とにかく安いペンタブ人気おすすめ10選!安く買うポイントも解説や機能性も解説

ペンタブ 安い

パソコンやタブレットでよりきれいな絵を描くのに必要になってくるのがペンタブです。

しかし、趣味でペンタブを使用したいという方には、通常のペンタブの値段はすごく高く感じてしまうでしょう。

そこでこの記事ではとにかく安いペンタブ人気おすすめ10選や安いペンタブを購入するためのポイントなどを解説していきます。

機能性などについても解説していくので、安いペンタブを購入しようとしている方はぜひ参考にしてみてください。

ペンタブの価格帯とは?

価格帯

ペンタブは3,000円前後から高いものでは5万円以上するものまで、非常に幅広い価格帯となっております。

価格差にはタイプの違いや機能性の違いなどが挙げられます。
以下では安いペンタブを購入するための選び方のポイントや、機能性についても解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

また、安いペンタブとなると、3,000円〜8,000円ほどになるでしょう。
この記事の後半では、3,000円〜8,000円ほどのペンタブ人気10選を紹介しているので、安いペンタブを購入したい方はぜひそちらも参考にしてみてください。

とにかく安いペンタブのみを知りたい方はこちらをクリック!

安いペンタブを買うためには機能性に注目しよう

高いペンタブはやはり多機能な製品が多いです。

そこで安いペンタブを購入するには機能性が絞られた製品を購入する必要があります。

そこでここでは安くてもあったら嬉しい機能について紹介していきます。

以下は安くてもあったら便利な機能です。
ペンタブを購入する際はぜひ以下の機能の有無をチェックしてみてください。

  • 筆圧感知機能
  • 傾き検出機能

以下ではそれぞれの機能について解説していきます。

筆圧感知機能

ペンタブ 筆圧出典:amazon.co.jp

筆圧を感知してくれる機能です。

筆圧の強弱によって画面に表示される線の筆圧を調節することができます。

筆圧の感知はレベルによってパフォーマンスに差が出ますが、通常であれば1024があれば十分でしょう。

性能が良いものでは2048以上になりますが、安さにこだわりたい方は1024の筆圧レベルのペンタブを選んでみてください。

傾き検出機能

ペンタブ 傾き検知出典:amazon.co.jp

傾き検出はペンの傾きを検出してくれる機能です。

ペンの傾きによって線の太さを調節することができます。

こちらの傾き検出機能は対応しているペンタブは少ないのですが、よりリアルな絵を描くのには非常に便利な機能となります。

そのため、安い中でも機能性にもこだわりたいという方はぜひ傾き検出機能のついたペンタブを選んでみてください。

とにかく安いペンタブの選び方

ここでは安いペンタブの選び方を紹介していきます。

とにかく安いペンタブを購入したい方は以下の選び方を参考にしてみてください。

  • タイプで選ぼう!
  • ファクションキーの有無で選ぼう!
  • サイズで選ぼう!

タイプで選ぶ

ペンタブには以下の2つのタイプがあります。
結論からいうと安いペンタブを購入するには板タブを選びましょう。

ここでは2つのタイプについて解説していくので、「液晶タイプも気になる。」という方はぜひ参考にしてみてください。

  • 板タブ
  • 液晶タブ

板タブ

板タブ

板タブとは、ペンタブを接続したデバイスの画面をみながらペンタブに線や絵を描くタイプのペンタブになります。

黒い板の上で専用のペンを動かすことで自由に絵を描くことができます。

液晶タブ

液晶タブ

液タブとも言われる液晶タイプは、ペンを動かす板状の面が液晶になっているタイプになります。

そのため、接続したデバイスの画面ではなく、ペンタブの液晶部分をみながら絵を描くことが可能です。

手を動かしている部分と目で見ている部分が離れていると、かなり違和感を感じてしまいますが、液晶タイプであると、そのような違和感をなくすことができます。

そのため、「多少高くても良いから快適にペンタブを使いたい!」という方はぜひ液晶タイプのペンタブをチェックしてみてください。

ファクションキーの有無で選ぼう!

ペンタブ ファンクションキー出典:amazon.co.jp

ファンクションキーはショートカットキーとして、必要な機能を自由に割り当て、使用する事ができます。
そのため、ファンクションキーはあった方が便利です。

安さにこだわるのであれば、ファンクションキーは4つあれば十分でしょう。

中にはちょっとお金をかけるだけでファンクションキーが8つになるものなどもあるため、自分のニーズに合わせて選んでみてください。

またファンクションキーの他にタッチホイールがあれば、簡単に縮小拡大の操作ができるため、ファンクションキーと合わせてタッチホイールの有無もチェックしてみましょう。

サイズで選ぼう!

ペンタブ サイズ

ペンタブのサイズはペンタブを接続するデバイスの画面のサイズに合わせて選んでみましょう。

ペンタブのサイズはS・M・Lに分かれます。
下記はペンタブの有名メーカーであるワコムの公式サイトで推奨されているものですが、海外のメーカーのサイズもワコムのサイズ感に似ているため、ペンタブのサイズを選ぶ際は参考にしてみてください。

  • 15インチ以下:Sサイズ
  • 15インチ〜24インチ:Mサイズ
  • 24インチ以上:Lサイズ

とにかく安いペンタブ人気おすすめ10選!

ここでは人気おすすめのとにかくやすペンタブを10選紹介していきます。
安さだけでなく、コスパにもこだわったペンタブを紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

XP-Pen ペンタブレット ペンタブ 4*3インチ 2mm厚さ


XP-Pen ペンタブレット ペンタブ 4*3インチ 2mm厚さのおすすめポイント3つ

  • 筆圧8192レベル!
  • ゲームにも使える!
  • 保証期間付き!

XP-Pen ペンタブレット ペンタブ 4*3インチ 2mm厚さのレビューと評価

もっとも簡易的で安いペンタブになります。

非常に安値で購入することができますが、筆圧レベルは8192と、ペンタブとしてしっかり機能してくれます。

サイズは小さめで、12インチのパソコンをしようしている方におすすめです。

また、12ヶ月の保証期間がついているのもうれしいポイントです。

こんな方におすすめ
とにかく安いペンタブをお求めの方におすすめ!

XP-Pen ペンタブ


XP-Pen ペンタブのおすすめポイント3つ

  • 左利きの方でも使いやすい!
  • 筆圧8192レベル!
  • バッテリー充電不要!

XP-Pen ペンタブのレビューと評価

こちらも筆圧レベル8192で、絵を描くだけでなく、ゲームや電子署名にも使用することができるペンタブです。

パソコンから電池を供給するため、バッテリーの充電が不要です。

また左利きの方にも使いやすい仕様になっており、右手モードだけでなく、左手モードに設定することができます。

コードとペンタブは取り外しが可能でするため、持ち運びにも便利です。

こんな方におすすめ
左利きの方で安いペンタブをお探しの方におすすめ!

XP-Pen ペンタブレット Android 6.0以上のデバイスで対応


XP-Pen ペンタブレット Android 6.0以上のデバイスで対応のおすすめポイント3つ

  • ファンクションキー付き!
  • 筆圧8192レベル!
  • バッテリーフリーのペンを使用!

XP-Pen ペンタブレット Android 6.0以上のデバイスで対応のレビューと評価

こちらはファンクションキーが6つついたペンタブになります。
6×4インチの作業エリアを持っているため、多少大きめの画面のデバイスを使用している方でも使うことが可能です。

また、ペンホルダーが付属しているので、ペンの保管が非常に便利。
さらにバッテリーフリーのペンは長い間の使用でも疲れにくいつくりになっております。

こんな方におすすめ
安くてファンクションキーがついているペンタブが欲しい方におすすめ!

HUION ペンタブレット HS64 Android6.0以上


HUION ペンタブレット HS64 Android6.0以上のおすすめポイント3つ

  • スマホで使用可能!
  • ファンクションキー付き!
  • 筆圧8192レベル!

HUION ペンタブレット HS64 Android6.0以上のレビューと評価

スマホでも使用可能なペンタブ。
ファンクションキーは上部についているため、利き手に関係なくしようすることができます。

OTG対応ドライバーのインストールが不要であるため、接続するだけですぐにしようすることが可能です。
そのため、面倒な設定が苦手という方に非常におすすめとなっております。

筆圧レベルも高く、コスパに優れたペンタブということができるでしょう。

こんな方におすすめ
面倒な設定が苦手な方におすすめ!

VEIKK A15 ペンタブレット


VEIKK A15 ペンタブレットのおすすめポイント3つ

  • タッチホイール付き!
  • グローブ付き!
  • 筆圧8192レベル!

VEIKK A15 ペンタブレットのレビューと評価

ファンクションキーだけでなくタッチホイールもついたペンタブで、使いやすさ抜群となっております。
ファンクションキーはキーの割り当てやキーを無効にすることも可能です。

ペンタブの裏側には滑り止めがついており、使用時も滑ることなく使うことができます。

グローブ一つとペン先が20個ついており、24ヶ月使い続けることが可能です。

また高レベルの筆圧で、操作性も抜群です。

こんな方におすすめ
コスパ最強のペンタブをお求めの方におすすめ!

ペンタブ ペンタブレット ペン入力専用


ペンタブ ペンタブレット ペン入力専用のおすすめポイント3つ

  • ファンクションキー付き!
  • 互換性抜群!
  • 1年間の保証付き!

ペンタブ ペンタブレット ペン入力専用のレビューと評価

ファンクションキーが8つ付いた10×6インチのペンタブです。

Windows、Mac 10.8以上 とPhotoshop, Painter, Adobeなど互換性に優れているため、さまざまなデバイスで使用することができます。

設定も指定のURLからドライバーを簡単に適用することができます。

1年間の保証付や購入30日以内であれば無償での新品交換に対応しているため、安心して購入できます。

こんな方におすすめ
安くて大きめのペンタブが欲しい方におすすめ!

XP-Pen ペンタブ 10インチ 充電不要ペン


XP-Pen ペンタブ 10インチ 充電不要ペンのおすすめポイント3つ

  • グローブ・ペンホルダー付き!
  • ファンクションキーで簡単操作!
  • 互換性抜群!

XP-Pen ペンタブ 10インチ 充電不要ペンのレビューと評価

ファンクションキーやタッチホイール付きで操作性が抜群のペンタブとなっております。

ペンホルダーやグローブ、クリーンクロス、日本語のマニュアルも付いているため、設定も簡単に行うことが可能です。

筆圧8192レベルのペンは充電が不要であり、使いやすさも抜群です。

付属品がたくさん付いてくるため、初心者の方にも非常におすすめとなっております。

こんな方におすすめ
ペンタブ初心者の方で、安いペンタブをお求めの方におすすめ!

HUIONペンタブ H950P 携帯接続、傾き検知機能


HUIONペンタブ H950P 携帯接続、傾き検知機能のおすすめポイント3つ

  • 傾き探知機能付き!
  • 超薄型で持ち運びに便利!
  • 1年間の保証付き!

HUIONペンタブ H950P 携帯接続、傾き検知機能のレビューと評価

傾き検知機能の付いた超薄型ペンタブです。
他のペンタブより価格は高くなりますが、傾き検知機能でよりリアルな絵を描きたい方には非常におすすめです。

ペンの使いにくさが少しありますが、この値段で傾き検知機能と筆圧8192レベルであるのはコスパに優れていると言えるでしょう。

また8つのファンクションキーが付いているため、作業中の切り替えも素早く行うことができます。

こんな方におすすめ
傾き検知機能付きのペンタブが欲しい方におすすめ!

Huion 10×6.25inchペンタブレット


Huion 10×6.25inchペンタブレットのおすすめポイント3つ

  • 傾き検知機能付き!
  • 充電不要8192レベル筆圧ペン!
  • 1年間の保証付き!

Huion 10×6.25inchペンタブレットのレビューと評価

こちらも傾き検知機能付きのペンタブとなっております。
グローブが付属品につき、充電不要8192レベル筆圧ペンを搭載しているため、コスパに非常に優れたペンタブと言えるでしょう。

ファンクションキーも付いており、作業エリアの上部には数字でメモリが降ってあるため、使いやすさも抜群となっております。

また、スマホでしようできるのもうれしいポイントです。

こんな方におすすめ
傾き検出機能付きのコスパ抜群のペンタブをお求めの方におすすめ!

【Amazon.co.jp限定】ワコム ペンタブレット ペンタブ


【Amazon.co.jp限定】ワコム ペンタブレット ペンタブのおすすめポイント3つ

  • 安心のワコム製ペンタブ!
  • アマゾン限定オリジナル特典付き!
  • バッテリーレスの筆圧感知ペン(最高4096レベル)!

【Amazon.co.jp限定】ワコム ペンタブレット ペンタブのレビューと評価

日本のペンタブを製造販売しているメーカーで、非常に有名なワコム。
そんなワコムから販売されているペンタブです。

ファンクションキーは4つと少なめですが、アマゾン限定特典として、CLIP STUDIO用オリジナルカスタムブラシセットを手に入れることができます。

ドライバーの設定には少し難しさがあるようなので、設定が苦手な方は注意が必要です。

こんな方におすすめ
日本メーカーの安心のペンタブが欲しい方におすすめ!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
人気おすすめの安いペンタブや安いペンタブを購入するためのポイントなどを解説していきました。

機能性について解説したので、ぜひこの記事を参考に自分にぴったりなペンタブを見つけてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です