NIKKE×Re:ゼロ

PS4のモデルの種類は?機能・性能・できることや選び方も詳しく解説!

2023年に発売されているPS4は複数種類ありますが、それぞれの機能・性能・できることはどのようなことなのか気になっている方はいらっしゃいませんか?
今回の記事では、PS4 ProとPS4 Slimという主な2種類の製品を大きく取り上げながら、自分のニーズや予算に合ったPS4のモデルの選び方について詳しくご説明いたします。
ぜひ最後までご覧ください。

PlayStation4(PS4)の基本情報

ここではPlayStation4(PS4)の基本情報について、以下にそって解説していきます。

PS4の基本情報
  • PS4とは?
  • PS4はこんな方におすすめ!
  • PS4の価格帯

PS4とは?

PS4とは、ソニー・インタラクティブエンタテインメントというメーカーが作り出した家庭で遊べるハイスペックな家庭用ゲーム機で、その中でもPlayStationシリーズの第4世代という位置にあたります。
ハードウェアとコントローラーがセットになって販売されており、テレビに接続してリビングルームなどで楽しむことができます。

PS4はこんな方におすすめ!

PS4は、ゲームが大好きで様々なタイトルで遊びたい方におすすめです。
また、家族や友人と一緒にゲームしたいという方にもぴったりですね。
アクション、アドベンチャー、スポーツ、レース、RPGなど様々な種類のゲームが販売されているため、1台購入して何度も遊びたい時に適しています。
また、世界中のプレイヤーと対戦ゲームをしたり協力プレイできるので、1人でゲームするだけでなくオンラインで繋がりたい方にもおすすめします。

PS4の価格帯

PS4の価格帯は、約2万円から5万円の間であることが多いです。
新品のPS4本体を購入する場合、3から4万円の定価で手に入れることができますし、中古でもよいのでなるべく安く買いたいという方は2万円台から購入できます。
PS4 Slimは薄型・軽量なモデルで価格も手に入れやすく2万5千円ほどの価格で販売されていることもあります。

「PS4」と「PS5」の違いは?

「PS4」と「PS5」の違いについてご説明いたします。

まずはPS4の特徴についてです。
PS4は2013年に発売された機種で、1080p(フルHD)の解像度に対応しており、ゲームの種類によっては60fpsのフレームレートを出すことも可能になっています。
人気タイトルが数多く出されており、10年前の製品ですが未だに人気が高いですね。

次にPS5の特徴についてです。
PS5は、第9世代と言われており発売年は2020年で最新のモデルとなっています。
4K(Ultra HD)や8Kにも対応するようになり、最新で最高画質の映像を楽しめるようになりました。
高速なSSDを入れているためダウンロードも速く、さすが最新モデルといった印象です。

PS4|モデルの種類

ここでは、PS4のモデルの種類を3つ解説します。

PS4のモデルの種類3つ
  • CUH-1000系
  • CUH-2000系(Slim)
  • CUH-7000系 (Pro)

CUH-1000系

2013年に発売された初期のPS4の種類で、発売から10年が経過している年季のあるモデルです。
開発が発展途上の段階で発売されているため、ファンの音がうるさかったり、消費電力も高いなどこれから改善されていくポイントもまだ残されています。
ストレージは500GBまたは1TBから選ぶことができ、デザインは黒の光沢で独特な外観が目を引きますね。
USBポートはUSB 3.0が2つ、USB 2.0が1つ設置されています。

CUH-2000系 (Slim)

2016年に発売が開始された、スリムな形のモデルです。
それまでの型に比べると形もスマートになりましたし、重さも軽くなったのでより便利に遊びやすくなっています。
従来型に比べると消費電力は小さく、ファンの音も静かで遊びやすくなっています。
USBポートはUSB 3.1 Gen1(USB 3.0)が2つ、USB 2.0が1つ搭載されており、タッチパッドやモーションセンサー、スピーカーもあります。

CUH-7000系 (Pro)

2016年に発売が開始されたPS4のProモデルです。
初期型とSlimモデルと比較すると本体の大きさが大きく、重厚感を感じられるプロ仕様になっています。
グラフィックスとパフォーマンスの性能が上がっていることも特徴的で、4K解像度やHDRに対応している点がプロと名付けられた理由でしょう。
USBポートはUSB 3.1 Gen1(USB 3.0)が3つも搭載されており、従来のPS4と互換性があるため一般的なPS4のソフトで遊ぶことができます。

PS4の注目したい機能・性能・できること!

PS4の注目したい機能・性能を5つ解説します。

PS4の注目したい機能・性能5つ
  • ソフトウェアライブラリがバリエーション豊か
  • ソーシャル機能を楽しめる
  • グラフィックスとサウンドがハイスペック
  • VR体験が楽しい

ソフトウェアライブラリがバリエーション豊か

ゲームタイトルの種類が豊富で、様々なジャンルのソフトが揃っているため、どんなジャンルがお好みでも自分に合ったソフトを選ぶことができます。
人気タイトルも数多く販売されているため、チェックしてみましょう。

ソーシャル機能を楽しめる

オンラインプレイやチャット、シェア機能があるため、友達と一緒に遊べるのも魅力的なポイントです。
世界中のプレイヤーと一緒にマルチプレイを楽しめるので、いつでも世界と繋がることができますし、チャット機能を使えば、友達とのチャットを気軽に満喫することができます。
ゲームプレイのスクリーンショットや動画をシェアできるシェア機能もあるため、ソーシャル的に広く楽しめますね。

グラフィックスとサウンドがハイスペック

グラフィックスエンジンがハイレベルなため、綺麗でなめらかな映像を楽しむことができます。
また、数多くのゲームタイトルで60fps(フレームレート60枚/秒)を出すことができ、なめらかでするする動く画面に目を惹きつけられますね。
立体音響技術によって、ゲーム内の音を360度全体から鳴っているように感じることができるため、よりリアルな音も堪能できます。

VR体験が楽しい

PS4は、PlayStation VRというVRゴーグルに対応するようになっており、このゴーグルとセットで使うことによりVRゲームを体験できるという斬新なメリットもあります。
PS VR用のソフトウェアも数多くの種類が発売されており、本体を1台買うだけで長く遊び続けられる点もコストパフォーマンスが良く素敵ですね。
高性能のセンサーやモーションコントローラーを使うことで、より一層ゲーム世界に入り込んだかのような感覚を味わうことができます。

PS4|モデル(種類)はどれがおすすめ?

ここでは、PS4のモデル(種類)の選び方について解説します。

PS4のモデルの選び方
  • ハードディスクは500GB?1TB?
  • どの種類のPS4を買えばいい?
  • 型番の確認方法

ハードディスクは500GB?1TB?

PS4の初期モデル(CUH-1000系)とPS4 Slimモデル(CUH-2000系)は、500GBと1TBのモデルの2種類が販売されており、自分の用途に合わせて選ぶことができます。
PS4 Proモデル(CUH-7000系)は1TBのモデルのみが販売されているため、このモデルが欲しい方は1TB一択ですね。
500GBは、ゲームやデータの保存をするのには困らない程度の容量となっており、複数のデータを保存しておくことができます。
しかし、たくさんゲームしたいと考えている方は、後から容量が大きいものを買い直すのはとても大変なのでぜひ1TBを選択しましょう。

どの種類のPS4を買えばいい?

初めてPS4を購入しようと思っている方には、PS4の初期モデル(CUH-1000系)とPS4 Slimモデル(CUH-2000系)のどちらかから選ぶことをおすすめします。
グラフィックスや処理性能が高くてよりストレスフリーに遊びたいと思っている方や、VRを体験してみたいと思う方は、PS4 Proモデル(CUH-7000系)を購入しましょう。

型番の確認方法

PS4本体の裏面には型番が載っているため、まずは裏蓋を外して、裏面のラベルを見てみましょう。
また、PS4の取扱説明書にも載っているため説明書を持っている方はそちらも見てみてください。
本体の設定画面やシステム情報画面からシリアル番号を確認するのもおすすめです。

ライターあとがき

今回の記事では、2023年に発売されているPS4について、それぞれの機能・性能・できることを詳しくご説明いたしました。
いかがだったでしょうか?
PS4 Proは、高解像度の4KグラフィックスやHDRが魅力的な製品で、とてもハイスペックなところがおすすめな種類ですし、
PS4 Slimはお求めやすい価格設定とコンパクトなサイズが嬉しいポイントです。
この記事を参考にして、自分に合った種類を選んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です