

macOS Big Surは【OS X 10.9以降】・【4GBメモリ】・【35.5GB以上のハードドライブ空き容量がある(macOS Sierra以降の場合)】がシステム要件として必要です。

macOS Catalinaは【OS X 10.9以降】・【4GBメモリ】・【12.5GB以上のハードドライブ空き容量】がシステム要件として必要です。

macOS Mojaveは【OS X 10.8以降】・【2GBメモリ】・【12.5GB以上のハードドライブ空き容量(OS X El Capitan 10.11.5以降)】がシステム要件として必要です。

WindowsOSと同様に最新OSから2つ前までのOSであれば、フォートナイトを楽しむことが可能です。
しかし、最新のOSか、推奨されている環境の一つ上のOSにしておいた方がサポート期限やPC動作なども素早く行えると言われているので、極力最新OSか一つ下のバージョンのOSを使用しているPCを購入することを推奨します。

Android | モバイル版のフォートナイトの推奨スペック

現在モバイル版のフォートナイトはandroidのデバイスでのみ、プレイが可能です。

Android版の推奨デバイスは【ARM64プロセッサーで64-bitのAndroidを実行しているデバイス】・【Android OS 8.0以上】・【最低4GB RAM】・【GPU: Adreno 530以上】・【Mali-G71 MP20またはMali-G72 MP12以上のデバイス】となっています。

iOS版は、アップル社によりiOSデバイスでのフォートナイトのアップデートおよびインストールがブロックされてしまっており、現在はアップル社に対してEpic社が訴訟を起こしている最中のようです。

CPU

CPUとは、コンピューターの中央処理装置のことで、コンピューターの頭脳ともいえるパーツです。

フォートナイトに推奨されているCPUは【Core i5・3.5 GHz】となっています。

CPUには、コアとクロック周波数という重要な要素があります。

コアはCPUの核の部分であり、その数が増える程にCPUの性能は高くなります。
推奨されている【Core i5】は【コアの数が4~6】程度あるので、それ以上にコアの数が多ければよりフォートナイトを快適に遊ぶことが可能です。

クロック周波数とは、1秒間にどれだけクロックがあるかを示す単位(GHz)です。
CPUは、そのクロックにあわせて処理や作業を行うので、クロック周波数が高いほどに処理スピードなどがあがります。
推奨されている【3.5 GHz】は、1秒間に約35億回のクロックを行うことができるという意味です。

新しくゲーミングPCを購入しようと考えている場合は、【Core i5】以上で【3.5GHz】の物を購入するのをおすすめします。

メモリ

メモリとは、データを記憶する装置のことで、コンピューターでは作業台に例えられやすいパーツです。

フォートナイトに推奨されているメモリは【8GB RAM】となっています。

作業台が大きければ大きいほど作業がしやすいように、メモリが大きい方がPCの動作速度は早くなります。
メモリには【4GB】・【8GB】・【16GB】などの種類がありますが、【8GB】のメモリがあれば大抵の作業(動画編集や3Dゲームなど)が快適に行えると言われています。
ですので、新しくゲーミングPCを購入する場合は【8GB】以上のメモリが搭載されている物を推奨します。

ストレージ

ストレージとは、データの保管場所となる装置のことで、コンピューターでは棚に例えられやすいパーツです。

フォートナイトの推奨ストレージは【250GB】以上のSSDです。
フォートナイト自体がそこまで重いゲームではないので、【250GB】もあれば充分に容量は足りると考えられます。
しかし、他のゲームを行ったり、動画編集などを行う予定の場合などは保存領域が多い方が色々と便利ではあるので予算に余裕があれば【500GB】のSSDを推奨します。

グラボ(GPU,グラフィックボード)

GPU(グラボ)は、3Dグラフィックなどの映像描写に特化した処理機能を持った装置のことです。
PCの全体の頭脳とも呼ばれるCPUと同じように、GPUは画像描写専門の頭脳としての役割を持っています。
GPUの性能が高くなるほど、テクスチャ(物体の細かな質感)の読み込みなどがリアルに表現されているのをより美しい映像で見ることができます。

PC内部にも元々GPUは搭載されていますが、美しい映像を映そうとする場合は独立したGPUの設置が必要となります。

フォートナイトの推奨グラフィックボードは【Nvidia GTX 660またはAMD Radeon HD 7870相当のDX11対応GPU】となっています。

フォートナイトなどのシューティングゲームを行う場合は、フレームレートという物が重要視されます。(フレームレートとは60fpsとなっていた場合、1秒間に60枚の静止動画で構成された動画という意味)
シューティングゲームに関しては、平均して60fps以上のフレームレートが無いとカクつきの原因となってしまいます。

推奨されているグラフィックボードだと、フルHDの画質にすると平均が30fpsとなってしまい、中画質に設定した場合に平均60fpsが出るようです。
ですので、高画質設定で高フレームレートを出したいと考えている方は推奨されているグラフィックボードよりも高性能な物を購入することを推奨します。

電源/マザーボード

電源は、マザーボードやHDDなどの各パーツに電力を供給するための装置です。
PCケースにあったサイズを使う必要があり、性能別で約3種類の電源ユニットがあります。

【ATX電源】は、フルタワーケースからミニタワーケースまで一般的なデスクトップPCに使用されているスタンダードな電源ユニットです。

【EPS電源】は、サーバー用のPCなど高度な処理を行うPCなどに使用される【ATX電源】の強化版電源ユニットです。

【SFX電源】は、ミニタワーケースなど小型のケースで採用されている電源ユニットです。

マザーボードは、CPUなどのパーツを取り付ける土台となる部分の装置のことです。
マザーボードもPCケースのサイズにあった物を使う必要があり、約3種類のマザーボードがあります。

【ATX】は、サイズが305×244mmでミドルタワーやフルタワーケースなどの標準~大きいサイズのPCケースに収納可能なマザーボードです。

【MicroATX】は、サイズが244×244mmでミドルタワーやミニタワーケースなどの標準~小さいサイズのPCケースに収納可能なマザーボードです。

【Mini ITX】は、サイズが170×170mmで、ミニタワーケースなどの小さいサイズのPCケースに収納可能なマザーボードです。

基本的にサイズが大きいマザーボードの方が拡張性が高いので、ゲーミングPCを作成したいと考えている場合には【ATX】のマザーボードを使用するのが一般的です。

また、マザーボードにはCPUソケットというCPUを装着するための部品があり、使用したいCPUが決まっている場合はそのCPUが装着可能なマザーボードを選択する必要があります。

【ドスパラでかえる!】フォートナイトにおすすめのゲーミングPC3選

ドスパラでかえる、フォートナイトにおすすめのゲーミングノートPCを3選紹介していきます。

GALLERIA XA7R-R37

最初に紹介するドスパラで買えるフォートナイトにおすすめのゲーミングPCは、「GALLERIA XA7R-R46」です。

GALLERIA XA7R-R46の仕様・製品情報

CPU Ryzen 7 5700X
グラボ GeForce RTX 4060
SSD 1TB Gen4 SSD
メモリ 16GB DDR4 SDRAM
マザーボード ASRock B550 TW
電源 650W 静音電源 (80PLUS BRONZE)

GALLERIA XA7R-R46のおすすめポイント3つ

  • ハイスペックなグラフィックボードとCPUを採用
  • 高速通信可能なNVMeSSDを搭載
  • 140mmサイズの大型冷却ファンを搭載

GALLERIA XA7R-R46のレビューと評価・評判

高画質プレイ&配信が可能なゲーミングPCを求めている方

GALLERIA XA7R-R46は、最新のグラフィックボードである【GeForce RTX 4060】とゲーミングPCに最適なCPUである【Ryzen7 5700X (3.4GHz-4.6GHz/8コア/16スレッド)】を搭載した高機能なゲーミングPCです。
SSDには従来のSSD(転送方式がシリアルATA)よりも通信速度が速いNVMe方式の【Intel 1TB NVMe SSD】を採用しており、ストレスなくゲームを行うことが可能です。

また、140mmサイズの大型ファンと両側面に配置したインテークエリア、天板部分の排気口によりしっかりとした冷却性能と静音性を有しているゲーミングPCです。

フォートナイトなどの比較的軽めなFPSゲームを高画質でプレイしながら配信などをしたいと考えている方には【GeForce RTX 4060】と【Ryzen7 5700X】を搭載しているGALLERIA XA7R-R46がおすすめです。

GALLERIA UA9C-R46-C

次に紹介するドスパラで買える、フォートナイトにおすすめのゲーミングPCは、「GALLERIA UA9C-R46-C」です。

GALLERIA UA9C-R46-Cの仕様・製品情報

CPU インテル Core i9-14900KF
グラボ GeForce RTX 4060 8GB
SSD 1TB NVMe SSD
メモリ 32GBメモリ DDR5
マザーボード インテル Z790 チップセット ATXマザーボード
電源 1200W 静音電源 (80PLUS PLATINUM / PRIME-PX-1000)

GALLERIA UA9C-R46-Cのおすすめポイント3つ

  • 最高級のグラフィックボードと処理速度を持つCPUを搭載
  • 水冷式のCPUファン搭載
  • ハイエンドなマザーボードを使用

GALLERIA UA9C-R46-Cのレビューと評価・評判

とにかく高性能でハイスペックなゲーミングPCを使いたい方

GALLERIA UA9C-R46-Cは、CPU・グラフィックボード・電源の何をとっても申し分ないハイエンドモデルのゲーミングPCです。

グラフィックボードは【GeForce RTX 4060 8GB】で、CPUは【Core i9-14900KF (3.20 GHz-6.00 GHz/24コア/32スレッド)】という高級パーツを使用しています。
内部のSSDはNVMeSSDが1TBと十分な記憶領域を有しています。
マザーボードは【インテル Z790 チップセット ATXマザーボード】で、第14世代インテルCoreプロセッサー・ファミリーに対応している最新型のマザーボードを使用しています。

全てにおいて高性能なパーツを使用しているので、ゲームを行う際や動画編集作業などの快適さは随一です。
そのぶん高価格設定なので、初めてゲーミングPCを購入されるという方や、そこまでゲームをしないなどという方には不向きなゲーミングPCです。

GALLERIA RM5C-R46T

次に紹介するドスパラで買える、フォートナイトにおすすめのゲーミングPCは、「GALLERIA RM5C-R46T」です。

CPU インテル Core i5-14400F
グラボ NVIDIA GeForce RTX 4060 Ti 8GB
SSD 500GB SSD (NVMe Gen4)
メモリ 16GB (8GBx2) (DDR4-3200)
マザーボード
電源 650W 電源 (80PLUS BRONZE)

GALLERIA RM5C-R46Tのおすすめポイント3つ

  • グラフィックボードとCPUはゲーミングPCとしては充分
  • メモリが16GB搭載
  • 性能の割りに値段設定が低い

GALLERIA RM5C-R46Tのレビューと評価・評判

初めてゲーミングPCを購入してみたいと考えている方

GALLERIA RM5C-R46Tは、【インテル Core i5-14400F (2.5GHz-4.7GHz/10コア/16スレッド)】と【NVIDIA GeForce RTX 4060 Ti 8GB】が搭載されているゲーミングPCです。
メモリは【16GB (8GBx2) (DDR4-3200)】が採用されているので、最新ゲームや動画編集なども快適に動作させることが可能です。
その代わりにSSDが【500GB SSD (NVMe Gen4)】と少なめなので、カスタマイズで容量を増やす必要がある可能性があります。

スペックとしては上記の2つより劣りますが、フォートナイトなども問題無く動作可能で、高性能で低価格なゲーミングPCです。

【TSUKUMOで買える!】フォートナイトにおすすめのゲーミングPC3選

TSUKUMOで買える、フォートナイトにおすすめのゲーミングPCを3選紹介します。

G-GEAR GA7J-F203/T

最初に紹介するTSUKUMOで買える、フォートナイトにおすすめのゲーミングPCは、「G-GEAR GA7J-G241/B」です。

G-GEAR GA7J-G241/Bの仕様・製品情報

CPU インテル® Core™ i7-14700F プロセッサー
グラボ
SSD 1TB SSD (M.2規格 / NVMe Gen4接続)
メモリ 32GB (16GBx2枚) DDR5-4800
マザーボード ASRock B760 Pro RS (ATX)
電源 定格750W 80PLUS GOLD対応

G-GEAR GA7J-G241/Bのおすすめポイント3つ

  • Core i7のCPUを搭載
  • グラフィックボードにはGeForce RTX 4070を搭載
  • 省エネに配慮した電源を使用

G-GEAR GA7J-G241/Bのレビューと評価・評判

省エネのできるコスパの良いゲーミングPCを求めている方

G-GEAR GA7J-G241/Bは、【インテル® Core™ i7-14700F プロセッサー】というインテル第10世代のハイクラスCPUを搭載しているゲーミングPCです。

さらにグラフィックボードには【GeForce RTX 4070】を使用しており、高性能CPUとグラフィックボードを使用しているにも関わらず価格は抑えめになっています。

また、【80PLUSプログラム】という電気機器の省電力化プログラムで高い効果を発揮する機器に認定されている【80PLUS GOLD】という電源を使用しています。

CPUに使用されている【Core i7-14700F】は、フォートナイトのソロプレイのリプレイを計測した結果、WQHD設定までは平均100fpsを超える高フレームレート・4K設定時でも平均60fpsを叩き出すなど省エネ性能を備えながらも素晴らしいパフォーマンスを持ったゲーミングPCです。

Razer Blade Stealth 13

次に紹介するTSUKUMOで買える、フォートナイトにおすすめのゲーミングPCは、「Razer Blade Stealth 13」です。

Razer Blade Stealth 13の仕様・製品情報

CPU Intel Core i7-1165G7 プロセッサ
グラボ GeForce GTX 1650 Ti Max Q デザイン 4GB GDDR6
SSD 512GB PCIe M.2
メモリ 16GB LPDDR4X 3733MHz
マザーボード 不明
電源 100W

Razer Blade Stealth 13のおすすめポイント3つ

  • CPUはインテルcore-i7・グラフィックボードはGeForce GTX 1650 Ti Max Qが搭載
  • 13.3インチ フルHD OLED タッチディスプレイのディスプレイ
  • ノート型パソコンなので持ち運びが楽

Razer Blade Stealth 13のレビューと評価・評判

外でも手軽にフォートナイトを楽しみたい方

Razer Blade Stealth 13は、CPUに【Intel Core i7-1165G7(コア数4/4.70GHz(ブースト時)/8スレッド)】とグラフィックボードに【GeForce GTX 1650 Ti Max Q】を搭載した使い勝手の良いノート型ゲーミングパソコンです。

ディスプレイは13.3インチでフルHDの美しい映像を映すディスプレイで、Gorilla Glassを使用して制作されているので、耐久性は充分です。
また、重量が1.48kg(GTX OLED モデル)で、持ち運びも簡単です。
ですので、外出先や仕事、勉強の合間でも気軽にフォートナイトを楽しむことができるノート型ゲーミングパソコンです。

G-GEAR GE9J-M242/ZBH

次に紹介するTSUKUMOで買える、フォートナイトにおすすめのゲーミングPCは、「G-GEAR GE9J-M242/ZBH」です。

G-GEAR GE9J-M242/ZBHの仕様・製品情報

CPU インテル® Core™ i9-14900K プロセッサー
グラボ NVIDIA® GeForce RTX™ 4080 SUPER / 16GB (GDDR6X)
SSD 1TB SSD (M.2規格 / NVMe Gen4接続)
メモリ 32GB (16GBx2枚) DDR5-4800
マザーボード ASUS PRIME Z790-A WIFI (ATX)
電源 定格850W 12VHPWR対応 80PLUS GOLD対応

G-GEAR GE9J-M242/ZBHのおすすめポイント3つ

  • 最新のCPUであるインテル® Core™ i9-14900Kを搭載
  • 耐久性抜群のマザーボードであるASUS PRIME Z790-A WIFI (ATX)を採用
  • 各パーツは長寿命なパーツを多く使用

G-GEAR GE9J-M242/ZBHのレビューと評価・評判

ハイスペック機で長くフォートナイトを遊びたい方

G-GEAR neo GX9A-E204/XTは、最新CPUの一つである【インテル® Core™ i9-14900K プロセッサー】を搭載しており、圧倒的なパフォーマンスを持ったハイスペックゲーミングパソコンです。

マザーボードは【ASUS PRIME Z790-A WIFI (ATX)】で、その他のパーツにもプレミアム60Aコイルなど高い耐久性のあるパーツを使って制作されています。

フォートナイトなどのバージョンアップでシーズンが変わりながらゲーム自体が続いていくようなFPSゲームを頑丈なハイスペック機体で長くプレイしたいと考えている方におすすめのゲーミングPCです。

まとめ

大人気ゲームであるフォートナイトをプレイするにあたって、必要とされているパソコンのスペックに関して専門用語なども含めて詳しく解説しました。

また、ドスパラとTSUKUMOで購入可能なフォートナイトにおすすめのゲーミングPC6選をスペックと価格を比較し紹介しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です