PS4でBluetoothイヤホンを使う方法を解説!おすすめのUSB型ドングル・トランスミッターも紹介

ps4 bluetooth

Bluetoothイヤホンには、下記のようなメリットがあります。

  • 断線の心配がない
  • イヤホンをつけたまま自由に動ける</li>
  • 通話も気軽に楽しめる(マイク搭載機種のみ)

Bluetoothイヤホンの一番の特徴は「コードがない」ことです。コードがないので断線の心配もなく、自由に動き回ることができます。

また、マイク搭載機種であれば、ボイスチャットで友達とゲームを楽しむことも可能です。

Bluetoothワイヤレスイヤホンなら、普段の動画視聴からPS4でのゲームなどさまざまのシーンでストレスなく使用できます。ここからはPS4でワイヤレスイヤホンを選ぶ際に注意すべき点を解説していきます。

PS4はBluetoothオーディオには非対応

実は、PS4はBluetoothイヤホンに対応していません。
PS4の設定ではBluetooth接続可能になっているが、ペアリングできないようになっています。接続の際「PS4はBluetoothオーディオ機器に対応していません」と表示されてしまうのです。

接続できない理由は、Bluetooth通信というものは互いに干渉を起こしてしまうためです。複数のワイヤレス機器を使うと通信が入り乱れて、タイムラグなどが起きるため、接続できないようになっているのです。

しかし、トランスミッターなどの通信機器を使用すれば、PS4にワイヤレスイヤホンを接続できるようになります。

ここからは、PS4にワイヤレスイヤホンを接続する方法2種類を解説していきます。

Bluetoothイヤホンやヘッドセットはそのまま接続できない

USBポートに挿入して使用するドングルと言われる「Bluetoothアダプタ」や、3.5㎜イヤホンジャックに差し込んで使用できる「Bluetoothトランスミッター」を活用すれば、PS4にワイヤレスイヤホンをつなぐことができます。上記の2機はBluetoothによる通信機器を内蔵した機器で、Bluetooth通信によるデータのやりとりを可能にしています。それぞれの接続方法は違いますが、Bluetoothワイヤレスイヤホンとの媒介になっている機器となります。

それでは、これから「Bluetoothアダプタ」と「Bluetoothトランスミッター」の使い方とおすすめ商品5つを紹介していきます。

PS4でBluetoothイヤホンを使用する方法①:USB型Bluetoothドングルを使う

「Bluetoothアダプタ」は先にも述べたように、Bluetoothによる通信機器を内蔵した機器で、パソコンの周辺機器の一種です。パソコンのUSBポートに差し込むことで、パソコンとBluetooth接続に対応したマウスやキーボード、イヤホンなどとペアリングでき、使用できるようになります。

Bluetooth通信機能を搭載していない古いパソコン上でゲームをする人にもおすすめです。ぜひ、とても便利なもので活用してほしいところです。
PS4にもUSBポート(USB規格3.1)が存在しているため使用が可能です。送受信可能な「Bluetoothアダプタ」があれば、コントローラーとBluetoothイヤホンが使用可能となります。
では、「Bluetoothアダプタ」のおすすめ5選をここで挙げていきます!

PS4対応!Bluetoothアダプタ人気おすすめ5選!

ここではPS4対応のBluetoothアダプタおすすめ5選を紹介します。

REIYIN WT-04


REIYIN WT-04の仕様・製品情報

apt-Xコーデックに対応し高音質・低遅延機能を搭載したREIYIN WT-04です。

Bluetooth規格 ~ver5.0
USB規格 ver2.0〜ver3.0
通信範囲 class2(~20m)
対応コーデック aptx−LL
対応システム 〜Windows10・PS4
梱包サイズ 11X7.9X1.6cm 30g

REIYIN WT-04のおすすめポイント3つ

  • Bluetooth規格ver5.0に対応し、通信速度がBluetooth規格4.2の2倍となっています
  • USB規格ver2.0〜に対応し幅広いパソコンとPS4で使用可能です
  • ~apt-LLコーデックに対応し低遅延と高音質を楽しめます

REIYIN WT-04のレビューと評価

下記は、実際に購入した人からのレビューです。

  • 以前使用していたアダプタよりも遅延がなく、接続が途切れにくい
  • 音割れがなくなった

PS4で使用された方のBluetooth規格がver5.0にバージョンアップされたため、通信が安定していると高評価を受けています。
コーデックはaptLLに対応しており動画や音楽を高音質で聞けるところもポイントが高いです。
中華製品だとしても高性能で安く購入できるコスパのよいおすすめのBluetoothアダプタです。

ライターからの一言
REIYIN WT-04は標準的なサイズのUSBアダプタです。パソコンからPS4・ニンテンドースイッチに至るまで、ほとんどのシステム上で動作しています。上記のように安定して動作しているため、非常にコスパに優れている商品です。筆者も一度使ってみたいところです。

Aolion OLCLSS

[1] 次に紹介するおすすめのBluetoothドングルは、「Aolion OLCLSS」です。


Aolion OLCLSSの仕様・製品情報

Bluetooth規格 ~ver5.0
梱包サイズ 10.6X8.8X2.6cm 80g
通信範囲 class1(~100m)
対応コーデック aptx−LL
対応システム 〜Windows10・PS4

Aolion OLCLSSのおすすめポイント3つ

  • class1で通信可能範囲は半径10m。途切れにくく、さまざまな機器と接続して、場所を選びません
  • Aolion OLCLSSはシリコン合金鋼の素材を採用し、耐久性と耐摩耗性をそなえています
  • aptx-LLコーデックに対応し、高音質・低遅延で音声の伝送を可能にしています

Aolion OLCLSSのレビューと評価

Aolion OLCLSSはシリコン合金鋼を採用されており、長持ち・耐久性は高く壊れにくいでしょう。
通信範囲はclass1規格で10mとなっており、安定して接続が途切れず、音楽やゲームの使用を継続できます。また、aptx-LLコーデックに対応し、高音質・低遅延で音楽再生を可能としています。

ライターからの一言
Aolion OLCLSSは比較的小さいサイズのアダプタで、持ち運びに優れた商品です。他の商品と比較しても安く購入できますので、コスパは高く感じるでしょう。初めて、Bluetoothアダプタを購入するには丁度いい商品でしょう。

1Mii B10

[2]

次に紹介するおすすめのBluetoothドングルは、「1Mii B10」です。


1Mii B10の仕様・製品情報

Bluetooth規格 ~ver5.0
梱包サイズ/th>

3.3X1.6X 0.8cm 60g
通信範囲 class2
対応コーデック aptx−HD
対応システム 〜Windows10・PS4

1Mii B10のおすすめポイント3つ

  • 1Mii B10は2台の同時接続が可能です。二つのBluetoothイヤホンを接続しご家族、お友達と一緒に楽しむことができます
  • 1Miiはaptx−HD までコーデックの対応をしています。従来のaptxよりも高音質・低遅延を実現しており、aptx−HDに対応するBluetoothイヤホンであれば、ゲームプレイ時にその違いを体験できます
  • 1MiiはWindows10、PS4以下の数多くのシステムに対応しており、デバイスドライバーは不要です

1Mii B10のレビューと評価

下記は、実際に購入した人からのレビューです。

  • 1MiiをPS4のUSBポートに接続してすぐに使うことができる
  • 反応速度と接続の安定性は非常に高い

1Miiは2つのBluetoothイヤホンなどの同時接続を可能とするため、PS4ではお友達と一緒に耳元の大音響でのゲームをプレイできます。
また、従来のaptxよりも高音質・低遅延のaptx−HDコーデックの実装を実現しており、対応するBluetoothイヤホンであればその違いを体験できるでしょう。

ライターからの一言
小型ミニサイズの1MiiはPS4のUSBポートに挿しても全く目立たないところに魅力を感じます。また、aptx-HDコーデックのおかげで、音楽とゲームをより高音質に楽しめるところも大きな魅力を感じます。筆者は使用してみたい一品です。

サンワダイレクト 400‐BTAD009

次に紹介するおすすめのBluetoothドングルは、「サンワダイレクト 400‐BTAD009」です。


サンワダイレクト 400‐BTAD009の仕様・製品情報

Bluetooth規格 ~ver4.0
梱包サイズ 11.6X7.8X2.6cm 40g
通信範囲 class2(~10m)
コーデック aptx-LL
対応システム 〜Windows10・PS4
付属品 type‐C変換アダプタ

サンワダイレクト 400‐BTAD009のおすすめポイント3つ

  • USB AとUSB Type-C(変換アダプタを使用)で2種類のコネクタに対応、PS4やパソコン、iPad Proなど様々なデバイスに使用できます
  • 低遅延のコーデックaptx-LLに対応しており、PS4、iPad Pro、PCでゲームや動画を楽しみたい方に最適です
  • ミニサイズなので持ち運びにも便利で、USBポートに挿しても隣のポートに干渉しにくい設計となっています。

サンワダイレクト 400‐BTAD009のレビューと評価

下記は、実際に購入した人からのレビューです。

  • PS4だけでなく、ニンテンドースイッチやiPadとの接続も可能
  • 400‐BTAD009をパソコンに刺しただけで音質が格段に向上する

class2の通信範囲(~10m)で、コーデックaptx-LLに対応しており、音ズレを軽減しています。
付属のType-C変換アダプタを使えば、PS4やニンテンドースイッチ、iPadproなどtype‐Cの機器でも使用可能です。

ライターからの一言
サンワダイレクトという国内メーカーが本気で作れば、ミニサイズでかさばらないドングルを作ってくるのだと驚きを隠せません。付属のType-C変換アダプタでゲーム機やパソコンなど様々なデバイスに使用できます。少し値段が張りコスパはいいとは思えませんが、信頼性と安心には変えられない良い商品であると言えます。是非一度、手にしてみてください。

Creative BT-W2 PS4対応 Bluetooth トランスミッター USB オーディオ 低遅延 aptX LL対応 HP-BTW2

最後に紹介するおすすめのBluetoothドングルは、「Creative BT-W2 PS4対応 Bluetooth トランスミッター USB オーディオ 低遅延 aptX LL対応 HP-BTW2」です。


Creative BT-W2 PS4対応 Bluetooth トランスミッター USB オーディオ 低遅延 aptX LL対応 HP-BTW2の仕様・製品情報

Bluetooth規格 ~ver2.1+EDR
梱包サイズ 12.3X7.6X 2.1cm 100g
通信範囲 class2(~10m)
対応コーデック apt-x LL
対応OS 〜Windows10
PS4対応 対応可能
USB規格 ver2.0〜

Creative BT-W2 PS4対応 Bluetooth トランスミッター USB オーディオ 低遅延 aptx-LL対応 HP-BTW2のおすすめポイント3つ

  • 音声伝達も可能なアダプタで、Bluetoothトランスミッターが必要なPS4ではそのまま差し込んで使用できます。
  • 高音質で低遅延の最新オーディオコーデックであるaptx-LLに対応しています。
  • PCだけでなくPlayStation4へUSB接続してBluetoothイヤホンを接続するためのアダプタとなります。

Creative BT-W2 PS4対応 Bluetooth トランスミッター USB オーディオ 低遅延 aptX LL対応 HP-BTW2のレビューと評価

Creative BT-W2はパソコン、PS4と接続してUSBオーディオデバイスとして動作します。そして、音源をBluetoothオーディオ機器へワイヤレス伝送可能な唯一のBluetoothオーディオアダプタです。 Bluetooth トランスミッターと別々で購入を考えていた方に最適解の機器と言えます。

他と比べても高額製品で、出費が大きくなるとはいえ、未だ人気のある機器であるのは納得ができます。レビューではコーデックにapt-x LLを使用しているため、遅延が殆ど無いと書かれています。

ライターからの一言
スペックを見る限り少し時代遅れのようにもみえますが、音声伝達可能なアダプタは他の機器に見られないため、唯一PS4への利用も可能なBluetoothアダプタです。
筆者も値段が高いと感じましたが、トランスミッターを別で買いそろえる手間や金額を考えればコンパクトで、購入にはCreative BT-W2一択でいいと考えました。
そういう意味から、非常にコスパの高い商品だと言えます。

PS4でBluetoothイヤホンを使用する方法②:Bluetoothトランスミッターを使う

では、次に「Bluetoothトランスミッター」の詳細について説明します。
「Bluetoothアダプタ」が入力デバイスの受信機であるなら、「Bluetoothトランスミッター」は発信機としてのとらえ方が一番正しいと考えます。

「Bluetoothトランスミッター」はBluetooth非対応機器に接続することでBluetoothによるデータの伝送を可能とする機器です。特に、今回の主題であるPS4でBluetoothイヤホンを使用する方法に最も正解を言っています。

なぜなら、PS4はBluetoothオーディオ非対応機器であるからです。

では、「Bluetoothトランスミッター」のおすすめを5つ挙げていきます!

Bluetoothトランスミッターのおすすめ5選

「Bluetoothトランスミッター」のおすすめ5選を紹介します。

ゼンハイザー Bluetoothオーディオトランスミッター BT T100

最初に紹介するおすすめのBluetoothトランスミッターは、「ゼンハイザー Bluetoothオーディオトランスミッター BT T100」です。


ゼンハイザー Bluetoothオーディオトランスミッター BT T100の仕様・製品情報

Bluetooth規格 ~5.0
商品重量 90g
通信範囲 class2(~20m)
Bluetooth規格 ver5.0
対応コーデック aptX-LL
対応OS 〜Windows10
対応TV 可能

ゼンハイザー Bluetoothオーディオトランスミッター BT T100のおすすめポイント3つ

  • 最大2台までBluetoothペアリング接続が可能です。
  • USBケーブル・光ケーブ・3.5㎜オーディオケーブルに対応しており、さまざまな機器に接続可能です。
  • aptX-LLコーデックに対応し低遅延と高音質でテレビやゲームを楽しめます。

ゼンハイザー Bluetoothオーディオトランスミッター BT T100のレビューと評価

実際の購入者の方のレビューによれば、音切れや音飛びはほとんど問題がなく動作しており、この点においてaptX-LLコーデックが大きく寄与しています。

とてもクリアでノイズを感じない音質も特徴として挙げられており、ドイツの大手音響メーカーが作り上げる、こだわりのある仕上がりだと考えます。

Bluetoothペアリングで最大2台まで同時接続できるのもうれしい機能です。

ライターからの一言

ゼンハイザーというと、老舗のドイツ大手音響メーカーです。ゼンハイザーが扱うヘッドホンやイヤホンは高額ですが、トランスミッターなら比較的に安価な価格で購入できます。この機会に、ゼンハイザーというブランド商品に触れてみてはいかがでしょうか。

Anker Soundsync

次に紹介するおすすめのBluetoothトランスミッターは、「Anker Soundsync」です。


Anker Soundsyncの仕様・製品情報

Bluetooth規格 ~ver5.0
バッテリー )リチウムポリマー電池
通信範囲 10m以上
対応コーデック aptx-HD
インターフェース ヘッドホン、USB、Bluetooth

Anker Soundsyncのおすすめポイント3つ

  • リチウムポリマー電池内蔵でトランスミッターモード最大20時間、レシーバーモードで17時間使用可能です。
  • 2IN1デザインで2台同時ペアリングが可能です。
  • Bluetoothver5.0で10mを超える距離を非常に安定したデータ送信を可能です。

Anker Soundsync対応のレビューと評価

Soundsyncは主にモバイルバッテリーで販売提供を行っている大人気メーカーのアンカー製Bluetoothトランスミッターです。

本体にリチウムポリマー電池を内蔵しており、小型タイプで、持ち運びにはかさばらないので外出先でお気軽に扱えます。

アンカーというメーカーが長年培ったモバイルバッテリー技術がぎゅっと生かされた機器で、安心して使用できます。

ライターからの一言
筆者は電源コード類を持ち歩かないため、非常にSoundsyncに惹かれています。なぜなら、バッテリー内蔵型であるため電源コードの必要がなく、お手軽に持ち運びができるからです。例えば、外出先でスマートホンの2台同時接続が可能となります。ガールフレンドと好きな映画や音楽を共有して、楽しいひとときの提供が可能となるのです。

JPRiDE JPT1

次に紹介するおすすめのBluetoothトランスミッターは、「JPRiDE JPT1」です。


JPRiDE JPT1の仕様・製品情報

Bluetooth規格 ~ver5.0
寸法 43.8X43.8X12.4mm 18g
通信範囲 class2対応10m
対応コーデック aptx LL
バッテリー容量 250mAh

JPRiDE JPT1のおすすめポイント3つ

  • これ一台で送信機と受信機の役割が果たせます。送信モードと受信モードの切り替えがスイッチ一つで可能です。
  • 2台同時接続が可能となります。また、テレビやスピーカーへの接続、パソコンやスマートホンへも接続できるので自由な使い方が可能です。
  • Bluetoothバージョン5.0に対応し、コーデックはaptX LLまで対応していますので高音質と低遅延を実現しています。

JPRiDE JPT1のレビューと評価

小型タイプでありながら250mAhのバッテリーを内蔵しており、コードに悩むことなく最大13時間の連続稼働時間が可能です。Bluetoothに対応していないお使いのテレビに、JPT-1を接続してください。そしてお気に入りのワイヤレスBluetoothイヤホンで視聴すれば、自分だけのプライベート空間のできあがりです。
対応コーデックはaptX LLで、高音質・低遅延でのテレビ視聴だけでなく動きの速いPS4上のゲームへも対応が可能となります。

ライターからの一言
テレビで流れている音源をJPT-1接続によって高音質に得られます。お気に入りのBluetoothヘッドホンやイヤホンを耳にかけて自由に動き回ることができるでしょう。
有線イヤホンでの視聴の方からすれば、非常に魅力を感じる機器でしょう。JPT-1の体験はそれほどまでに、今までの有線イヤホンでの体験とは違うのです。

TaoTronics(タオトロニクス)TT-BA09

次に紹介するおすすめのBluetoothトランスミッターは、TaoTronics(タオトロニクス)TT-BA09」です。


TT-BA09の仕様・製品情報

Bluetooth規格 ~ver5.0
商品サイズ 6X6X 1.9cm 140g
通信範囲 class1(~100m)
対応コーデック aptX LL
電池持続時間

TT-BA09のおすすめポイント3つ

  • 1台でトランスミッターモードとレシーバーモードという2役のBluetooth送信受信可能としており、2台同時接続も可能としています。
  • 大容量のバッテリーを搭載しており2時間の満充電から約24時間の使用可能です。
  • Bluetooth5.0チップとaptX LLコーデックにより低遅延音声とクリアな音質の実現が可能です。

TT-BA09のレビューと評価

テレビ利用の方で次のレビューがあります。テレビのUSB端子に接続するトランスミッターは常時起動中のため、Bluetoothヘッドホンやイヤホンの起動と同時にオーディオ通信が接続されているようです。オーディオ通信接続の起動の速さがとても便利なのです。

また、トランスミッターとレシーバーの両方の機能を備えており、PS4をテレビで楽しむ時に、PS4本体と有線でつながっているコントローラーやヘッドセットは、自由に身動きできます。

ライターからの一言
USBドングルよりサイズは大きいとはいえ、TT―BA09は送信機としてのトランスミッターと受信機としてのレシーバー機能が内蔵されています。付加価値が多いので、TT-BA09はコストパフォーマンスにとても優れていると言えます。

Creative BT-W3

最後に紹介するおすすめのBluetoothトランスミッターは、「Creative BT-W3」です。


Creative BT-W3の仕様・製品情報

Bluetooth規格 ~ver5.0
梱包サイズ 13.1X9.5X2.8cm 50g
通信範囲 class2(~30m)
対応コーデックト aptX LL、aptX HD
USB規格 USB-C
対応プラットフォーム 〜Windows10、MAC、PS4、Nintendo Switch

Creative BT-W3のおすすめポイント3つ

  • aptX LL、aptX HD、aptX、SBC4つのオーディオコーデックに対応しており、状況を考えることなく高音質を提供してくれます
  • USB-Cポートに対応しPS4、Nintendo Switch、PCなど幅広い機器で使用可能です
  • PS4コントローラーやパソコンのヘッドセット端子に付属している3.5㎜アナログマイクをつないでボイスチャットも可能です

Creative BT-W3のレビューと評価

Creative BT-W3はUSB Type-Cのインターフェイスですが、PS4やSwitch、パソコンへは専用のUSB-A変換アダプタが付属しているので、別途用意する必要はありません。

また、ゲームでのボイスチャットに便利なアナログ式のマイクが同梱されており、ゲームの他、パソコンでのビデオ会議上で音声通話が素早く可能となります。

「USBドングルおすすめ5選」で紹介したCreative BT-W2の後継機器で、最新の機器です。高額製品とはいえ、BT-W3一つでプラットフォームすべてに対応します。
最新の機器で、多重接続が可能なBT-W3はコスパが高く、おすすめです。

ライターからの一言
BT-W3はトランスミッターとしては見た目から超小型軽量です。持ち運びに便利で、通常のトランスミッターのイメージからは程遠い形状の機器です。BT-W3はレシーバーとしても機能するため、万能タイプと言ってもいいでしょう。筆者の一番のおすすめです。

ライターあとがき

このようにPS4でBluetoothイヤホンを使う方法を考えてきました。
結論を言いますと、主にUSB端子へ差し込むタイプのワイヤレス「Bluetoothレシーバー」ではなく、オーディオデータの送信機であるワイヤレス「Bluetoothトランスミッター」を購入してPS4に接続してください。
そうすれば、対応するワイヤレスBluetoothイヤホンでオーディオ音源を聞くことが可能となります。

先ほどのおすすめ5選を見てもおわかりだと思いますが、「Bluetoothトランスミッター」は送信機能のみならず、受信機能を搭載したものが登場しております。手に取っていただければきっとお気に召すこと間違いないでしょう。

最新のコーデックやBluetooth規格に十分注意を払って購入いただき、楽しいPS4ライフを満喫していただければ幸いと考えております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です