NIKKE×Re:ゼロ

Windows版ドラクエ10向けゲーミングPC5選【複垢するなら必見!】

※本ページはプロモーション(広告)が含まれています。

何かとゴールドが必要になる「ドラクエ10」をストレスなく遊ぶために必要なことを解説します。
が、結論から言うと、効率よくゴールドを稼ぐためには「複垢」がおすすめです。

今回の記事では、「複垢」ができるWindows版のドラクエ10をプレイするメリット・デメリットから、快適に遊ぶために必要となるスペックを解説します。
また、後半では、人気ゲーミングPCシリーズの「GALLERIA」から、おすすめPC5選を紹介します。

既にドラクエ10を遊んでいる人も、これから始める人も参考にして見てください。

Windows版ドラクエ10の基本情報

ここではWindows版ドラクエ10の基本情報について、以下にそって解説していきます。

PC版ドラクエ10の基本情報
  • ドラクエ10の特徴
  • ドラクエ10は月額制

ドラクエ10の特徴

ドラクエ10は、大人気ゲームの「ドラゴンクエストシリーズ」の1つ。
特徴としては、これまでの作品とは対照的な「オンラインゲーム」となっています。
オンライン上で他のプレイヤーと一緒に遊ぶことで、1人の時以上にワイワイ楽しく遊べますね。

また、さまざまな機器から起動できる点も魅力の1つですが、Windows版では多重起動が可能です。
多重起動を活用し複数のキャラを上手に操作すれば、ゴールドを稼ぐ高率を上げることができます。ドラクエ10はゴールドが必要な場面が多いため、獲得効率を上げたい方は2垢や複垢を検討ください。

ドラクエ10は月額制

ドラクエ10は製品を買ったからといって遊べるわけではありません。
具体的には、利用期間に合わせた料金を払う必要があります。
また、キャラのコースによっても利用料金が変化します。事前にチェックしておきましょう!

Windows版 ドラクエ10の利用料金は以下の通りです。

  • 【3キャラコース】30日⇨1,000円 60日⇨1.950円 90日⇨2,900円
  • 【4キャラコース】30日⇨1,300円 60日⇨2.550円 90日⇨3,800円
  • 【5キャラコース】30日⇨1,500円 60日⇨2.950円 90日⇨4,400円

支払い方法は使用する機器(ハード)によってバラバラなので、事前に確認してください。

ちなみに、Windows版のドラクエ10に対応している支払い方法は以下の通りです。

  • クレジットカード(自動継続)
  • Crysta(自動継続)
  • ドコモ払い
  • その他(ヤマダポイント)(ビックポイント)(楽天ペイ)(auかんたん決済)(Tポイント)

Windows版ドラクエ10の推奨PCスペック早見表

パーツ 必要最低スペック 備考
CPU Intel® Core™i5 2.4GHz以上、AMD A10 3.4GHz以上 ノートPCの場合、Intel® Core™i5 2.0GHz以上、AMD A10 2.8GHz以上
グラボ NVIDIA® Geforce® GTX 650 VRAM 1GB以上、ATI Radeon™ HD 5800 Series VRAM 1GB以上
ノートPCの場合、NVIDIA® Geforce® GTX 650 VRAM 1GB以上、ATI Radeon™ HD 5800 Series VRAM 1GB以上
SSD 空き容量24GB以上 ただし、アップデート等で一時的に24GB以上必要になる場合あり。
メモリ 4GB以上

Windows版ドラクエ10の必要最低PCスペック早見表

パーツ 必要最低スペック 備考
CPU Intel® Core™ i3 2.0GHz 相当以上 ノートPCの場合、Intel® Core™ m 2.0GHz 相当以上
グラボ NVIDIA® GeForce® GT 220 VRAM 256MB 以上、ATI Radeon™ HD 5550 VRAM 256MB 以上、
Intel® HD Graphics 4000 VRAM 256MB 以上
ノートPCの場合、NVIDIA® Geforce® GT 230M VRAM 256MB 以上、ATI Mobility Radeon™ HD 5650 VRAM 256MB 以上、Intel® HD Graphics 4000 VRAM 256MB 以上
SSD 空き容量24GB以上 ただし、アップデート等で一時的に24GB以上必要になる場合あり。
メモリ 3GB以上

Windows版ドラクエ10の推奨動作環境

ここではWindows版ドラクエ10の推奨動作環境について詳しく解説していきます。

早見表だけではよくわからないという方はこちらをチェックしてください。

Windows版ドラクエ10の推奨動作環境
  • OS
  • CPU
  • メモリ
  • ストレージ
  • グラボ(GPU,グラフィックボード)
  • 電源/マザーボード

OS

OSとはオペレーティングシステムの略で、簡単に言うと「PCを動かす司令塔」です。

ドラクエ10で遊びたいならOSは「Windows」にした方が良いでしょう。
ドラクエ10の公式サイトにて、Windows OSに関しては明記されていますが、MAC OSに関しては記載がありません。

よって、MAC OSでドラクエ10を遊ぶとなると必然的に「ブラウザ版」で遊ぶことになります。
しかし、ブラウザ版ゲームをプレイするといっても限度があり、通信が重くなりやすくなります。
そのため、ドラクエ10で遊ぶならMAC OSではなく、Windows OSがおすすめです。

ちなみに、Windowsでの推奨環境は、以下の2つです。

  • Windows® 8.1 32/64bit 日本語版
  • Windows® 10 32/64bit 日本語版

この先のサービス終了の可能性を考えると、Windows10の方がよさそうですね。
とはいえ、新たに購入するパソコンであれば基本的にWindows10以上が標準装備されているため、特に心配はいりませんね。

CPU

CPUとは、PCの「頭脳」と言われるほど重要なパーツです。
CPUには、Intel社製とAMD社製の2つがありますが、ドラクエ10で遊ぶだけならば、正直どちらでも良いです。ただし、AMD社製のCPUが搭載されたPCは、メモリ増設の際に相性の問題から不具合が起きる可能性があります。注意しましょう。

ドラクエ10の公式サイトでは、CPUの推奨モデルと必要最低モデルを、公式が明記してくれています。推奨モデルと必要最低モデルは以下の通りです。
あなたが既に使っているPCのCPUや、これから買うPCのCPUが基準を満たしているか確認しましょう。

【推奨モデル】

デスクトップPC

  • Intel® Core™i5 2.4GHz以上
  • AMD A10 3.4GHz以上

ノートPC

  • Intel® Core™i5 2.0GHz以上
  • AMD A10 2.8GHz以上

【必要最低モデル】

デスクトップPC

  • Intel® Core™ i3 2.0GHz 相当以上

ノートPC

  • Intel® Core™ m 2.0GHz 相当以上

メモリ

メモリとは、「PCの作業スペース」と言われるように、一度にどのくらい多くの処理が出来るかに関係してきます。メモリの容量が大きくなればなるほど作業スペースは増えるため、より複雑な処理が必要なゲームであってもカクつきません。

ドラクエ10における推奨メモリの容量は4GB、必要最低スペックの容量は3GBとなっています。
可能であれば、8GB以上のメモリを搭載したPCを使う方が安全です。推奨スペック以上のメモリを使うことで、より快適にサクサクとドラクエ10が遊べるようになりますよ。

ストレージ

ストレージとは、データを保存する「倉庫」のようなものです。

公式が出している情報によると、ゲームを保存するために必要なデータ容量は「24GB以上」とのことです。しかし、アップデートの際は一時的に24GB以上をこえる可能性があるため、PCの空き容量は少なくとも「30GB以上」を目安に考えておくと良いでしょう。

特に、ストレージ容量がギリギリの場合、データの読み込みが遅くなったり、保存データが破損したりする可能性が考えられます。

そのため、ストレージの空き容量には、ある程度の余裕を持たせておきましょう。

グラボ(GPU,グラフィックボード)

グラボ(GPU)とは、グラフィックボードの略で、映像専門の処理を担当してくれます。

公式の情報によると、ドラクエ10に必要なグラボ性能は、以下の通りです。
あなたが既に使っているPCやこれから購入するPCのグラボが、基準を満たしているのか確認しましょう。

【推奨モデル】

デスクトップPC

  • NVIDIA® Geforce® GTX 650 VRAM 1GB以上
  • ATI Radeon™ HD 5800 Series VRAM 1GB以上

ノートPC

  • NVIDIA® Geforce® GTX 650 VRAM 1GB以上
  • ATI Radeon™ HD 5800 Series VRAM 1GB以上

【必要最低モデル】

デスクトップPC

  • NVIDIA® GeForce® GT 220 VRAM 256MB 以上
  • ATI Radeon™ HD 5550 VRAM 256MB 以上
  • Intel® HD Graphics 4000 VRAM 256MB 以上

ノートPC

  • NVIDIA® Geforce® GT 230M VRAM 256MB 以上
  • ATI Mobility Radeon™ HD 5650 VRAM 256MB 以上
  • Intel® HD Graphics 4000 VRAM 256MB 以上

グラボの性能が低い場合、映像処理が追い付かずにゲームが重くなる可能性があります。
そのため、できる限り推奨スペック以上のモデルを選ぶとよいでしょう。

電源/マザーボード

まず電源に関してですが、PCを動かす上で欠かすことの出来ないエネルギーを供給してくれます。
とはいえ、必要最低限だけ供給していたのでは、消費電力に負けてしまい、電源の寿命が縮む危険性があります。そのため、必要な電源ギリギリのものではなく、PCの消費電力の1.5倍から2倍くらい供給できる電源を選びましょう。

次にマザーボードとは、「電源/CPU/メモリ」などを接続するための基盤のことをさします。
ただし、マザーボードにも拡張性や相性などがあり注意が必要です。特に、軽い気持ちで既存のマザーボードから交換してしまうと、逆に性能が落ちてしまう危険もあります。

そのため、良く分からないうちはマザーボードに手を出さない方が良いかもしれませんね。
失敗するリスクがありますから。

PCスペックの確認方法

現在、あなたが使用しているPCでも十分ドラクエ10を遊べるかもしれません。
そのため、今一度PCのスペックを確認してみましょう。

また、スペックを確認することで、基準を満たしているパーツと、基準を満たしていないパーツが分かります。場合によっては、あなたのPCの基準を満たしていないパーツだけを取り替えることで解決できるまもしれません。

PCスペックの確認方法(グラボ以外)

  1. スタートメニューを起動
  2. 歯車マークの「設定」をクリック
  3. 開かれたウィンドウ内の「システム」を選択
  4. 左側にあるメニュー欄の下の方の「詳細情報」をクリック

これで、あなたのPCのスペックが確認できます。

グラボの確認方法

  1. スタートメニューを起動
  2. 検索欄に「dxdiag」と入力
  3. 表示されたウィンドウ内の「ディスプレイ」を選択

これで、あなたのPCのグラボが確認できます。

PCスペックを参考に、パーツを取り替えるか、新しいPCを買うか選んでください。

ドラクエ10をPCでプレイするメリット・デメリット

ここではドラクエ10をPCでプレイするメリット・デメリットについて解説していきます。

確認事項3つ
  • メリット
  • デメリット

メリット

ドラクエ10をプレイするならWindows版でプレイする方が良いです。
Windows版であれば、複数起動(複垢)で、ゴールドを効率的に集められるメリットがあります。

具体的には、他アカウントでゴールドを稼ぎ、メイン垢にゴールドを集める方法があります。
これにより、単アカウントで地道にゴールドを稼ぐよりも、より効率的に集めることができるでしょう。社会人で忙しい人や、ゴールド集めに時間を使いたくない人に、複垢はおすすめです。

その他、複垢には「土地を大量に持てる」などのメリットもあるので、気になる方は調べてみてください。

デメリット

ドラクエ10をWindows版でプレイするデメリットは、シンプルにお金がかかる点です。
PCを持っていない方であれば、PC代、ソフト代、月額料金がかかることになります。
それに、デスクトップPCを買う場合であれば、別途でモニター代も必要になるでしょう。

また、複垢を考えている方は上記の他にアカウント数に応じた月額料金が加算されます。
そのため、ゲームにお金をかけたくない!という方は、あなたが持っている機器で遊ぶことをおすすめします。その場合「複垢」は諦めることになりますが…

ちなみに、サブ垢をキッズタイム(特定の無料時間内)限定で使用することにより、追加の月額料金をかけなくて済む方法もあります。気になる方は調べてみてください。

Windows版ドラクエ10におすすめのゲーミングPC5選

Windows版ドラクエ10におすすめのゲーミングPCを5選紹介していきます。

GALLERIA RA7C-R46T

最初に紹介するWindows版ドラクエ10におすすめのPCは、「GALLERIA RA7C-R46T」です。

GALLERIA RA7C-R46Tの仕様・製品情報

CPU Core i7-14700F
グラボ GeForce RTX 4060 Ti 8GB
SSD 500GB SSD
メモリ 16GB (8GBx2) (DDR4-3200)
マザーボード インテル B760 チップセット マイクロATXマザーボード
電源 650W 電源 (80PLUS BRONZE)

GALLERIA RA7C-R46Tのおすすめポイント3つ

  • 重厚感溢れるデザイン
  • 無駄な機能を無くして高コスパPCに
  • 初心者から上級者まで対応できるバランススペック

GALLERIA RA7C-R46Tのレビューと評価・評判

王道かつ高コスパを求めるドラクエユーザー向け

GALLERIA RA7C-R46Tは、ゲーミングPC初心者から上級者まで対応できるデスクトップPCです。
機能性もデザインも「シンプル」をテーマにしており、お金もスペースも無駄にせずに済みますね。

しかし、幅広いユーザーに対応できるスペックは、「バランスが良い」という事です。
そのため、ゴリゴリの高スペックなゲーミングPCを探している方や、ドラクエ10が遊べる最低限の機能で十分!という方には、少々不向きになります。

とはいえ、漠然としたイメージのままゲーミングPC選びに悩んでいる方などには、おすすめの製品となります。参考にしてください。

GALLERIA RM5R-G60S 4500搭載

次に紹介するWindows版ドラクエ10におすすめのPCは、「GALLERIA RM5R-G60S 4500搭載」です。

GALLERIA RM5R-G60S 4500搭載の仕様・製品情報

CPU AMD Ryzen 5 4500
グラボ NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER 6GB GDDR6
SSD 500GB SSD (NVMe Gen3)
メモリ 16GB (8GBx2) (DDR4-3200)
マザーボード AMD A520チップセット マイクロATXマザーボード
電源 550W 電源 (80PLUS BRONZE)

GALLERIA RM5R-G60S 4500搭載のおすすめポイント3つ

  • 低価格でも実力あるAMD社製CPU搭載
  • ドラクエ10に対応しつつも機能を抑えて低価格帯に
  • とりあえずゲーミングPCが欲しい人は満足のスペック

GALLERIA RM5R-G60S 4500搭載のレビューと評価・評判

低価格に抑えたいライトユーザー向け

GALLERIA RM5R-G60S 4500搭載は、ドラクエ10に対応できるスペックを維持しつつも低価格に抑えたゲーミングPCです。
具体的には、CPUを低価格でも実力のあるAMD社製の「Ryzenシリーズ」を採用。
また、他のゲーミングPCと比べてグラボの性能も少々ダウンしています。

とはいえ、ドラクエ10で遊ぶのであれば十分なスペックであることに間違いはありません。
そのため、とりあえずドラクエ10用に低価格なゲーミングPCを探している方にはピッタリですね。

ドラクエ10以外で遊びたくなり、スペックが足らなくなった場合には、グラボやSSDのパーツ変更を考えてみましょう。

GALLERIA ZA9C-R49

次に紹介するWindows版ドラクエ10におすすめのPCは、「GALLERIA ZA9C-R49」です。

GALLERIA ZA9C-R49の仕様・製品情報

CPU インテル Core i9-14900K
グラボ NVIDIA GeForce RTX 4090 24GB GDDR6X
SSD 1TB SSD (NVMe Gen4)
メモリ 16GB (8GBx2) (DDR5-4800)
マザーボード インテル Z790 チップセット ATXマザーボード
電源 1000W 電源 (80PLUS GOLD)

GALLERIA ZA9C-R49のおすすめポイント3つ

  • ゴリゴリのハイスペック仕様
  • 最新のCore i9搭載
  • 驚異のグラボメモリ24GB

GALLERIA ZA9C-R49のレビューと評価・評判

PCにも課金したいヘビーユーザー向け

GALLERIA ZA9C-R49は、現在トップクラスのパーツばかりを搭載したハイスペックなゲーミングPCです。本当の意味で「廃(人)スペック」といって良いでしょう。

ですが、ドラクエ10を遊ぶだけなら、これほどの高性能なPCで無くても良いです。
しかし、ドラクエ10が好きすぎてゲームの課金では満足できず、プレイ環境にも課金したいという方にはおすすめの製品でしょう。

特に、これほどの高性能なゲーミングPCであればドラクエ10以外でも十分活躍してくれますし。

GALLERIA XA7C-R46

次に紹介するWindows版ドラクエ10におすすめのPCは、「GALLERIA XA7C-R46」です。

GALLERIA XA7C-R46の仕様・製品情報

CPU インテル Core i7-14700F
グラボ GeForce RTX 4060 8GB
SSD 1TB SSD (NVMe Gen3)
メモリ 16GB (8GBx2) (DDR4-3200)
マザーボード インテル B760 チップセット ATXマザーボード
電源 650W 電源 (80PLUS BRONZE)

GALLERIA XA7C-R46のおすすめポイント3つ

  • Core i7とはいえ、最新世代を搭載
  • 8GBのグラボメモリ
  • 1TBの大容量SSD

GALLERIA XA7C-R46のレビューと評価・評判

Intel社製のCPUを搭載しつつも低価格帯

GALLERIA XA7C-R46は、ゲーミングPCの中ではミドルスペックほどで、低価格帯のゲーミングPCです。

製品と比較すると、グラボ性能は若干低め。しかし、グラボメモリを8GBにしている点やSSDが1TBであることを考えると、高コスパなゲーミングPCでしょう。

ドラクエ10をストレスなくプレイするために、高コスパなゲーミングPCをお探しの方にはピッタリの製品ですね。SSDが1TBもあれば、ドラクエ10はもちろんのこと、それ以外のゲームであっても十分に楽しめるでしょう。

GALLERIA XA7R-R47 5700X搭載

最後に紹介するWindows版ドラクエ10におすすめのPCは、「GALLERIA XA7R-R47 5700X搭載」です。

GALLERIA XA7R-R47 5700X搭載の仕様・製品情報

CPU Ryzen 7 5700X
グラボ GeForce RTX 4070 12GB
SSD 1TB SSD (NVMe Gen4)
メモリ 16GB (8GBx2) (DDR4-3200)
マザーボード ASRock B550 TW (AMD B550チップセットATXマザーボード)
電源 650W 電源 (80PLUS BRONZE)

GALLERIA XA7R-R47 5700X搭載のおすすめポイント3つ

  • 高コスパで注目されている「Ryzenシリーズ」のCPUを採用
  • 使いやすく無駄のない機能性
  • GALLERIAシリーズのおなじみのシンプルなデザイン性

GALLERIA XA7R-R47 5700X搭載のレビューと評価・評判

実力(スペック)があれば、こだわりなく採用するヘビーユーザー向け

GALLERIA XA7R-R47 5700X搭載は、同等のスペックでもIntel社製よりも安く済ませられるAMD社製のRyzenシリーズCPUを搭載したゲーミングPCです。

CPUの価格を押させることで、同じ値段でもグラボやSSDといったパーツをランクアップできます。

そのため、同じ値段を出すなら、より高性能なゲーミングPCが欲しい!という方におすすめです。

しかし、AMD社製のCPUの場合には、「一部のフリーソフトが起動しない」といったCPUとソフトの相性トラブルが考えられます。

とはいえ、ドラクエ10で遊ぶのであれば推奨スペック以上であり、特に心配はいりませんね。

まとめ

ドラクエ10で遊ぶのであれば、できるだけ推奨スペック以上のゲーミングPCを選びましょう。そうすることで、より快適にドラクエ10がプレイできますよ。

また、今回紹介した製品以外でも推奨スペック以上ならば問題はありません。
しかし、色々あって選ぶのがめんどくさい!どれを選べばよいか分からない!という方は
参考にしていただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です